生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)

ぺん子「前回の記事も参考にしたけど、やっぱり日曜の夜はウツになるわね。」

ぺんぺけ「まあ、この牛丼でも食べて元気をだすぺけ〜」

ぺん子「こんな夜にそんな重いもの食べれる訳ないじゃないの〜!!」

ぺんぺけ「(○`〜´○)モグモグ、(`〜;´)ムシャ ムシャ !お腹いっぱいだぺけ〜」

ぺん子「ホントに食べるんだね!って私の分全く残ってないじゃないの〜」

ぺんぺけ「これで明日も元気に過ごせるぺけ〜」

ぺん子「(ノ_-;)ハア…もっとちゃんとした日曜の夜の解決方法がないのかしら・・・」





仕事と向き合うことこそ、心が楽になる方法かも知れません。。。


前回「日曜の夜」で書いたのは過ごし方を意識するのではなく、
考え方を意識するやり方でした。しかし、私も今も日曜の夜、
そして、1時になりそうですが、それでもどうしようもない時もあります。

根本的に「逃避活動」や「開き直り」だけではどうしようもない時もあります。

この時の解決方法は、「仕事と見つめあう」が良いかもしれません。

日曜の夜に1人でリラックス出来る時間をつくり、好きな音楽や
アロマなどの香りを楽しみつつ、ゆとりある空間をつくります。

男性の方の場合、これも結構重要なのですが、
性欲処理はすませておくとよいでしょう。リラックスの時に
性的なことを考えては、まとまる考えもまとまりません。
ここは処理をしておくことをお勧めします。性欲0の状態で
真にリラックス出来る空間と時間を作りましょう。

そして、20〜30分仕事と向かい合いましょう。

月曜の朝にすること、1週間の予定、仕事の段取りなど。
なるべく紙に書いた方がいいでしょう。

そして、月曜の朝はウツになりがちなので、調整できるなら
重要な予定や、難しい仕事などは入れない方がいいでしょう。

私は金曜の夜になるべく面倒な仕事は片づけ、さらに
それでも無理なら土曜日に出てきて仕事をこなします。

金曜の夜や、土曜日は電話もならず、比較的余裕を持って
仕事にかかる事が出来ます。月曜の朝からウツにならない為にも、
なるべく週末に面倒な仕事を終わらせるようにしておきます。

そして、月曜にやるべきことをメモに残して机に置いて置き、
後は仕事の事を忘れます。

ここまでしておくと、逃避している時と比べて、
日曜の夜はまだマシに過ごせる状況になっています。
月曜の午前中に楽な状態を作っておくことは
日曜の夜のウツを回避する有効な手段だと思います。

そして、再度日曜の夜に整理します。
紙に1週間の予定や月曜やる事を書き、それがまとまり、
なんとか目処がついたらカバンにメモをいれて仕事のことを忘れましょう。
カバンに入れておけば、メモを忘れることもないでしょう。

後は、休日最後の夜。まだ休日は残っているという気分で
ゆっくり過ごすとよいでしょう。深酒を避ければ、
いつもくらいの夜更かしもよいと思います。

私はいつも7時半起きですので、2時過ぎまで起きています。
5時間睡眠で十分です。もちろん7〜8時間寝たいですが、
社会人たるもの贅沢は言ってられません。
休みの日は7〜8時間寝るとして、後の平日は5時間で
過ごすようにしています。

どうしても日曜の夜が辛い時は、真に仕事に向き合って
見るのもよいかもしれません。

月曜の仕事が楽であれば、それほど苦痛にもならないはずですし、
仕事がきっちり段取り付いていて、こなせる状態なら、
それほどウツにならないかもしれません。

根本的な問題を解決することこそ、精神を健全に保つ
秘訣なのかもしれません。もちろんこれが出来る人は
限られてるかもしれませんので、その場合は前回の記事
日曜の夜」の方法が良いと思います。

今回の記事は少し限定的に内容をしぼって、
2つの記事を併用しながら、月曜の朝や休日後の朝を
少しでも、気持ちが楽に過ごせるようになって頂ければと
思っています。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「向こう1週間の夕食を今から考えておくぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけにとってやはり仕事はどうでもいいことなのね!」

は王「考え方を変えるのは最重要事項だが、なかなか難しいもの。すぐに実践可能な解決策としては、やはり仕事と向かい合い、仕事をこなしていくことが重要になってくる。その為にも、やはり仕事を覚えることが一番早い道かも知れないな。仕事をこなす考え方については、いっぱいあるので、別サイトを作る予定だ。まあ、仕事をこなす為には精神的に安定していることが重要になってくるので、そのためにもやはり考え方は変える必要はあるんだな!この2つはきっても切れないもんなんだ。」

ぺん子「どっちかだけでも駄目ってことね。考え方を変えつつ、仕事と向きあうか〜。」

は王「ゆっくりとやっていけばいいんだよ!焦ったらうまくいくものもうまくいかなくなるからな。」



 

日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール