生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

2番目を仕事にすること(好きと収入)

ぺん子「大好きなことをして生きたくても、収入にならず、生活ってできないものよね。」

ぺんぺけ「大好きな食べ物に囲まれて生きていければそれでいいぺけ〜」

ぺん子「仕事に対する想いとか全くないのね。」

ぺんぺけ「仕事は大体だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけの場合は適当っていうのでは。」





1番大好きなことは。。。


大好きなことを仕事にしたい…
そんな風に、プロを目指して頑張っている人も多いでしょう。

バンドや小説家、芸術家やマンガ家、イラストレーターなど
「いつか絶対に、世間に認められるプロになる!」と、
日々努力を続けている人も少なくないでしょう。

ですが、いざデビューできても生活ができる収入にはなら
なかったり、依頼の内容と自分が表現したいものとの差が
大きすぎたり、理想と現実のギャップに、心底嫌になって
しまうことがあるかもしれません。

あくまでも本業として貫き通す決意と覚悟があれば
それで良いのですが、もし、あなたがあまりにも
「理想の仕事」に疲れてしまっているのなら…

「2番目に好きなこと」や「2番目に得意なこと」を
仕事にしてみるのも、いいかもしれません。

2番目を仕事にすること…
本当は模型を作るのが大好きだけれど、
収入に結びつくほどでないのであれば、

昼間は会社に行き、得意な事務職で生計を立てましょう。
そして副業として、夜や週末に模型を作るのもいいかも
しれません。

2番目を仕事にすること…
本当はカフェをやりたいけれど、開業資金がないので
あれば、かわいいものが好きなあなたは、雑貨屋さん
で働くのもいいかもしれません。

接客のスキルも学べますし、
オリジナルのコーヒーブレンドや手作りのクッキーを
置かせてもらえるチャンスがあるかもしれません。

2番目を仕事にすること…
本当は映画の評論家になりたいけれど、
どうやって仕事にしたら良いのか分からないのであれば、
とりあえずはジャンルフリーのライターになるのもいいですね。

数をこなしているうちに映画関係の人脈もできるかも
しれないですし、文章力も上がるでしょう。文章の中に、
映画の話題を少しずつ織り込んでいくこともできますね。

実は大好きな1番目は思い入れが強すぎて
どんなに才能があったとしても、
仕事としてはうまくいかない人が多いのです。

その点、2番目や3番目に好きなものは少しだけ距離が
ある分、客観的に「ビジネス」として見やすくなります。

1番大好きなアイドルの話は、熱く語りすぎて引かれて
しまうけれど、2番目に好きなドラマの話は、多くの人と
そこそこ楽しく語りあえる…

そんな経験はないでしょうか?それと、同じことなのです。

ただし気をつけていただきたいのは、たとえ2番目を仕事に
したとしても、1番目をあきらめてしまわないこと。

1番好きなこと、大好きなことは、
あなた自身の核を作るとても大切なものです。

2番目の仕事にこっそり忍ばせたり、副業として行うことで、
充実感や満足度も高まることでしょう。

そして何よりも2番目の仕事の大きなスパイス、
あなたのオリジナリティになっていくはずなのです。

だからもしあなたが、1番に目指していることがなかなか
うまくいかないならば、2番目に好きなこと、得意なことを
始めてみませんか?

仕事が軌道に乗り、収入も安定してくれば、
行き詰っていた「1番やりたかったこと」と、あなたの充実
した人生とのバランスも見えてくるかもしれません。

それでもどうしても1番好きなことを仕事にしていきたい
のであれば、別の収入源を確保し、会社を辞めてしまう
のもいいでしょう。

参考として「会社に行くのが嫌すぎる」の記事もお読み
頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「1番好きなことをして生活していこうと思えば、やっぱり収入源を確保しないとだめね。」

ぺん太「副業を始めて収入源を増やし、ゆくゆくは好きなことして生きたいよ〜」

は王「好きなことを老後の楽しみにする人もいるが、どうしても体力がついていかないもの。体力がある若いうちに別の収入源を確保して、好きなことを仕事にできれば、それがやっぱり幸せだろうな。」



 

2番目を仕事にすること(好きと収入)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール