生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分を安売りしすぎない(客観的に見る)

ぺん子「私って仕事に対して所詮能力がないのかしら。」

ぺんぺけ「仕事は適当に片づけて、ご飯にいくぺけ〜」

ぺん子「でも真面目な性格だけに思いつめてしまうのよね。」

ぺんぺけ「今日はキムチ鍋でも行くぺけけ〜」





自分の能力とメンタルを見つめてみる。。。


今回は、仕事をしている人向けの記事になります。

あなたは、今の収入に満足していますか?
また、今の収入が妥当だと感じていますか?

自分の経験やスキルと照らし合わせて、
ご自身が納得できている、妥当な収入の
場合はそれでいいでしょう。

ですが、
「働いても働いても、生活が苦しい…」
「収入以上に働いている気がする…」
「どんなに頑張っても、生活レベルが
頭打ちになっている…」

そんな不満や不安を抱えているのであれば、
仕事と収入に対して、真剣に考えてみる
事が必要な時期なのかもしれません。

ここで大切になるのは、客観的な視点です。

もしあなたがどれだけ「給料が安い」と感じていても、

「経験値がない、スキルがない、やる気もない」
というのであれば、客観的には「妥当な金額」
なのでしょう。

あなたが同僚や上司の立場に立ったとき、
自分自身にはどのくらい支払う価値があるのか
考えてみてください。

そこで「やっぱり、金額以上の仕事はしているよな…」
と思うのであれば、今すぐに、今の仕事と収入について、
考え始めた方がいいのです。

自分を安売りしすぎると、自分に自信がなくなって
いきます。

自分を安売りしすぎると、人としての尊厳が
じわじわと失われていくのです。

そして周囲の人たちへの不信感も高まって、
気持ちの良い人間関係が築きにくくなっていきます。

ですからあなたの能力や頑張りに対して、
あまりにも収入が低すぎると感じた場合は

  • 給与や収入のアップを上司やクライアントに相談する
  • 成果をあげて、自分の能力を目に見える形で示す
  • 目に見える形の資格を取る
  • どうしてもだめな場合は、仕事を変える

などが必要になってくるでしょう。

何も言わなくても、いつでも周囲の人たちが、
あなたの能力通りにお金を出してくれるとは限りません。

ときには自分を安売りしすぎないために、あなた
自身が自分の価値を積極的に示していく必要が
あるのです。

特に自営業の場合などは、仕事ほしさに
あまりにも自分を安売りしてしまうと、
事業自体が続けられなくなるのです。

それは、あなたにとっても、あなたを必要としてくれて
いるクライアントにとっても、良い事ではありません。

自分を安売りしすぎる事、それはあなたが、
自分自身を信頼していない事を示しています。

自分を安売りしすぎる事、それはあなたに上司や
クライアントから見下される原因を作ります。

自分を安売りしすぎる事。それは気持ちのよい
人間関係が築きにくくなり、健全な経済活動が
送れなくなる事につながっていきます。

そしてそれはあなたをじわじわと蝕んで、無気力や
うつ状態などを引き起こしやすくなるのです。

あなたは今、あなたの能力に見合う対価を得ていますか?

「給料が安い…」
「生活が苦しい…」
「残業が辛すぎる…」

と感じているのであれば、今すぐにあなたの能力と収入の
バランスを見直してみてください。

自分を安売りはしたくないけど、仕事が辛い、
会社に行くのが辛い。

そんな方は「会社に行くのが嫌すぎる」の記事を
お読み頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「やっぱりキムチ鍋はいつ食べてもおいしいぺけ〜」

ぺん子「私もつられて食べたけど、おいしいわね!」

ぺんぺけ「次はコンスタントな寄せ鍋にするぺけけ〜」

ぺん子「それより自分を安売りしない仕事の話題、完全に忘れているんだけど…」

は王「客観的に見た結果自分と会社の給料があわなかったり、会社が苦痛に感じるのであれば、”会社に行くのが嫌すぎる”の記事を読んで、今一度サラリーマン生活を見直すのもいいだろうな。」



 

自分を安売りしすぎない(客観的に見る)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。
気になる部分は早めに対応(確認を怠らない)
確認事項をきちんとすることで、仕事の辛さは軽減するでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール