生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)

ぺん子「(ノ_-;)ハア…今日も仕事で怒られてばかり。私って本当に無能だよね・・・」

ぺんぺけ「仕事で大失敗しちゃったぺけ〜!反省だぺけ〜!あっそうだ。今日は新規オープンのステーキバイキング行くんだったぺけけ〜☆」

ぺん子「なんで仕事で失敗してそんなに明るくいられるのよ〜」

ぺんぺけ「美味しいお肉いっぱいあるぺけけ〜」

ぺん子「全く聞いていないのね・・・」





8割の人は普通以下なんです・・・


新しいこと教わったけど、全く理解できない。
何回も同じこと聞くから、怒られてばかり。
応用もきかないから、聞いたことしか出来ない所か、
聞いたことの何とか半分くらい出来る感じ…

陰口たたかれ、「使えない奴」と言われ、
職場でも居心地が悪い。

ここで、仕事を辞めて、転々とするか、
何とか居続けるかは、その人次第
かもしれません。

辞めたところで、結局は同じ壁にぶつかります。
違う職場でも、同じ壁にぶつかる可能性は高いです。

辞めた所で、根本的な解決にはなりません。
フリーターで生きていくなら、それでもいいかもですが、
社員として生きていくなら、プライドを捨てることも
必要になってきます。

ポジティブ思考とは反する所があります。
適度(てきど)なポジティブはとても効果的ですが、
過度(かど)にポジティブに考えるのは心の負担になってきます。

人の期待に応えるのはやめましょう

別に仕事なんて出来なくていいんです。
諦められたっていいんです。
とりあえず会社行ってれば、なかなか首はきられません。

ウツになったっていいんです。
その環境でウツにならない方がおかしいんです。
でも、適当に考えたら別にウツにすらなりません。

少し真面目をやめて見ましょう。自分のペースで働いて見ましょう。

今の会社の給料が低いなら、辞めた方がいいと思います。フリーターと
一緒なら辞めるべきでしょう。

平均以下の年収でも、全然結構だとおもいます。フリーターと比べて
時給換算して、給料が高いなら続けた方が金銭面では有利でしょう。

続けると決めたなら、後はどう考えるかだけです。
楽に考えていきましょう。

「陰口」、「仕事出来ない」は当たり前。
「そうですけど何か?」
開き直って見ましょう。

職場の人は、基本陰口叩きまくります。利害関係で成り立ってるので、
他の人のちょっとしたことも不満になります。
悪口、批判、噂話の嵐です。
そんな暇な人を相手にしていては、体が持ちません。

割り切って考え、自分の悪口は「言われまくっている」と
考えて過ごしましょう。

そして、言っている人は、それ以上に言われていることも
すぐにわかることと思います。

私もすぐにこのような考えが出来た訳ではありません。

毎日が抜け殻のように辛かったので、「会社に行くのが嫌すぎる」と思い、
勇気をだして自分の気持ちと本当に向き合うことで、少しずつ
明るい思考が持てるようになりました。

仕事なんて結局は2割の人が8割の仕事をこなすように出来ています。
2割の人が優秀で尊重され、2割の人はぶら下がる。残り6割は普通の人。
2対6対2。2割8割などとよく言われます。

この数字はどこに行ってもそんなに変わらないようになっています。
大手企業ほど顕著にそうなってきます。

どこに属していてもいいんです。適当に楽に考えること。
仕事は真剣にやるのがもちろんですが、メンタル面は
適当に楽にゆる〜く考えるようにするとよいと思います。

それでもやっぱり辛いと思いますので、「会社に行くのが嫌すぎる
の記事をご参考頂ければと思います。



スポンサーリンク



ぺんぺけ「ステーキバイキング、新規だったから、後半ほとんどお肉がなくなってたぺけ〜!食べ足りないぺけけ〜」

ぺん子「すっかり仕事のことなんて忘れてるんだよね〜!私もその姿勢を見習わないと!」

は王「仕事で失敗したり、物覚えが悪かってもそんなことは別に珍しいことでも何でもない。別に落ちぶれてたっていいんだよ。どこにいたって2割の人は”落ちぶれ扱い”になるんだから。むしろ、その2割の人のおかげで他の人は優越感にひたれるし、”自分はあの人より頑張ってる”と言い訳も出来るようになる。その役目に自分がなったって一向に構わないんだ。どうせ誰かがその役目をやるんだからね。」

ぺん子「少しだけ気持ちが楽になったかも!仕事はまじめにやるけど、考え方は楽にしよっと!」

は王「そうそう、それでいいんだよ!誰も自分なんて必要としていない。それくらいの精神でいたら開き直れて楽になれるものなんだよ。」



 

仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール