生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)

ぺん子「今日も仕事で失敗して課長に怒られてしまった〜!どうして私ってば、よく仕事で失敗ばかりするんだろう。」

ぺんぺけ「仕事なんて深く考えずに、ぺけぺけこなせばいいぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけってそういえば、ミスとか聞いたことないけど一体どういうやり方しているの?」

ぺんぺけ「適当にやってるぺけけ〜」

ぺん子「聞く相手を完全に間違えたわね。」





失敗が減れば自信が出てきて、さらに失敗は減っていく。。。


仕事で失敗ばかり。仕事でミスしてばかり。

人はもちろん失敗する生き物ですし、
仕事をしていますと、失敗が重なる時はあります。

不調な時はとことんまで不調で、そのような精神状態では、
さらに緊張して、ミスが連続してしまうことになります。

特に自分に自信がない人は、ちょっとしたミスも多く、
又ミスが増えることによって、ますます自信がなくなり、
仕事で失敗が続く悪循環に陥ってしまいます。

仕事で失敗しにくい方法は、とにかくひたすら
繰り返して行い、身にしみるくらいのレベルに
到達することです。

つまり、時間がかかることになります。

人間には慣れという習性があり、複雑で
失敗しやすい業務を行っていたとしても、
延々と繰り返すことで、素早く正確に
出来るようになってきます。

しかし、とは言えいかに慣れることにより
仕事で失敗が少なくなるとはいえ、
根本的に失敗が多い人、少ない人が
いることは事実。さてその違いはどこから
来るのでしょうか。

そこで重要な要素は、「集中力」と言うことと、
思い込みを捨てる」ということになります。

仕事で失敗が少ない人の特徴は、何と言っても
集中力が高いことがあげられます。

そして、集中力は途切れるものであることを良く知っています。

ですので、定期的に休憩をとる。そして、
体調が悪い状態をなるべく作らないような
努力はもちろん、自分の集中力の関係を
自身でよく把握しています。

気持ちを切り替え集中力を高めるのに有効なのは、
瞑想をして見ることです。一旦頭をすっきりさせる
ことによって飛躍的に集中力を上げることが出来ます。

瞑想のコツはとにかく最初は呼吸を意識することです。

雑念で他のことを考えてしまいそうになったら、
とにかく呼吸を感じ、心臓の鼓動を聞き、
呼吸を意識して、呼吸と一体化する感覚を持ちましょう。

又無理に雑念を払おうとすると、返って色々なことを
考えてしまいますので、「あ〜こんなこと考えているんだな〜」
と客観的に第3者の視点で観察することが重要になります。

次に「思い込みを捨てる」について書いてみます。

仕事で失敗するのに、結構多いのが「思い込み」です。

とくに重要なミスにつながることにもなりますので、
見逃せないポイントです。

「慣れること」によって、ミスを減らすことは出来るのですが、
同時に「慣れること」によって、「思い込み」が出てきてしまいます。

いつもやってるので、同じ感覚で、良く確認せずに、
仕事を捌(さば)いてしまいますと、重要な記載や、
いつもと違う部分を見逃してしまい、
結果大きな失敗につながることがあります。

この「思い込み」を完全に捨てることは出来ませんが、
効果的な方法は、「目に見える所に紙に書いて貼っておく」
ことになります。

たとえば、事務職をしている人なら、パソコン周りに
「思い込みで仕事しない」と貼っておくと良いでしょう。

この2つを意識することで、仕事で失敗ばかりが続いて
いたなら、大幅に改善出来ることになると思います。

もちろん新しい仕事や慣れない仕事をする時は、
メモをしっかりとって、復習するなどと言う、
基本的なことは怠らないようにするのは前提です。

その前提を守った上で、「集中力」「思い込み」の
2つのキーワードを意識して仕事に取り組むことで、
仕事で失敗ばかりの状態からは、少しずつ抜け出せる
ことになるでしょう。

仕事で失敗が減ってきますと、無駄なトラブル処理が
減りますので、仕事は早くなってきます。
ミスなく早くこなせることで、自分に自信が出来、
ますます仕事でミスらないようになっていくでしょう。

最終的には自分の自信がもの言う所があります。

ただ自信をあげることは簡単に出来るものではありませんし、
なかなな自分を変えることも出来ません。

そんな時でも自分自身のセルフイメージを変えていければ、
仕事で失敗ばかりする現状でも、「光」が見えてくることがあります。

会社に行くのが嫌すぎる」の記事を読んでみて、
もうどうしもうない時にどんな思考や行動、マインドを
持てばよいのかをご参考に頂ければと思います。







ぺん子「”集中力の低下”と”思い込みでの仕事”か〜。言われてみるとどっちも私は、当てはまってるわね。」

ぺんぺけ「仕事は早く終わらせて、おいしい物を食べに行くに限るぺけ〜」

は王「集中力が続くのであれば、本来人は失敗などしないもの。とは言え、人間である以上、集中し続けることは不可能になっている。だからどうやって”集中力”を維持するかは、重要になってくることだな。もちろん”思い込み”で仕事していると、とんでもない失敗をしたりするので、そこの心がけも忘れないようにすることだな。」



 

仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)関連ページ

うつ病かもしれない(うつ病を回復してみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール