生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)

ぺん子「毎日毎日残業でほんと嫌になってくるわね!」

ぺんぺけ「今日も定時で帰るぺけ〜」

ぺん子「あ〜もう何で私にばっかり仕事集中するのだろう。暇な人もいるって言うのに…」





人ごとの中で愛を見つけてみましょう。。。


なんで私ばっかり忙しくてしんどいのだろう。
あの人は楽ばかりをしているのに。

なんで私ばかりに仕事が集中するのだろう。

このような事を思っている人は結構いますが、
少しマインドを変えることが出来れば、案外
不満は減っていくかも知れません。

1つの方法は「全ては人ごと」だと思ってみる事です。
同時に「人のためになっている」と思ってみる事かも知れません。

例えば、あなたばかりに仕事や役などが集中したとします。
多くの仕事や役を引き受けている人は結構います。

自分ばかりが忙しい、自分ばかりしんどい思いをしている

そして、他人に対して不満を感じてしまうことはよくあります。

あの人ばかり楽をしている

しかし、その楽かしんどいかは人によって基準が異なってきます。
毎日夜22時までの残業がしんどい人もいれば、毎日19時の残業で
しんどいと思う人もいれば、毎日午前様でも平気と言う人もいます。

ある程度慣れはありますが、体力ある人、精神が強い人など
人はさまざまです。

だからあなたが思っているほどに楽だと思っている人は
楽でないかもしれません。

とは言え、実際のあなたは周りの目に見える他人と比較して
しんどいと感じているのですから、
少しマインドを変えて見るのもいいでしょう。

こんなときは、「全ては人ごと」と思ってみるのも良いかもしれません。

あなたが、しんどかろうが、辛かろうが、他人様には知った事ではないのです。
だから、不平や不満をためることすら見当違いかもしれません。

だって他の人はあなたのことなど興味もないですし、どうでもいい訳ですから、
あなたがしんどかろうが、楽しかろうが、幸せだろうが好きな思いを
自分で選択すればいいのかもしれません。

そして、あなたもまた他人には興味ないかも知れません。
全然興味もない人が、どんだけ仕事がしんどかろうが、
夜遅くまで残っていようが、家庭で苦労していようが、
なんとも思わない事でしょう。

それは、私の知った事ではありませんから、なのかもしれません。

こう聞くと冷たいように感じるかもしれませんが、
全ての人がそこまで愛がない訳ではありませんので、
ご安心下さい。

これは1つの思考の訓練でもあります。

自分ばかりがしんどいのであれば、自分が楽になれる
ことを考えるのであって、不満を溜め込むことではありません。
困っている人を、頼まれずに自ら助ける人は少ないですが、
助けを求めて突き放す人も又少ないものです。

そして、助けてくれた人に愛を持って接してみるのも良いかも知れません。

普段は人なんて人に興味がないから、所詮は人ごとと思いつつ、
又、一方で自分がこれだけ色々なことをやっているのだから、
他の人が楽になれている。他の人の幸せの為の行動をしていると
思う事で、愛も忘れず、不満をためることを減らせるかもしれません。

私は普段仕事している中で、自分ばかり仕事が集中しているときも、
他の人から見てみれば、それは人ごと。周りにはどうでもいいことですし、
関係ないこと。

そう思う反面、自分がこれだけしんどいという事は、他の人は
それだけ楽になれている。人を助ける行動にもなっていると
思うようにしています。

そんな中でも手を差し伸べてくれる人、気遣ってくれる人は
0にならないからまた面白いものかもしれません。

愛を与えた分だけ、違う形にしろ愛は戻ってきますから、
ドライに考えつつも愛を忘れない生き方もいいかもしれませんね。

平均した人と言うのは、余裕がある時に助けを求められたら、
助けてくれるものです。そして、助けてもらうとやっぱり嬉しいものです。

人の愛を感じるときでもあります

愛を忘れず、一方で「人ごと」とドライに受け止めてみる。

こういったマインドを試してみるのも良いかもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「私よりも仕事抱えている人もいるし、もっともっと忙しい人もいっぱいいるもんね!残業代もでるし、まだ恵まれてる方かも知れないわね。」

ぺんぺけ「今週ずっと残業0だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはもう少し仕事するべきだね…」

は王「どう考えるかで気持ちはずいぶん変わってくる。不満を溜めながら仕事をするよりも、どうやったら気持ちが楽になるかを考えながら仕事した方がよっぽど効率的。”全ては人ごとだから、自分がしんどいのなんて人には関係ない”って思うのもいいし、”自分が苦労する分他の人が楽になる”って考えも良い。ようはどうやったら自分のストレスが減らすことが出来るかってことかも知れないな。」



 

自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール