生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)

ぺんぺけ「明日は月曜日だから、多くの飲食店がサービスで溢れ返るぺけ〜」

ぺん子「多くの人が月曜ウツだと言うのに、ぺんぺけには全く関係がないことなのね!」

ぺんぺけ「月曜日はサービスいっぱいなんだぺけけ〜」





日曜の夜や、月曜の朝だけの対策など小手先の対策にもなりません。。。


月曜の朝。
聞いただけでウツになりそうな、このフレーズも
結局はその日を迎える事になってしまいます。

月曜日と言うのは、大げさに書きますと
人生において一番ウツになる人が多い曜日と
されています。

これから始まる1週間。
日曜の夜は睡眠と言う希望がありますが、
全く何の希望もない月曜の朝。

ただ、会社にむかい長い長い1週間が
始まる日。

さて、ここで月曜の朝について検索エンジンで
調べてきました。

なにか効果的な対策は書いてあるでしょうか。

  • 早めに寝る
  • 今日1日頑張ればいいと思う
  • 運動をしリフレッシュする
  • 週半ばに「おたのしみ」を入れる
  • 日曜日に好きなことをする

なんだか申し合わせたように同じような
記事が並んでいます。

本当に書いてるこの人たちは、月曜の朝に
ウツを感じるサラリーマンなんでしょうか。

否定するのはあまり好きではないですが、
別に優等生や模範解答を求めているのでは
ありません。無難な解答を提示して、
誰に」一体「何を」満足させたいのか
さっぱり見えてこないのです。

本当に今から出勤を控えているサラリーマンなんでしょうか。
こうした記事を読むのは日曜の夜が多いので、
本当にその立場で書かれているのでしょうか。

仕事の辛さとは何なのかがさっぱり感じ取れないのです

毎週ブルーマンデーを迎えていた私から、言わせてもらえば、
こんなことで月曜の朝が克服できるとは
到底思えません。

ここでさっき迎えていたという発言をさせて頂きました。

この記事を書いています2016年現在私はブルーマンデーを
少しだけ克服することが出来ました。

それは人生はつまらないことを学んだからです。

そして、それ自体が悪くもないことを知ったからでもあります。
別に人生つまらなくてもいいですし、
ただただ人様に迷惑かけないように、生きていければいいと思っています。

もちろん私は人が嫌いなんてことは全く思っていませんし、
こうして生きていられるのも他の人の多大なご協力があって
のことだと思っています。

食べていけるのも、住まいがあるのも、衣服があるのも
全ては人のおかげであることに感謝している次第です。

でも、それと人との関係をどうするかはそもそも別問題なのです

職場に行くのが嫌な人の多くが、仕事自体よりも
人間関係が嫌いと言う人の方が圧倒的に多いという
結果が出ています。

私たちの日ごろの職場での人付き合いが嫌であろうと、
全ての人が嫌いであるはずもありません。

月曜の朝が嫌な理由の大半は、仕事よりも

嫌な人にこれから毎日連続5回も会わなけらばならないのが
原因かも知れません


日曜日にどんな小手先を使っても
具体的には、早く寝ようが、運動しようが、おいしい食事をとろうが

そんなの現実逃避にすらならないかもしれません。

ネットの検索エンジンでヒットする対策は、アバウトで
誰に向けて発信しているのか分からない記事が多いです。

私はそんな記事を書きたくはないのです

土日休みのサラリーマンが連続5日で勤務する
最初の日。土日と言う一時の幸せを超えての初日。

私は職場での自分の立場をあきらめ、
陰口をどれだけ叩かれようと気にしないようにし、
職場でのプライドは概ね捨てて生きています。

私はこうして核心に迫る記事、本音をかければそれでいいのです。

月曜の朝など辛くて当然。

小手先の対策などいちいち施さずに自分の現状をわきまえる

さらには、人生についてそもそも見直してみる。
人生はつまらないものかも知れないと悟ってみる。

そういった考えこそが、深い根もとの考えや信念を見つめる事が
月曜の朝を迎える準備が出来るのではないでしょうか。

どうか、当記事を読まれてる方は、
検索エンジンで「月曜の朝」と調べれば出てくる多くの
サイトの優等生な解答に惑わされずに、

そもそもなぜ仕事が嫌なのか、人生の大半を占める仕事は
自分の人生とどうつながっているのかを考えて
頂ければと思っています。

私はその中で、あきらめること、それでも幸せに
生きていける事を現在は学ばせて頂きました。

「月曜の朝」

どうかこのウツでウツでどうしようもない時を
根底から諦めて見るのも解決として良いかも知れません。

もちろん諦めるのは、職場であって、人生そのものではありません。

人生はつまらなくても、そのつまらなさで幸せを感じる事ができる

その些細なことを見つけるが為に当サイトが誕生しているのですから、
全ての幸せを失うのは全くもって違った方向になってしまいます。

つまらない人生のなかで、自分だけの幸せをみつける

心の幸せを掴んでみたい方は、「本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)」の記事もご参考下さいませ。



スポンサーリンク



ぺんぺけ「月曜日は飲み放題が3時間になるから、ガンガン飲みまくるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけってあんまり知らなかったけど、お酒飲めるの?」

ぺんぺけ「ぺけ〜だぺけ〜」

ぺん子「何でごまかすのそこ!!」

は王「月曜の朝に今更対策を求めても、何の解決にもならない。もっと、さらにもっともっと根本的な所で解決をしていかないとならない。仕事が嫌なのか、人間関係が嫌なのか。根っからの部分を見つめなおさないことには、いつまでたっても月曜の朝はウツになるだろう。一部人生を諦めることや、職場の自分の立場を諦めることで、解決されることはあるかもしれないな。」



 

月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール