生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)

ぺん子「私って物覚え悪いし、失敗も多いし、さっきも怒られたからどんどん自信がなくなっていくわ(ノ_-;)ハア…」

ぺんぺけ「次は成功するぺけけ〜」

ぺん子「お気楽に考えれればいいんだろうけど、どうしてもマイナスに考えてしまうのよね…」





どの言葉を心にとどめておくのか。。。


あの人はいつも自分に自信を持っていそうに見える。

なんでだろう。
自分とどこが違うんだろう。
自信を持てたらなぁ。

そんな風に思ったことはありませんか。

何かを始めるのをためらってしまう理由の一つに

「自信を持てないから…」

というのがあります。

でも、ちょっと考えてみてください。
全く経験のない初めてのことに取り組むとき、
自信がないのは当たり前です。

始めたばかりのころは操作を1つ1つ確認していたけれど、
今は普通にできていることはありませんか。

例えば自転車、自動車の運転などです。
今は無意識のうちにできるようになっています。

なぜでしょう?
失敗したあと改善を繰り返してきたからです。

失敗するのは当たり前

そう考えればリラックスして取り組むことができ、
成功する可能性も上がることでしょう。

その結果「自信が持てるようになる」というわけです。
うまくできたとき、さらに成功率を高める方法があります。

それはまぐれだ、運が良かったと思わずに、うまく行ったら、

これが本来の私だ

と自信を積み重ねていくことです。

意図せず失敗してしまったら

「今のは自分らしくなかった。次は気を付けよう。」

と、気持ちを切り替えていくことです。

自信を持っていたのに、たった一人の一言で
自信が持てなくなってしまったことはありませんか。

すべての人が同じ景色を見ているわけではありません。

人はその人の考え方、というフィルターを通して物を見ています。
それぞれの人が自分に都合のよく出来事を解釈しています。

その人の価値観に合わないからと言って
自分に価値がないとは言えないし、
それがすべてではありません。

自分を否定する言葉を受け入れてしまうと
だんだんそのようになってきてしまいます。


言葉は魔法」であり、無意識のうちに
自分はダメな人間だと思い始めるのです。

これは、人から言われても、心の中で思っても同じく影響があります。

だから自信が持てるように意識して、
自分に語りかけなければなりません。


私はもっと大きな人間になれる。
もっと多くのことができる。
もっと多くのものを手にすることができる。

元プロ野球選手の桑田真澄さんが、投球前何か言っていたのを
ご存知の方も多いと思います。

自分に語りかけ、自信を持たせ、最高のパフォーマンスを
発揮できるようにしていたのです。

生まれたばかりの時、心のありようは
真っ白なキャンバスのようです。

周りの環境や周りの人の言動によって、
あなたの思考が作られていきます。

「五体不満足」で知られる乙武さんが生まれた時、
お母さんの第一声は

「まあ、かわいい」

だったそうです。

それがもし、

「こんな子供が生まれてしまって・・・・
この子はきっと不幸になる」

と言っていたらどうだったでしょうか。
今の乙武さんのようにはならなかったはずです。

それほど、自分へ向かっての語りかけは自信に影響を与えます。

私の周りにはそんな風に言ってくれる人がいない・・

それなら、自分で自分に語りかければいいのです。
自分を褒めてくれる人のところにいけばいいのです。

あなたの価値を認めてくれる人は必ずいます。

日々の自分への語りかけが、自信を作っていきます。
胸を張って、上を向いて歩いてみましょう。
不思議と前向きな気分になれるはずです。

また自信をつける方法の1つとして、
ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
の記事もあわせてお読み頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「相手から怒られた時とか、忘れようと思ってもなかなか忘れられないのよね〜」

ぺんぺけ「アイスを食べたら忘れられるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは最初から気にしてないし、覚えてないだけじゃないのよ。」

は王「自分の性格を変えようとするとどうしても最初は無理が生じる。だからまずは期間限定でやってみるとよいんだな。3ヶ月とか期限を決めて、その期間はプラスの言葉しか基本受け入れないようにする。しばらく実践していくうちにそれが習慣となってくるんだ。そうしていくうちに、どんどんとプラスの思考が出来るようにもなってくるだろうし、自ずと自信もついてくるものだよ。」



 

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)関連ページ

メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール