生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)

ぺん子「はあ〜、明日からまた仕事か。嫌になっちゃう!」

ぺんぺけ「明日は平日なので、居酒屋3時間飲み放題だから、仕事終わった後食べにいくぺけ〜」

ぺん子「仕事のこと等全く考えてないのね!」

ぺんぺけ「仕事終わった後のことしか今は考えられないぺけ〜」

ぺん子「そういった思考が出来ればいいんだけどな〜・・・」





騙し騙しで心は軽くなりません。。。


平日休みの方は、仕事が始まる前日の
休日の夜と置き換えて頂けたら幸いです。

ブルーマンデーと言う言葉もある通り
日曜の夜はかなりウツになってしまう時があります。

寝てしまうと朝を迎えるから、
ついつい夜更かしをしてしまう。

お酒好きな人はついつい深酒をしてしまう。
いずれもこれらは察している通り、
逃避の活動になっています。

そして私がこの記事を書いているのも、まさしく
仕事前の日曜の夜です。正式にはもう既に
深夜2時近いですので月曜日です。

日曜の夜に夜更かしして、お酒を一杯飲んだ暁には
地獄の月曜の朝が待っています。

そして、それはいけないと思っていてもなかなか
人はそこまで強くはありません。

ネットの記事は綺麗ごとが多すぎです。MIXIやヤフー等に
乗っているページは綺麗な記事にまとめられています。

ダイエットのサイトなら、野菜中心の生活、お酒は控えめに、
寝る3時間前は食事をひかえる。

ブルーマンデー回避方法なら、夜更かししない。深酒は控える。
適度に運動をする。仕事のことを考えず、早く寝る等・・・

いや〜言うのは簡単ですね!

まるで人ごとのようにしか感じません。

そのような文章のどこに熱さを感じて、説得力があるのでしょうか。

私は現在日曜の夜を夜更かしして過ごしていますが、
上記通常の意見では全く心が動かないし、
実践しようとも思いません。

無難な文章は面白くもなく、実践する気もおきないので、
何のために存在しているかも私には分かりません。

なんで、もっとフラットに書けないのでしょうか。そんな綺麗ごとで
ブルーマンデー前日の夜を過ごせるほど、簡単なものじゃないでしょう。
できないから検索エンジンで探して、解決方法を探しているのです。

私は相当に明日の仕事に行きたくないから、こうして夜遅く起きて、
お酒を飲んでいるのです。

何が「適度な運動をして、早く寝ましょう」でしょうか。
正直笑えてきます。やって見せて欲しいものです。何人出来るか
知りませんが。

そもそも日曜の夜にウツになって夜更かしするのは根本的に仕事に
行くのが嫌だからです。その前日にどんな対策しても嫌なものは嫌なのです。

少し早く寝るから、体が少し楽になり、いつもよりマシなブルーマンデーを
迎えるだけのことです。

それが少し緩和されたところで大した違いはありません。
私は大した違いがないなら、夜更かししてあがきます。
音楽でも聞いてお酒を飲みます。

実際試しに一般的に良いと言われる、早寝や運動やリラックスなど
してみましたが、実際月曜の朝は同じくらいウツになります。

単に少し睡眠とった分、体がすこ〜し楽になるだけで精神的なしんどさは
何も変わりません。

では一体どうすればいいのか。

もうこれはそんな小細工をするのではなく、仕事に対する考えを
変えるしかないと思いました。

5日いけば、休みだと思うから、仕事がしんどくなってきます。
あがいたところで、22歳から働いても40年は働くのです。

今の世代は定年が60歳ではなく、年金の関係上65〜70くらいに
なるでしょうから、50年近く働くことになるかもです。

こんな騙し騙しの一般論で、毎週日曜が乗り越えられるはずも
ないと思います。

もう開き直って夜更かしして、好きなだけお酒飲んで月曜の
朝を迎えましょう。ある程度夜更かししても、まあ起きれます。

次の日仕事なら嫌でも起きてしまうものです。

そしていよいよ行き詰まったら、その時考えることは
日曜の夜をどう過ごすかとか言うよりも、
普段の仕事をどう考えるかだと思います。
こっちを気楽にしなければ、どうしようもありません。

普段の仕事を楽にしていくためには、理解者が
いることを知り、自分と同じような状況の人が
多くいることを知ることだと思います。

私が体験した「うつ病かもしれない」の記事も読んで
頂ければと思います。

嫌なら辞める。私の人生は私が決める。
家族ではなく、私が決める。
最悪ブルーシートのダンボール生活でもいい。
どっちがいいかは私が決める。
仕事なんてどうでもいい。会社は所詮
手段の一つだから・・・

どう考えても構わないと思います。逃げ道を作っておくと
人は楽になれます。

「満足の水準」を下げ、今の仕事にしがみつかなくてもいい
マインドを持てれば、気楽に仕事をする方法が
見えてくるかもしれません。

私は現在、給料はそこそこもらっていますが、
全く生活水準上げていませんので、
仕事辞めても当面は生活に困りません。

別にフリーターでも十分に今の生活水準は維持できます。
それだけ落としてきましたし、給料増えても、
生活水準は上げてきませんでした。

生活水準さえ気にならなければ、まあ、他と比べることもないですし、
今の病む程辛い仕事に耐える必要もありません。

マインド意識を下げ、今の会社に対する依存度を下げ、
低い水準の心をもつことから始めて見るとよいと思います。

「今の会社なんて最悪辞めても何とかなる。」そう打算的に思える
生活水準とマインドが整った時こそ、心にも余裕ができ、
しいては逆の思考になりますが、仕事が楽しめ
仕事が出来るようになるかもしれません。

間違っても巷(ちまた)のブルーマンデー対処方法などを
鵜呑みにしないことだと思います。根本的な解決なしに、
精神的なゆとりなど持てるはずがないと思いますから・・・


スポンサーリンク



ぺんぺけ「明日食べに行くお店探していたら、もう2時を回ってしまったぺけ〜!そろそろ寝るだぺけ〜」

ぺん子「私もつられて夜更かししてしまった〜!明日の為に少しは寝ないと・・・」

は王「まあ、もちろん睡眠時間を多くとるのも重要だが、別に何も日曜の夜だけ特別なことをする必要はない。休日と仕事を分けて考えるからそもそも辛くなる。ずっと仕事生活の中、休みをたまたま”頂けてる”と思えば、思考も少し変わるかもな。私は仕事ばかりの生活でもそれ程苦ではないので、休みはおまけと考えておる。もっとも会社は人間関係含め、好きではないので、仕事はいいけど、会社にいくのはウツになってしまうけどな。」

ぺん子「覇王様も仕事に行ったりするんだね!」

は王「私は孤独で一人ぼっちなので、職場でも目立たない、ちっぽけな存在なんだよ。」

ぺん子「覇王様が、自分を虐げてる!」

は王「そんな時も、私にもあることだよ!」



 

日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール