生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

新しい働き方もある(まずはその一歩から)

ぺん子「毎朝会社に通って、同じような仕事をするだけ。何か違ったスタイルないかしら。」

ぺんぺけ「普段いかないロシア料理に踏み込んでみるぺけか?」

ぺん子「食べ物の話は全然これっぽっちもしてないのよ!」

ぺんぺけ「快眠グッズもいいぺけけ〜」





無理だという思考をまずはなくす。。。


「会社に行くのが辛い…」
「仕事の日は、朝起きられない…」
「会社に行っても、楽しいことが何もない…」

今の会社も仕事の内容も、まったく自分には合ってない
と思うのに、失業の不安が大きすぎてやめられない…

そんな人も多いのではないでしょうか。

そんな時、新しい働き方もあるのだということを分かって
いるだけで、気持ちが少しは楽になるかもしれません。

『一万円起業』(クリス・ギレボー著/飛鳥新社)と
いう本があります。元金1万円〜数万円で、
仕事を始めた人たちの物語です。

彼らは自分の好きなこと、得意なことを生かして、
身の回りにあるPCなどの簡単なツールを使って、
仕事を始めます。

旅行が好きだった人は飛行機のマイレージを
上手に使って旅行するためのアドバイザーとなり、
音楽教室の先生は、自分のために作ったスケジュール
システムを広めることで顧客を得ます。

旅行好きな写真家は世界中にブライダル写真を撮りに行き、
電子書籍やポッドキャストで収入を得る人たちもいます…

「自分にはそんなの無理だよ」と思いますか?

おそらく彼らも始める前は同じことを思っていたでしょう。

ですが、趣味や思い付きから始めて、気が付いたら
仕事になっていた…という方がほとんどのようです。

社会システムが崩壊してきて、未経験で正社員
になるのが難しい時代です。(サービス業などをのぞく)

そんな時、思い切って退職届を出す勇気はなかなか
出ないかもしれません。

ですがこのような新しい働き方もある、いざとなれば
試してみることもできると知っているだけで、
あなたの選択肢は広がります。

少なくとも、今の状況は八方ふさがりではないことが
分かるのです。

もちろん、「今の仕事が嫌だから」という動機で始めた
事業は、成功を収めることは難しいでしょう。

ですが自分の興味を広げていくこと、趣味を深めていく
ことから新しい働き方につながる可能性は、ゼロでは
ありません。

「週末起業」「ダブルワーク」「ノマドライフ」
「在宅ビジネス」「ひとりビジネス」…

今まででは考えられなかったような、新しい働き方が
たくさん出てきています。

ほんの少しだけ思考回路を柔軟にするだけで、
あなたの周りには仕事の種はたくさん落ちているのです。

今の仕事から逃げるのではなく、前向きに新しい働き方を
探してみるのも、一つの考え方なのではないでしょうか。

そしてひょっとしたら「仕事」について考えているだけで、
今の仕事の楽しさに気づくことだってあるかもしれませんね。

とにかく今の仕事を嘆いているだけではなく、視野を
広げていきましょう。

「義務」とか「仕方ないから」という動機ではなく、
あなたの生きがいとなるような仕事に巡り合えますように。

それでも本気で今の仕事が辛い場合は、
会社に行くのが嫌すぎる」の記事も
ご参考頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「別に今の会社に縛られる必要は、全然ないのよね実際は。」

ぺんぺけ「縛られずに、新しいジャンルの料理を開拓するぺけ〜」

ぺん子「どうしても食に結び付けたいのね。」

は王「人生も仕事も自分のためにある。たとえ家族がいてもそれだけは忘れないように、生きたいところだな。」



 

新しい働き方もある(まずはその一歩から)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール