生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)

ぺん子「仕事でトラブルが起こった時ってすぐにパニックを起こしてしまうのよね。」

ぺんぺけ「そんな時はおやつを食べるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはそんな時じゃなくても、常におやつを食べてるでしょ。」

ぺんぺけ「1日3回のおやつタイムが欲しいぺけ〜」





パニックを抑える思考を持とう。。。


あなたは、いつでも落ち着いて仕事ができますか?
どんな時でも、落ち着いて仕事ができる同僚が羨ましい…
と思うことはないでしょうか。

大きな失敗をしても、どんなに上司やお客さんに怒られた
としても、マイペースでフォローしていける……

そんな社会人になれることは理想ですが、
なかなかうまくいかない人も多いですよね。

状況によっては、パニックを起こしてしまうことだって
あるかもしれません。

そんな時は思い切って、仕事から離れる時間を持ちましょう。

パニックを起こしたまま仕事を続けてしまうと、どんなに
頑張ったとしても、その努力が空回りになってしまう
ことが多いのです。

知らないうちにミスを積み重ねて、
徹夜で頑張っても一からやり直しになってしまったり、
二度手間、三度手間になることも珍しくありません。

ですからパニックを起こしてしまった時は、気持ちが
落ち着くまでは仕事に戻らない方がいいですね。

そして時間が許すなら、可能な限り睡眠をとる
ことをおすすめします。

眠りに入ると、人は潜在意識にアクセスすることができます。

一時的にトラブルのあった状態をシャットダウンして、
パニックのない状態に戻してくれるのです。

落ち着いてみれば、何ていうことのない問題だった…
そんなに騒ぐほどのことではなかった…
ということだって、多いのです。

ですからパニックが起こった時、一番良い方法は
眠ることなのです。

次にいい方法が、できるだけリラックスすること。

当たり前といえば当たり前なのですが、リラックス
する方法は、人によって違います。自分にとって
効果の高い方法を、日頃から探しておきましょう。

コーヒーを飲む、アロマオイルをたらす、深呼吸する、
軽いストレッチをする、外に出て軽い散歩をするなど…

会社員で、休んでいる状態を他の人に見られるわけには
いかない……という人も多いでしょうが、その場合もトイレ
に立ってみたり、備品を取りに行きながらゆっくり歩くなど
して、少しでも平常心を取り戻してから、仕事に戻りましょう。

パニックを起こしてしまう時、あなたは本来の力を発揮
することができません。いつもなら起こさないようなミス
だって、起こしてしまうことがあるのです。

もしあなたがパニックを起こしてしまった時には、
失敗のエネルギーを引きずり続けないように、
まずは気持ちに整理をつけましょう。

それでもどうしても仕事ができない、仕事がつらいと
感じる時は「会社に行くのが嫌すぎる」の記事も
ご参考頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「外に出て頭を冷静にするのが私は一番いいかな!」

ぺんぺけ「コーヒー飲みながらドーナツを食べて落ち着くぺけ〜」

ぺん子「単におやつが食べたいだけでしょ!」

は王「長い人生を歩んでいると分かるが、仕事で何かがおこっても別に命までとられる訳ではない。失敗を超えて仕事を覚えていくものなので、勉強だと思って落ち着くのもまたいいかもしれないな。」



 

パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール