生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

明日からまた仕事(仕事に対する考え方)

ぺん子「明日からまた仕事だと思うと、休日最後の夜も楽しめないわね。」

ぺんぺけ「細かいことは考えずにおいしいものを食べに行くぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけにとって仕事は大したことじゃないのかしら…」





仕事に対する考え方を変えてみる。。。


休みが終わって明日からまた仕事。
あなたは次の2つのどちらに当てはまりそうですか?

1.「明日からまた仕事。がんばろ!」
2.「明日からまた仕事。やだなあ。行きたくないなあ。」

さてどちらになったでしょうか。まあ、
1になる人はほぼいないとは思いますが。

朝のラッシュを見ると無表情の人が目について、
いかにもストレス溜まっていそうです。月曜や
連休明けに電車の人身事故があったりします。
ストレスのあまり極端な行動を取る人もいます。

今の仕事は頑張りがいがありますか?
それともあなたを苦しめるものでしょうか?

多くの人は会社勤めをしているでしょう。

会社は1日の3分の1以上を過ごす場所です。
休みが120日と考えると1年の3分の2は会社で
仕事をするわけです。

起きている時間を16時間としましょうか。そうすると、
起きている時間のうち、50%が会社に行っている
時間ということになります。

50%は2分の1くらい。

「仕事が嫌だ・・・」
「行きたくないけどしょうがないから行ってる」

と思うことは、起きている時間の2分の1を
どぶに捨てているようなものです。

その仕事、あなたがいないと本当に回らない
のでしょうか。あなたが辞めると会社は困るの
でしょうか?自分より会社の方が大切ですか?

この会社を辞めたら行き場がない、と思い
込んでいませんか?仕事はつまらないのが
当たり前。そう思っていませんか。

日本には失業保険もあるし、会社を辞めた
からといってすぐに貧困に陥らないシステムに
なっています。最悪、生活保護を受けるだけです。

そもそも仕事が嫌だ、というのは社会の風潮でも
あります。ストレスを感じると、人はストレスから
逃れる行動を取ります。

それが漫画やゲームや食事や旅行だったりします。
世の中の経済活動は、ストレス解消で回って
いる部分もあります。仕事が嫌いな人が多い
方が、経済にとっては都合がいいのです。

結論からいうとあなたが楽しく仕事をしよう!
って決めさえすれば楽しくなるし、こんな仕事
なんか私の仕事じゃない、と思いながら仕事を
していたら当然ストレスがたまります

多くの人は気付いていませんが、この選択は
自分でできます
。仕事がつまらないのではなく、
あなたが仕事をつまらなくしている。
つらいものとしてとらえている。それだけです。

仕事が嫌なら辞めたらいいです。
ただ、やめる前に最後だから
「仕事を楽しむ努力」をした方がいいです。

お世話になった人に、お礼の気持ちでするのです。
そのタイミングで仕事を楽しめるようになる人もいます。

人間関係が嫌で辞めたいと思っているなら、
よほどのブラック企業は別ですが、次の職場でも
同じようなタイプの人は現れます。

その人間関係を克服するのは人生の宿題です。
解決してからやめることをお勧めします。

自分の思いばかりとらわれると視野が狭く
なって辛くなります。「嫌な仕事を楽しめる私って
サイコー」くらいに思っておいた方がいいですね。

そうすると周りにそういう人が集まってきて、
明日の仕事が楽しみとはいかないまでも、
まだ楽になるでしょう。

とは言え、やはりどう考えても私のように会社の
仕事を楽しめない人もいます。

そんな時は綺麗ごと抜きで本気で仕事と向きあって
見るのもいいでしょう。

詳しくは「会社に行くのが嫌すぎる」の記事を
ご参考くださいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり明日からまた仕事だと思うと、飲みたくもなるし、どう考えても元気にはなれないわ。」

ぺんぺけ「明日何食べるかで既に悩んでいるぺけ〜」

ぺん子「相変わらず仕事はどうでもいいのね。」

は王「どう考えても明日からまた仕事と思うと辛いのであれば、先ほども紹介したが、”会社に行くのが嫌すぎる”の記事を読むといい。きっと本音で向き合うことができ、打開策も見つかるだろう。」



 

明日からまた仕事(仕事に対する考え方)関連ページ

仕事が辛い(辛かったら辞めてもいいのです)
仕事が辛かったら辞めてもいいのです。生きていくだけならこの日本そんなに困りません。幸せの基準を下げる所から始めて見ましょう。
仕事が出来ない(出来なくてもいいんです)
仕事を真面目に取り組むのは重要ですが、精神は楽に考えていきましょう。
仕事を覚えられない(目先のことより全体を見ましょう)
仕事は覚えるのではなく、習慣化するものです。そんなことより、全体を見て何が必要かとか、高い次元で物事見れれば、仕事覚えるとかそんなことは気にしなくなるかもしれません。
仕事を辞めたい(あなたは辞める人ではありません)
真に仕事を辞めなければならない人は、図太いバカか、職場の寄生虫なのです。あなたではありません!!
仕事がしんどい(辞めるかどうかを決める3つの判断)
仕事はえてしてしんどいものですが、そのしんどさがどういったものかによっては、転職も考えてみるのも良いと思います。
仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)
仕事で失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、極力失敗を避けるためにも、2つのことをまずは意識して見ましょう。
会社に行きたくない(連休最後の日の過ごし方)
本当に会社に行きたくない理由とは。小手先ではなく、もっと己を洗練させ、根本的な問題から解放するのです。
仕事がキツイ(仕事が乗り越えられなさそうな時)
きつい仕事が回ってきて、どうにも乗り越えられそうにない時もあります。そんな時、一旦自分の思考を見つめて見る良い機会かもしれません。
日曜日の夜(過ごし方より、考え方を変えましょう)
ブルーマンデ克服方法は日曜の過ごし方より、考え方にあるかもしれません。
職場に居場所がない(居場所は仕事に求めるのです)
職場に居場所がなくても仕事に居場所がある。それこそが、本来の職場の役割なのです。
なぜ働くのか(生活のため以外で考えて見よう)
人はなぜ働くのか。そこには「生活ため」以外に深いものが隠されているのかもしれません。
自分ばかりしんどい(全ては人ごとなのです)
自分がしんどいのも他の人にとっては人ごとなのかもしれません。愛と気持の割り切りをどうするか。
日曜の夜2(仕事と少し向き合って見ましょう)
仕事が楽になることこそ、日曜の夜のウツを解消する最大の秘訣かもしれません。
月曜の朝(根本的なことを見つめなおしてみましょう)
仕事が辛い。会社にいきたくない。いっそ辞めてもいいんです。
うまくいかない時(仕事がはかどらない時の対処法)
人生でうまくいかない時は、何度も訪れてくるものです。そこにめげるのではなく、いかにして日々の気持ちを楽にするか。そこに視点を向けてみましょう。
職場でイラッとした時(イライラに振り回されないためには)
仕事をしている以上イラッとくることは当然あります。しかし怒りにくい人がいるように、その時にどのように「自分に対応」するかで、後の仕事効率やその日の1日が大きく変わってきます。
仕事のストレス(人との関わり方を変えてみる)
働いている限り、仕事のストレスは永遠に付きまとうテーマです。時には逃避も必要ですが、一度ゆっくりと見つめなおして見るのも良いでしょう。
朝が来るのが怖い(根本的な理由を見つめよう)
夜に寝たら当然朝はやってきます。寝なくてもやってきますが、寝たらすぐに怖い朝がやってくるように感じます。根本的な理由を解決出来たら朝が来る恐怖から逃れらるかもしれません。
仕事に対する姿勢(考えの幅を広げる)
仕事に対する姿勢を変えることで、仕事の辛さを軽減することが出来るでしょう。
ロールモデル(ロールモデルにこだわりすぎない)
ロールモデルは探すものではなく、自然と見つかるもの。無理して探す必要はないでしょう。
仕事を楽しむ(強制されない働き方)
仕事を楽しむためには、楽しもうとする姿勢が一番大事かもしれません。
ミスとのうまい付き合い方(ミスをした時、伸びるタイプとは)
仕事でミスをするのは当然ですが、その時にどう対応するかで、伸びしろが大きく変わってきます。
新しい働き方もある(まずはその一歩から)
新しいものを求めるのであれば、一歩を踏み出す必要があります。
パニックを起こしてしまう時(負のエネルギーを断つ)
パニックからいかに早く回復するから考えてみましょう。
2番目を仕事にすること(好きと収入)
好きなことで生計を立てるのは理想に見えますが、大抵の人はそれができない人生を送っています。
いいアイディアが出ない時(潜在意識にオーダー)
良いアイディアは寝ている時に発揮されることがあります。
働きアリの法則(2:6:2の法則)
全ての人が精鋭になることは無理なのです。
気になる部分は早めに対応(確認を怠らない)
確認事項をきちんとすることで、仕事の辛さは軽減するでしょう。
自分を安売りしすぎない(客観的に見る)
自分を安売りせずに、適切な場面で働くことを心がけましょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール