生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

時間の使い方が悪い(情報時代にどう対応するか)

ぺん子「時間の使い方って、思っている以上に難しく、気が付けば時間が過ぎているものね…」

ぺんぺけ「ラーメンと焼肉を同時に頼んで、同時進行で食べるぺけ〜」

ぺん子「ものすごく健康に悪そうね…」

ぺんぺけ「ミニラーメンにするぺけけ〜」

ぺん子「根本的に何かが違うような…」





時間というものはやっぱり大切。。。


時間の使い方が悪い人は少なくないようです。

もっとも何をもって時間の使い方が悪いという
のかが問題になるのです。

便利になった反面よく言われているのが、
すぐに済むところに時間がかかっていたり
することもあります。

気がつくとメールを読んだり書いていたりして、
メールにかかる時間がかなりのものになっている
人もいるようです。

時間の使い方が悪いというのは、このような
ところにもあるようですね。

メールを題材にしていますが、時間の使い方が
悪いというのは最近の会社員に特に多く、
深刻な問題となっているようです。

ネットの普及やスマホの普及などで、情報化は
かなり進んでいます。

その情報を得るための時間が増えているのも
問題として上げられるのは、なんとも皮肉な
結果と考えてもいいでしょう。

メールはSNSなどのメッセージに
置き換えてもいいと思います。

このようなツールを便利につかいこなせていない
人が増えているそうです。

自分はそんなことはないといいつつ、
情報発信と言いながら、常に思ったことを
投稿している人も少なくないのです。

時間の使い方が悪い人は、それがそのまま
会社に対しての業績となってしまっている
場合があります。

評価に結びつく部分なので、早急に解決
しなくてはいけないでしょう。

言葉で済むことなのに、メールやメッセージで
解決しようとしていないでしょうか。

メールやメッセージのほうが文章として
残るという考え方もあります。

それも一理ありますが、全て文章化する
ことでそれにかかる時間と効率の対比は
どのようになっているでしょうか。

必要だから全てを文書化するのは明らかに
無駄があり、時間の使い方が悪いといった
要因になっているのです。

また、メールやメッセージを書いたり読んだり
していることで、仕事をしている気持ちに
なってしまっているとしたらそれも問題です。

「メールを読むのに1通について1分から2分」、
「そのメールに考えて返信するのに5分から10分」、
「込み入った内容ならその倍から3倍程度の時間が
かかる。」

そういったメールのやりとりを4通から5通する
だけで、1時間の時間を費やすことになるのです。

時間の使い方が悪い人は、メール一本くらい…
と思っている人も多いでしょう。

ちりも積もれば山となることを、1日に何回も
やっていないでしょうか。

簡単な返事を電話などでやりとりするだけで、
時間が飛躍的に増えます。

メールも何もなく電話だけだった昔のほうが
仕事の効率は良かったかもしれませんね。

現在は情報量が増えて、その渦に誰もが
飲み込まれています。

時間の使い方が悪いと思っている人は、
情報の使い方が悪かったり、
それに飲み込まれていることが多いです。

まずは、そういった部分を見直していきましょう。



スポンサーリンク



ぺん子「根本的な時間の使い方を見直す必要があるってことね。」

ぺんぺけ「早食いはあまり好きじゃないぺけけ〜」

ぺん子「健康に悪そうだから、そこはゆっくりでいいと思うわよ。」

は王「1つ1つのことにたいしていかに効率よく捌いていけるか。これを意識するだけでも、随分と時間効率も変わってくるだろうな。」



 

時間の使い方が悪い(情報時代にどう対応するか)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。
気になる部分は早めに対応(確認を怠らない)
確認事項をきちんとすることで、仕事の辛さは軽減するでしょう。
自分を安売りしすぎない(客観的に見る)
自分を安売りせずに、適切な場面で働くことを心がけましょう。
無限の力なんて無い(人は機械ではありません)
人の力や体力にはもちろん限界があります。
夢を持ちたいけれど(願望をかなえよう)
夢がない人も気づかないうちに、心の中で夢を持っているものです。
人とのつきあい方(人脈は欲張らない)
人との付き合い方をもう一度考えてみましょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール