生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

うまくいかない時(仕事がはかどらない、つまらない時)

ぺん子「なんか最近何やってもうまく行かないし、会社に行くのも嫌になってきたわ。」

ぺんぺけ「ぱっぱと、仕事を終わらして、ご飯食べにいくぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけみたいに、仕事を雑にでもこなせれば、どれだけいいことか…」





仕事をどうとらえるかで、人生大きく変わる。。。


仕事を頼まれたけど、なかなかうまくいかない。

やる気が出なかったり、どうもうまくいかないスパイラル
はまっているような気がする。

そんなときの処方箋です。

今回は仕事に限ったことになってしまいますが、
私はベタに、まず落ち着くことをします。

例えばお茶を飲んだりして、気分を落ち着けます。

やっぱり焦っていたりすると、仕事の精度が悪くなったり
いいアイディアが思い浮かびません。

基本に従いリラックスが大切になります。

それでもダメな時は、本やネットで調べてみる。
最後の手段に人に聞いてみます。

調べてから人に聞くのは、調べてから聞いたほうが
人に質問するときの質も上がるからになります。

うまくいかないとき、っていうのは、明らかに
自分の能力以上のことを頼まれている場合もあります。

自分ができる、すべての力を出して、もしダメだったら
それでいいと思います。

頼んだ人も、
「あぁ、この人にこの仕事は向いてないんだ。」と、
手を弱めてくれるかもしれません。

思い切って「寝てしまう」、というのも1つの方法。

なぜかというと、寝ている間に脳が1日の出来事を
整理してくれるからです。

数学の問題が夜わからなかったのに、朝になって突然
「答えがわかった!」という経験はありませんか?

いったん休んで、脳をリラックスさせる。これも大切です。

うまくいかないときって、モチベーションが落ちてる時でもあります。
やっぱり、人はどんなことにも慣れてしまう存在ですから、
やる気が出なくなる時があります。

そしてやる気がないと、仕事もうまくいかなくなったりする。

だから、自分でやる気を出さなきゃダメです。

これをしたら、どこかへ行こう。
おいしいものを食べよう。
とにかく、やりきろう。

自分にご褒美を挙げて、
「この仕事をやるのはいいことだよ!」と、
自分に言い聞かせます。

勉強をしているときに限って、テレビを見たり、
ネットやったり、マンガ読んだり…そのあとで、
「何やってんだ自分…」
みたいな経験はありませんか。

それは、勉強からの逃避
勉強が嫌でしょうがないってわけです。

仕事もそれと同じです。

でも、避けてたってしょうがない。
この仕事を選んだのは自分。

やるって言ってしまったのも自分。
もう、腹くくってやるしかない。

うまくいかない。って悩んでる暇があったら
解決の1つでも考えなきゃだめな時もあります。

うまくいかないスパイラルにはまらないためには、
普段の行動から気を付けないといけません。

仕事のやり方、時間の使い方。
周りに要領よくこなしている人はいませんか?

仕事を通して、お客さんをよろこばせて、自分も成長する。
やっぱり、これが仕事の基本になります。

休みの日を楽しむために仕事をしているという人もいますが、
週2日休みは楽しいけど、残りの5日はつまらないって
考えると、7割しんどい日々が続いてしまいます。

週2日楽しくて5日つまらないのと、
毎日楽しいのと、どちらがいいでしょうか。

いかに仕事を楽しくするか。
日々を楽しんでいる人は、みんなやっていることです。


つまらない、と思うようなことも楽しめるなら、
全ての出来事が楽しめるようになります。


人生を変える方法」でも記載しましたが、
考え方やマインドを変えることが、人生一番楽しくなります。

幸せマインド」を意識し、仕事にも人生にも常に
楽しい思考を見出すことが出来れば、
うまくいかない状態ですら楽しめるようになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「ちょっと手伝うから、早く終わってご飯にいくぺけ〜・・・・・・終わったぺけ〜」

ぺん子「相変わらず雑に仕上げたでしょ〜!これ課長から頼まれた新規の大事な案件なんだからね・・・・・ってちゃんと終わってる。こんなややこしい案件なのに何で??」

ぺんぺけ「おなかぺこぺこだぺけ〜〜」

ぺん子「ぺんぺけってひょっとして天才??」

は王「ぺんぺけはいかに早く仕事を終わらせるかに、仕事の楽しみを見つけているのかもしれない。とは言え、どんな理由であれ、楽しんで仕事に取り組むのはいい姿勢。大人になれば、大抵の人は人生の大半は日々の仕事に費やすことになるのだから、視点を変えて仕事に楽しみを見つけるのが一番幸せな人生に近付ける。嫌でもいいから、仕事を楽しむようにし、プライベートも楽しめれば、すぐにでも幸せな日々は訪れるだろう。これこそが、幸せマインドの始まりの一歩と言えるだろうな。」



 

うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
明日からまた仕事(仕事に対する考え方)
明日から仕事と思うと誰でも嫌になるものです。ここで一度、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール