生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

辛い過去(視点を変える)

ぺん子「辛い過去って時々思い出しては悲しいものよね。」

ぺんぺけ「美味しい食べ物は思い出しただけで、食べたくなるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけには辛いことなんてないもんね!」

ぺんぺけ「楽しみにしていた焼肉屋さんが閉まってたのは辛い過去だぺけ〜」





辛い過去のとらえ方を変えてみる。。。


つらい出来事は誰にでもあるものです。

大切な人が亡くなった時、いじめにあった時、
職場の人間関係、恋人と別れた時、
病気になってしまった時…

パナソニックを創業し世界的企業へと成長させた
松下幸之助は、成功の要因の一つに体が弱かった
ことをあげています。

調子のいい時は仕事をしていましたが、体調が悪い
ときは他の人に仕事を頼まざるを得ませんでした。

「すまないけど、このようにしてほしい。頼むよ」

と言えることが部下のモチベーションを上げ、
結果的に部下を育てることにつながったと言います。

生き生きとしている人は、過去のつらい経験を
自分の力にしています。人生最悪と思えるような
出来事でも、その経験が無駄であるかは自分が
死ぬ時になってやっとわかります。


だとしたら今、それを「いい」とか「悪い」とか判断するのは
何の意味もないことです。分からないなら、良い解釈を
した方がいいに決まっています。まずはつらい経験を
思い出してつらい気持ちにならないようにしましょう。

つらい過去の場面ほどよく覚えているものです。
しかも映像はカラー映像でその時の空気、相手の表情、
声の大きさ、トーン、自分の心の痛み。ふとした時に
思い出して、涙してしまう人もいるかもしれません。

その気持ちをやわらげる方法があります。まず
映画を見ているように自分の視点を変えることです。

その場面をモノクロで思い出しましょう。映像を
早送りしたり、巻き戻したり、サーカスのピエロの
BGMもつけてみましょう。

そして映像の大きさをどんどん小さくイメージします。
音も小さく、声も高くてよく聞き取れなくなっていきます。
その映像が点滅しているイメージをしましょう。

ここまでくるともうつらい感情はだいぶ弱くなっている
はずです。最後にその映像は消えてしまいます。

本当にこんな作業で変わるのかと思われるかもしれ
ませんが、思い出したとしても、テレビのワンシーンのように
感じられ、その感情に左右されることはなくなります。

こんなふうに言う人もいます。

母を亡くしたことは辛かったけど、そのつらさや悲しみを
和らげることは、母を忘れることになるからそうしたくない。

しかしお母さんは“あなたが悲しんでつらい状態”を
望んでいるのでしょうか。

大切なことは視点を変え、感情を変え、前に向かって
進んでいくことです。つらい経験があったのに、
そのようにする人は周りの人に元気を与えます。

雨の日があるから、日差しの温かさがありがたく感じられる。
つらいできごとがあったから、小さなことでも喜べるのです。

小さなことに喜べる人には喜びがやってきます。
まずは、嫌だと思う出来事の中に「感謝できること探し」
をして、心の免疫をあげていきましょう。

そうすることで、心の幸せを得ることができ、
幸せマインドを持てるようになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「事実は変えられないけど、印象を変えることで辛い過去も和らぐってことね。」

ぺんぺけ「焼肉屋は閉まってたけど、隣のお店がおいしかったからいいぺけ〜」

は王「どんな人にも辛い過去はあるが、それをいつまでも背負う必要なんて全くない。楽しい幸せな人生を歩むためには、視点を意識することが大切になってくるな。」



 

辛い過去(視点を変える)関連ページ

本当に楽になる為には(マインドを変えて見よう)
生きていく上で辛いことが多くありますが、その時にどういった考えをするのか。この記事で今後の人生が大きく変わるかもしれません。
胸が苦しい(前向き思考を習慣化しよう)
胸が苦しい時にどう対処していくか。当記事が少しでもお役にたてれば幸いです。
適当でいんです(どうなりたいかはあなたの考え次第です)
毎日毎日不安でしんどい。もっと楽に生きられないのか。それは、自分の考えと行動が大きく委ねてるのかもしれません。
折れない心(本当に強い心とは)
どんな状況でも心が折れない人はいるものです。そういった人たちが身につけている最強の習慣を会得しましょう。
心に響く言葉(言葉があなたを元気づける)
あなたが今落ち込んでいるのも、元気がないのも、良い言葉に出会えてないだけかも知れません。心に響く素敵な言葉は、あなたをもっと感動させるのです。
人生いいことがない(その思考からどう抜け出すか)
人生いいことがないと思っていれば、その願いは叶うでしょう。人生いいことばかりと思っていれば、その願いも叶うでしょう。
悩んでいることは(究極的には悩みは3つです)
悩みは人それぞれあります。どの悩みを抱えているより、どの「レベル」の悩みを抱えているのかなのです。
見込みの許容(受け入れることの重要性)
その人の期待度は、年齢により上がって行きます。あなたが、年いった段階で違う事をしたいなら、それなりの覚悟がいるでしょう。
意識していない人は存在しない(全てはあなたがどこに視点を置くかです)
同じような環境で生きていても、常に明るくポジティブな人、ネガティブな人などさまざまです。あなたはどこに意識して、どのようにそこで暮らしていくでしょうか。
ネガティブマインド(ポジティブばかりでは疲れます)
ポジティブマインドで生きることはとても重要ですが、いつもそればかりだと、精神が崩れてしまいます。ときにはネガティブマインドになる必要もあるのです。
落ち込んだ時(あなたの心が何を求めているのか)
生きていると落ち込むことは多いです。その状況でもすぐに立ち直る人がいるのも事実。彼らと自分とで一体何が違うのでしょうか。それは、対処の仕方かもしれません。
傷つきやすい性格(自分に自信をもてるか)
傷つきやすい性格の人は多いですが、人はそこまで考えて言葉を発していないことがほとんどです。
楽しいことがない(負の思考のループから抜け出そう)
楽しいことがないのは、思考の一種で物事には2面性があるの通常です。楽しい面を見つめる癖がつけば、今よりもっと楽しくなれるものです。
それでも落ち込んだ時(過去はやっぱり過去なのです)
人は誰でも落ち込みます。もちろん落ち込んでいても仕方がないと分かっていても、落ち込みます。いかにわりきって現在を生きられるか、そんな時に読んでみて下さい。
傷ついた時(傷ついた心を癒すには)
傷つくことは誰にでもあるでしょう。そんな時にそればかりを引きずっていては、健康な生活は送れません。そこからいかに素早く立ち直れるかを考え、実践してみましょう。
憂鬱の解消法(沈み続けることも又不可能)
人生生きているだけで辛いことはいっぱいあります。憂鬱な気分になることも多いでしょう。しかし、その思考は自分の中で膨らませているだけかもしれません。
気持ちの切り替え(より魅力的な自分)
「負」の感情をいつまでももっていても、人生は良い方向に向かいません。ちょっとしたコツですぐに平常心を取り戻すにはどうしたらいいでしょうか。
心を軽くする(心のコントロール)
自分の心はある程度自分でコントロールできます。それでしたら、少しでも心を軽くするようにコントロールしていくことが大切です。
人の言葉に傷つかない(受け止め方を変えよう)
社会人になり仕事をするようになっていきますと、いちいち人の言葉に傷ついていては仕事にならなかったりします。その対策を考えてみましょう。
ストレスフリー(ユーストレスとティストレス)
ストレスフリーになりたいのであれば、全てのストレスを良いストレスに変換していく必要があります。
心が沈む(本当の私とは)
心が沈んでいる時も、ウキウキしている時も、悲しんでいる時も、全て本当のあなたなのです。
思い込みの怖さ(一面だけで判断しない)
一面だけで判断すると思い込みの罠にはまってしまう時があります。
したたかな人(時にはしたたかに生きてみる)
したたかな人はマイナスイメージがありますが、実際はそうでもないこともあります。
受け流す(第三者視点)
日々の出来事を全て受け止めていれば、幸せとは程遠い生活になっていくでしょう。
何をやっても楽しくない(自分でどう考えるか)
楽しくないと思って日常を過ごしていると、何をやっても楽しめなくなります。
失敗したって、いいじゃない(失敗は人を深くする)
人は失敗から成長するもので、成功からは成長しないものです。
気持ちを素直に表現できますか(敵対せずただ素直に)
あなたは周りに合わすことなく、また敵対することもなく、ただ自分に素直になればいいのです。
手を当てる(触れることの効力)
人は触れられることで、不思議なパワーを得ることができます。その力を決してあなどってはいけません。
すぐに結果が出なくていい(あなたらしい人生とは)
あなたにはあなたのペースがありますから、それを乱さずあなたらしい人生を歩めばいいのです。
バランスが悪くて当たり前(常にバランス良くとはいきません)
人間心のバランスも能力のバランスも取れていなくて通常なものなのです。
五感を刺激する(思考停止を回復)
五感を刺激することで、思考の状態をよくすることが出来ます。
声を出して笑う(気の流れを変える)
笑うことで、自身の気持ちだけでなく、周りの空気も変えられます。
ポジティブ日記をつける(恵まれているかも)
日記をつけることで、自分は思った以上に恵まれていることに気づくことができるかもしれません。
落ち込んでしまったら(必ず這い上がれる)
落ち込んでも、つらくても、這い上がることはできます。
頑張りすぎる人(ショートは突然やってくる)
頑張りすぎてバタンとなることは、本当に突然やってくるものです。
後ろ向きには歩けない(前を向いて歩こう)
人は根本的に前を向いて進むようにできているものです。
心と体に柔軟性を(心と人生の余裕)
体をほぐすことで、気持ちにも余裕ができるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール