生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)

ぺん子「今日もしごとか〜!最近なんだかマンネリだし、何か職場で楽しいことでもないかしら!」

ぺんぺけ「仕事終わったら、即行焼き肉食べに行くぺけ〜」

ぺん子「プライベートも充実してないし、一体私の人生どこに居場所があって、何を楽しめばいいのかしら…」





職場は絶対に仕事する場所なのです。。。


あれは季節も肌寒く、そろそろ冬を迎える
準備が整った時期だったでしょうか。

( -.-) =зフウー
今日も仕事か。毎日毎日嫌になるよ全く。
職場では私以外の所で、みんな楽しそうにし、
恋愛話や週末の話で盛り上がっている…

ホントにくだらない…

私は一人黙々と仕事をしては、いつも定時近くで
帰る社員に不満を覚え、今日も23時くらいまで
働いているのでした。

ホントに何でこんなに同じ職場で、働く時間が違うのだろう…

会社は不景気で、みんな力をあわせていかなきゃ
駄目な時なのに、多くの人が人ごとのようにしか
とらえていない。

給料も大して変わらないのに、なんでこんなに
不公平なんだろう…

愚痴を言っても仕方ないのですが、やっぱり不満は
たまっていってしまいます。しかも、こちらは忙しいのに
くだらない雑談をまわりでされては、ストレスも
倍増になってしまいます。

せめて何か楽しみがあればいいのだが…

そして、今日も自宅に帰っては、またまた一人ぼっちで
ご飯を食べるのでした。

こんな生活繰り返していて、一体何が楽しいのだろう。

そもそも何のために生きているのだろう…

せめてどこかで楽しみがあればいいのですが、
プライベートでも特に居場所もないし、
仕事に行っても周りだけが楽しそうで自分が
なんだか孤立していて、一人ぼっち。

結局私の居場所ってないんだろうな…

居場所もないのに何で生きているんだろうか?

ネガティブな思考は一旦始まると際限なく続いてしまいます。
そして、それは私の悪い癖でもあります。

今日はもう暗いこと考えるのやめよ!

私は基本的にネガティブな思考です。
そして、それ自身は悪いことだとは思っていません。

沈み続けることもなければ、良いことばかりが起こり続けることもない。
どっちも一方的に突き進むことはないのを私は学びました。

まあ、人生なるようになるかな

今日も居場所のない職場から帰ってきました。
明日も居場所のない職場に向かうことになりそうです。

まあ、それはそれでも構いません。

居場所がなくても、私にはいっぱいの仕事がありますし、
それがやりがいでなくても、私を必要としてくれる取引先も
いるのですから…

職場には居場所はなくてもいい。
職場の飲み会の席にも居場所はなくていい。
と言うよりも参加しません。

私の人生も、私の職場生活も

全ての決定権は私にあるのです

そして、これはこのページを読んでくださっている
あなた様もそうなのです。

決定権はあなたにあるのです

誰にも左右される必要はありません。

ただ会社に行って、自分のペースで仕事して、
そして帰るのも、他の人と同様、あなただけが色々背負う必要はないのです。

居場所なんてなくて構いません。

私はただ、仕事をしに会社に行くのです。
会社は馴れあいの場所でありません。

仕事をする場所なのです

ただただ、仕事をすればいいのです


スポンサーリンク



ぺんぺけ「今日も仕事終わったから、焼き肉食べにいくぺけ〜」

ぺん子「全く仕事のことは考えてないのね!」

は王「職場での居場所など考えてたらきりがない。職場は仕事をしに行く場所。その指針をぶれないようにしていれば、仕事というものをもっと熟知することができる。もう一度言うが、職場は仕事する場所。決して馴れあう場所でも、なあなあの場所でもない。仕事すればいいんだよ。」



 

職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール