生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)

ぺん子「毎日メールと電話が多すぎて、仕事のストレスが全然抜けきらないわ。我がままな取引先もいるし。」

ぺんぺけ「毎日何食べるか考えるだけでわくわくしてくるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはどうせ仕事してないだけでしょ。ストレスと無縁なのが羨ましいわ!」





人間関係の辛さは人間関係で解決する。。。


仕事のストレス、どうしていますか。

あるアンケート調査によると、約7割もの人が仕事のストレスを
かなり強く感じる、または強く感じているそうです。

ただ感じるのではなく強く感じているのです。

要因のトップ3は

職場での人間関係
会社の将来性の不安
給料


なのだそう。

私も以前、仕事のストレスをかなり強く抱えていました。
今でもそれなりに強く抱える時期もあります。

うまくいかなかったらどうしよう。
上司に怒られるのは嫌。
今日も無事に帰ってこられるかな。
けがや病気で入院して会社を休めればいいのに…

などと思っていました。

かなり本気で仕事を辞めようかと思いました。
でも、できなかったんです。

それは、「今の会社を離れて、また就職できるんだろうか?」
という不安と、「人間関係で会社を辞めれば、次の職場でも
人間関係で悩むことになる」という思いからでした。

でも、ふと思ったんです。

自分は環境が変わることばかり期待していたけれど、
辞めたいとはいえ、お世話になった会社。

環境を変える努力をしてみよう、と。

まず始めたのは挨拶です。
次に心がけたのは笑顔です。

それと、世間話にも積極的に混じるようにしました。

自分から話題を振ることは苦手でしたので、
ただうなずいたり、笑顔を見せるだけでしたが、
不思議と人間関係がよくなっていきました。

人間関係が解決すれば、
ほかの2つの悩みも全て解決したようなものです。

仕事のストレスを一人で抱えず、同僚にそれとなく話したり
あの店がおいしいとか、世間話をする。そして笑うこと

これだけで人間関係はよくなります。

信頼関係ができれば自分の不安や不満も話しやすくなるし、
聞いてもらいやすくなります。

笑うことで不思議と疲れが抜けた経験がある人は多いと思います。

笑えなくても、口角をあげ笑顔の形にすることで同様の効果が
得られるそうです。

また今の仕事は希望通りではなかった人もいるかもしれません。

そうするとやっつけで、時計を見ながら仕事をすることになります。

「お金のために、やらなければいけない。」

そう思うと仕事のストレスはさらに上がり、つらくてたまりません。

やらなければと思ってするくらいなら、淡々と仕事をこなしましょう。

そして、できれば仕事の好きなところを見つけるようにしましょう。
当たり前と思うことも、できた時は自分を褒めてあげましょう。

そうすることで自分に自信がついて
仕事に前向きに取り組めるようになるからです。

そして会社のほかにも人間関係をつくってみることをお勧めします。

さまざまな人から、さまざまな価値観を聞くことで、
悩みの解決に光が見えたり気持ちが楽になったりします。

会社だけが自分の居場所じゃない。会社だけがすべてではない。

そのこだわりを捨てた時、ストレスも捨てることが出来るでしょう。

とは言え簡単にストレスフリーで仕事が出来る訳でもありません。

どうしても仕事のストレスが抜けない時は
うつ病かもしれない」の記事もご参考下さいませ。

上記の記事を肩の力を抜いて読んで頂ければ、
スーッと心が楽になるヒントが見えてくるかもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「仕事のストレスはやっぱり仕事への姿勢、人との関わり方で大分変わってくるみたいだよね。」

ぺんぺけ「お昼に何を食べるかも重要だぺけ〜!あと食後のデザートもぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食べることで仕事のストレスをなくしているのかしら。ってもともとストレスあんまり抱えてないような気もするけど…」

は王「一言に仕事のストレスと言ってもさまざまな要因があるが、まあ大抵は”人との関わり”で、それによる”仕事に取り組む姿勢”だろう。そう簡単に片付く問題でもないが、とりあえず人との関わりを少し変えてみるだけで結構効果が出たりする。”1週間は絶対に怒らない”とかそういったことから始めて見るのもかなり効果があるものだから、ぜひ試してみて欲しい。」



 

仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール