生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)

ぺん子「取引先の電話対応ありえないわ。自分が悪いのに、まるで逆切れよ!」

ぺんぺけ「抹茶アイスを食べて、ほのぼの気分になるぺけけ〜。」

ぺん子「ぺんぺけ抹茶アイスなんて常備しているの?イラッとしてるから1個ちょうだい!」





怒りのルールを決めて見る。。。


職場でイラッとしたときありますか。
大きく2つのケースがあると思います。

1つは他人がきっかけでイライラするケースです。

「イライラしないようにしよう。もっと心を広く持たなくちゃ。
集中して仕事しよう。それで早く帰ろう!」

と思った矢先にまたイラッとする出来事が起こって、

「ああー、もう今日は最悪だ。」

とげんなりして、

気晴らしにお酒を飲んだりカラオケをしたり
それで、「ま、いっかぁ。そういうもんだよね。人生。」
という感じになるケース。

もう1つはイラッとした自分に自己嫌悪してさらにイラッとするケース。

会社で事務職を担当するA子さん25歳は、
うまくいっていない時に声をかけられるのが苦手です。
こう話してくれました。

「『わかってます!そんなこと!』と冷たい言い方になってしまって…。
後で『申し訳なかったなあ…』と反省するんですけど…」

イライラしている時や落ち込んでいる時は、冷静さを失いがちです。
そのようなコンディションで仕事を続けても、いい結果は出せませんよね。

疲れを感じたら、一息入れる。
深呼吸をして落ち着く。
ストレッチする。

学生のころ授業中はあんなに眠かったのに休憩時間になると、
目がパッチリという経験はありませんか。

それは、物理的な体の姿勢が変わったからです。
体と心はつながっていますので、体から気分を変えることができます。

「元気な人がとる姿勢」をイメージして、
その通りにすると不思議と前向きになれます。

またイラッとするときには、その人のネガティブな部分に
フォーカスしている時かもしれません。

そんな時に自分にしてほしいのは、
「今、自分は何にフォーカスしているだろうか?」
という質問です。

嫌な部分にだけ目を向け、一方的に嫌ってはいないでしょうか。
実はその人にも事情があるのかもしれません。
普段からその人とコミュニケーションがうまく取れたとしたらどうでしょうか。

自分の気持ちをうまく伝えられるスキルがあれば、
楽しく仕事できそうですね。

笑っている人のそばでつられて笑ってしまったり、
イライラしている人のそばに行くと、なんとなく
落ち込んでしまった経験があると思います。

感情は伝染します

職場でイラッとした時は次の3つのことを思い出しましょう。

1 コミュニケーションをよくして、行き違いをなくす。

2 自分も過去に同じようなことがなかったか思い出す。
(人間は完ぺきではありません)

3 イライラに振り回されない。

遅くとも、翌日には忘れてしまいましょう。
また、次に活かせることはないか改善策を考えましょう。

唯一思い通りにできるのは自分の感情のみです。

自分の感情と上手に付き合うことが出来ましたら、
いつも心穏やかな気分でいられることが出来ます。

いつも心穏やかな気分でいられれば、幸せマインド
感じる機会が増えてきます。

まずは自分から。そのことを忘れずにいたいものです。

参照:怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)


スポンサーリンク



ぺん子「抹茶アイス。確かにほのぼのした気分になるわね。」

ぺんぺけ「夏でも冬でもアイスは抹茶に限るぺけ〜」

ぺん子「要するにアイスが好きな訳なのね…」

は王「好きな食べ物を食べるとイライラを解消する手助けにはなる。人である以上怒りをなくすことはできないので、イラッとした時にいかにして上手にその感情を対応できるかが、自分の感情とうまく付き合うコツになってくるんだな。次にイラッとした時があったら、感情にまかせず、その状況を冷静に分析して客観視するようにしてみることだな。そうしたら自然とコントロールも出来るようになってくる。」



 

職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール