生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)


毎日毎日胸が苦しくなる。
幸せでなくてもいいから、せめて平穏に暮らしたい。






幸せは、毎日の行動で呼びこめるのです。。。

毎日毎日会社と家の往復。
家に帰ってもネットをするだけの生活。

週末も特に予定もなく、誰とも顔も合わさない…

たいして仕事が出来る訳でもない私は、
本当に人生の目標を見つけることも出来ず、
だらだらとした日々を過ごしていました。

もちろんこのままではいけないと思い、
自己啓発の本を多く読み、お金持ちになりたかったし、
幸せになりたいとどこかで願っていました。

そして、多くの自己啓発の本を読んで学んだのは、
お金持ちになっても幸せにはなれない。

幸せは心の中にあると言うことでした。

確かに本自体は良いことが書いてあるのですが、
どこか漠然としていて、イマイチ実感が
湧かなかったのです。

要するに全く行動出来ませんでした。

プラス思考を持てと言われても、現実はしんどいですし、
そんな言葉だけで、幸せになれるとは、到底
信じていない自分がいたのです。

毎回毎回プラス思考を持てと言われても、
しんど過ぎますし、実践しきれません。
数日は出来ても、「幸せになった感」が全くせずに、
結局は元の生活に戻っていました。

しかし、当サイトで何回か出てきますが、
とあるサイトでマインドを変えることの重要性を知り、
心を打たれて商材を買い、自分自身を変えることが出来ました。

結果的にこのサイトが誕生し、少しでも辛くて
しんどい思いをされてる人に、幸せな心を持つこと。
幸せマインドを持つことは簡単であることを、
知ってほしいと思うようになりました。

プラス思考を意識づけるために、
プラスの言葉を発していく。

人間と言うのはある程度で習慣づきますので、
プラスの言葉を発していき、それが習慣づけば
物事の良い面が見えてきて、プラス思考になり、
どんどんと幸せを引き寄せていくようになります。

毎日毎日、「幸せだ」と100回言ってみるのも、
とても効果的です。

「言葉は魔法」になって、自分の元に返ってきては、
「引き寄せの法則」によって、どんどんと心が幸せになり、
幸せマインドを持つことが出来ます。

自分自身を言葉で変えることで、
人生が辛い状況である自分を変えることが出来るのです。
少し専門的な言葉を使いますと、

パラダイムシフトをすれば現実を変えることが出来るのです。

パラダイムシフトとは現代では当たり前とされている
ような認識を変化させることです。

当たり前と思っている常識を疑うことで、どんどんと
人生を変えていくことができます。

パラダイムシフトをするには、毎日パラダイムシフトをする
ための音声を5分ほど聴くだけ。とても簡単です。

しかしここには落とし穴がありまして、
たとえ、毎日毎日プラスの言葉や幸せの言葉を聞いても、

こんなことしてても効果ないし。
やっぱりこんなことで、幸せなんてこないし。


どこか心の中でこう言ったことを考えてしまうと、
「引き寄せの法則」によって、辛い人生を引き寄せてしまいます。

そして、結局人は行動しないまま、
またいつもと変わらない生活に戻ってしまいます。

人は行動するのが一番難しいと言うことを改めて感じることになります。

私も「パラダイムシフトをすることで、現実を変えて、幸せマインド」を
持てるようになるまで、こんなにも自己啓発を読んでいるのですから、
相当行動しなかったことが言えます。

幸せになることは簡単なのですが、その為に行動する事が難しいのです。

どんなに優秀な自己啓発を読んで、幸せになる方法を知っていても、
実際に行動しなければ、なんの効果もありません。

ですので、まずは「行動する自分を創る」必要があります。

しかし、逆に言えば行動さえ出来れば、
幸せマインドを持つことはとても簡単です。

そのために、本ではなく、実践しやすい「オーディオ」を
お勧めさせて頂きます。

本で読むのと比べ、聴覚で入ってきますので、繰り返し
聞くことでどんどんと自分を変えることが出来ます。

また、通勤中や通学中も気軽に聞けますし、
勝手に音声で流れてきますので、繰り返し聞くことに
抵抗もありませんし、習慣化されやすいです。

石川遼も英語を覚えるために、「スピードラーニング」
を使っていますが、あれも「流して聞くだけ」をキャッチコピーに
しており、これは「なかなか行動しない人間の習性」に
とても理にかなった効果的な方法と言えます。

少しでも、辛い現状を変え、幸せマインドを創りたい人。
人生少しでも、楽しく生きていきたいと考えられる方は、
ぜひこのオーディオセミナーをご検討頂ければと思います。

セミナーと申しましても、毎日5分ほどの音声を
聴くだけの簡単なものになっています。

ご興味がある方は、下記リンクよりご購入頂ければと
思います。リンク先の文章は長いですので、
読まずに飛ばして頂いて問題ありません。

一番下の「今すぐ参加する!」の
ボタンをクリック頂ければと思います。

豪華特典をおつけしていますが、特典内容は
後ほどご紹介させて頂きます。

デイリーパラダイムシフト(会員サイトの特典付き)

幸せになるのは簡単。でも、行動するのが難しい。

当サイトでは幸せになるヒントを要所にちりばめています。
それが出来るようになったのも、「行動する」ことで、
「幸せマインド」を築いたからです。

どうか、当サイトから1人でも多くの方が、
辛い現状を脱し、幸せな思考を持てるように
なって頂ければと願っています。

デイリーパラダイムシフト(会員サイトの特典付き)

大丈夫。あなたならきっと出来ます!

なおデイリーパラダイムシフトは毎朝6時頃に
配信されるメールのURLをクリックして、5分ほど
音声を聞くだけの超簡単なものになっています。

これ以上に簡単にマインドを変える方法は、
今まで商材をいくつも買ってきた中でなかったので、
本当に自信をもっておすすめします。

何かご不明な点がございましたら、遠慮なくメール
下さいませ。質問に答えさせて頂きます。

なお豪華特典につきましては、別のページに
まとめておりますので、下記をご覧くださいませ。

デイリーパラダイムシフトの豪華特典



ぺんぺけ「毎日おいしい食べ物に囲まれて幸せだぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは本当に幸せマインドを持ってるのね!」

は王「本当に人生嫌になっていた私が、よくここまで変わることが出来たと今でも思う。幸せになるのは簡単だと言うことを、信じることが重要なのかもしれないな。」

デイリーパラダイムシフト(会員サイトの特典付き)











 

本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)関連ページ

言葉は魔法(自分に素敵な言葉をかけて見よう)
言葉を甘く見てはいけません。それは強大なパワーが宿った魔法なのかもしれません。
プラスの言葉を使おう(人間の順応性と習慣化の活用)
プラスの言葉を習慣化することにより、幸せなマインドが順応されていくでしょう。
見せかけの愛(有償の愛から無償の愛へ)
無償の愛。多くの人がこの道を進めますように。そう願って書かせて頂きました。
人生に失敗した(心の幸せを手に入れるには)
人生に失敗したのは、どの段階でそれを感じたからか。何を基準にそれを感じたのか。人生に成功するのも失敗するのもあなたが選べる選択肢なのです。
心の幸せ(今の環境をどう見るか)
現状をどう捉えるかで、幸福感は大きく異なります。人の欲は果てしないで、どこで足ることを知るかは重要です。
運の良さとは(それは身近にあったりします)
運がいい人も、運が悪い人もとなりあわせ。はたして両者の違いは何なのでしょうか。
無償の愛(善行は忘れましょう)
自分の行った善行や受けた善行は忘れましょう。無償の愛こそ、幸せに近づく王道なのです。
苛立ちを減らして見ましょう(苛立ちの思考パターンを変えて見よう)
今あなたが怒っていることも、あなたの思考のパターンがそうさせているかもしれません。
ポジティブマインド(前向きに物事を捉えてみる)
ネガティブな思考を持っていますと、どうしても悪い方向へ物事を考えてしまいます。これは一種の防御本能でもあるのですが、同時に可能性を狭めていることもあります。ポジティブな思考が習慣化されれば、あなたの人生は一気に変わるかもしれません。
人生にときめきを与える(元気の源とは)
いつも元気でいる秘訣は、刺激を与え続けることかもしれません。
些細な日常に感謝(当たり前に感謝しよう)
些細な日常に感謝することを忘れていると、失った時のダメージが大きくなることでしょう。
幸せとは何か(満たす幸せと満たされる幸せ)
幸せについて考え始めるときりがありませんが、ちょっとしたヒントを知り、幸せを意識すると見えてくるものがあるかもしれません。
生きることと死ぬこと(死はみんなに訪れてくる)
どうせいつか死ぬなら、生きている時くらいいっぱいの幸せを感じてみませんか?
巡り巡って返ってくる(良くも悪くも返ってくる)
人が行ったことは波動を生じ、善い行いも悪い行いもすべてなんらかの形で自分に返ってくることになります。
感謝して愛する(愛することを諦めない)
感謝して愛することで、人をどんどん幸せにすると同時に、自分も幸せになっていきます。
関心を持つ(充実した生活を過ごすために)
色々なことに関心をもち、常にアンテナを高く張ることで、生活は充実するものです。
幸せはここにある(幸せは今現在あるのです)
幸せは遠くにあるものではなく、今ここにあるものなのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール