生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)

ぺん子「私にとってロールモデルとなる人は誰かしら。」

ぺんぺけ「今日も1日平和だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけがロールモデルでないことだけは確かね…」





ロールモデルを持つ意味を考える。。。


あなたの職場にはお手本にしたい先輩社員や
上司がいますか?自分が見本や模範にしたいと
思う人のことをロールモデルといいますね。

厚労省でも「女性の活躍を推進するための
メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル」
なるものが、平成24年に出されています。
これほどロールモデルという言葉は浸透してきて
いるのですね。

メンター、メンターから指導を受けるメンティが、
見本にしたいロールモデルを育成するのが
マニュアルの主旨ですが、果たしてどれくらいの
企業がロールモデルを意識し育成することが
できているのでしょう。

変化の速い時代。数年前のロールモデルが
通用しなくなることもよくある話です。

ロールモデルにしていた人が突然会社を辞めたり
事件があったりすると、
「せっかくあの人をロールモデルにしていたのに」と、
ロールモデルを失って途方に暮れかねません。

私にはロールモデルになる人がいないと嘆く人も
多いそうです。

ロールモデルは必ずしも社内の人である必要はなく
社外の人でも良いです。本を読んでその人を真似
したいと思う。これも立派なロールモデル探しです。

好き嫌いのみやその人の全てを信頼するという
のではなく、業務のやり方、時間管理、人付き
合いの部分、キャリアの部分など、分野ごとに
複数持つ方が理想的でしょう。

誰か1人が欠けても立て直しが利きます。

ロールモデル選びの際注意したいのが、
真似したい部分がその人の才能によって
できているかどうかです。

エジソンの失敗の回数や、カーネルサンダースの
断られた回数など、その人のオリジナリティに
支えられているものはロールモデルにするのが
難しい場合もあります。

極端な話、自分にある程度知識があり
ロールモデルが見つからない場合は、
ロールモデル探しにこだわる必要はないでしょう。

どんな状況であれ改善しようと一生懸命頑張って
いれば、誰かの目に留まり助けてもらえるからです。

これは大変だ、できないかもしれない、打つ手がない
状況など、その時までに見つければいいかなあ、
程度に考えておけば良いかと思います。

それまでは色々な人を観察して、自分を改善する
程度で十分です。

ピックアップしたロールモデルが組み合わされて、
あなたのオリジナルのロールモデルが出来上がります。


前例がなく、自分自身がロールモデルになる場合もあります。
型にとらわれず、自由な意識も持って働きたいものです。

仕事に対する姿勢は、常に幅広くもっておくと、
どんな時でも応用がきくでしょう。

それでもどうしても仕事が辛い時は、
会社に行くのが嫌すぎる」の記事もご参考くださいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「私は偉人をロールモデルにする方が向いているかもしれないわ。」

ぺんぺけ「ロールケーキが食べたくなってきたぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけって甘いものもいけるのね。ってそうじゃなく…」

は王「近くに尊敬する人がいればいいが、そうでない場合は無理してロールモデルを見つける必要もない。あまりとらわれないことが重要だな。」



 

ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。
気になる部分は早めに対応(確認を怠らない)
確認事項をきちんとすることで、仕事の辛さは軽減するでしょう。
自分を安売りしすぎない(客観的に見る)
自分を安売りせずに、適切な場面で働くことを心がけましょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール