生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

心に響く言葉(言葉があなたを元気づける)

ぺん子「また仕事でミスするし、怒られるし、最近落ち込みっぱなしだわ〜」

ぺんぺけ「大丈夫、何とかなるぺけけ〜!」

ぺん子「何でそんないつも楽観的なのよ!こんなにへこんでいるというのに!」

ぺんぺけ「ちょっと仕事手伝うぺけけ〜」

ぺん子「えっ、あっ、ありがとう・・・」





大丈夫。きっとあなたはうまくいく!


落ち込んだ時、こんなことを考えてませんか。
  • こんなこと気にしてもしょうがない。
  • あー、もう。ぐずぐずしている暇はないのに。
  • はーあ。なんでこんなことに・・・。
落ち込んだ時、友達や恋人に励ましてもらったり、
慰めてもらったりすると、ほっとしますよね。

タイミングよく慰めてくれる人や励ましてくれる人が
いればいいのですが、現実にはそうではない時もあります。

それに、相手は励ましているつもりなのに、自分の気持ちと
違うあまり、相手を拒絶してしまったり…

人の気持ちは一筋縄ではいかないものです。

でも、自分の心の引き出しに普段から、
「心に響く言葉」を入れてストックしておくと、
いざというときに役に立ちます。

心に響く言葉は心のサプリメント。

普段から気づいた言葉はメモしておいて、
落ち込んだときに見たり、きれいな紙に書いて飾っておくと
いい感じになります。

心に響く言葉・・・と言えば、相田みつをさん。
つまづいたって
いいじゃないか
にんげんだもの
  みつを

つまづいたときに不安な気持ちを
ふわっと受け止めてくれそうな感じがします。

落ち込んだときでも、心に響く言葉を見ると
気持ちが落ち着いたり、切り替えられたりします。

いくつか紹介します。

エネルギーチャージしたい時には松岡修造さんの名言をどうぞ。
崖っぷちありがとう!最高だ!

大橋巨泉さんのこんな名言はいかがでしょう。
集団の真ん中にいたら、絶対にダメだ。
どうせなら、ビリを走れ。

時代の風が逆から吹いたら、自分がトップに立てる。

もうだめだ!と思った時の逆転の発想!
同じ状況でも、見方を変えることによって解決方法が
浮かんだりするものです。

恋愛で悩んだ女心を癒すには瀬戸内寂聴さん。

人は所詮一人で生まれ、一人で死んでいく孤独な存在です。
だからこそ、自分がまず自分をいたわり、愛し、
かわいがってやらなければ、自分自身が反抗します。

瀬戸内さんは、仏門に入る前に
不倫、駆け落ち、離婚など壮絶な恋愛体験をされています。

その経験が生きて、小説となり、説法となり
今の寂聴さんがあるのですね。

心に響いた言葉があったら、言葉だけでなく、その人自身
についても調べるといいと思います。

どのような気持ちの時、どのような状況の時言った言葉なのか・・・

意外と自分と似た状況だったのかもしれません。

世の中には自分より苦労しているのに、
それをポジティブに考えて、成長の糧にして生きている人もいます。


そんな人の言葉に力をもらって、いずれは、
お返しできるようになれたらいいなぁ、と私は思います。

たった一言で、笑わせることも、喜ばせることも、
感動を与えることもあれば、

怒らせたり、悔しがらせたり、
嫌な気分にさせたりすることもできます。

言葉にはその人の思いがこもっています。

心に響く言葉をたくさん集めて見てください。
そして、たくさん使ってください。

いつの間にか、励まされた言葉のように
素敵な自分になっていることに、きっと気づけると思います。


そして、幸せマインドを持つことに一歩ずつ近付いて見て下さい。

心に響く言葉、あなたが元気になる言葉を、多く集められれば
集めるほど、あなたの心の気持ちはずっと楽になって行くのです。



スポンサーリンク



ぺんぺけ「仕事、終わったぺけ〜!ご飯食べにいくぺけけ〜!」

ぺん子「ってぺんぺけ、まだ15分しかたってないわよ。手伝うならもうちょっと手伝ってよ・・・
って全部終わってるw(゜ー゜;)w。しかも相変わらず完璧!何で!?」

ぺんぺけ「なんとかなるぺけけ〜。行くぺけけ〜。」

ぺん子「なんとかなるか〜!結構良い言葉だよね。ぺんぺけがいると本当にそう思えてくるわ。」

ぺんぺけ「なんか言ったぺけか??」

ぺん子「"((_- )( -_))" ウウン。何でもないわ。いこっかご飯。」

は王「あなたは、自分を幸せにする言葉をいくつ持っているのか。”大丈夫”、”何とかなる”、”大好きだよ”。あなたは、多くの愛のある言葉を自分に与え続ければいい。そんなあなたを幸せにするために、当サイトは生まれたのだから。」



 

心に響く言葉(言葉があなたを元気づける)関連ページ

本当に楽になる為には(マインドを変えて見よう)
生きていく上で辛いことが多くありますが、その時にどういった考えをするのか。この記事で今後の人生が大きく変わるかもしれません。
胸が苦しい(前向き思考を習慣化しよう)
胸が苦しい時にどう対処していくか。当記事が少しでもお役にたてれば幸いです。
適当でいんです(どうなりたいかはあなたの考え次第です)
毎日毎日不安でしんどい。もっと楽に生きられないのか。それは、自分の考えと行動が大きく委ねてるのかもしれません。
折れない心(本当に強い心とは)
どんな状況でも心が折れない人はいるものです。そういった人たちが身につけている最強の習慣を会得しましょう。
人生いいことがない(その思考からどう抜け出すか)
人生いいことがないと思っていれば、その願いは叶うでしょう。人生いいことばかりと思っていれば、その願いも叶うでしょう。
悩んでいることは(究極的には悩みは3つです)
悩みは人それぞれあります。どの悩みを抱えているより、どの「レベル」の悩みを抱えているのかなのです。
見込みの許容(受け入れることの重要性)
その人の期待度は、年齢により上がって行きます。あなたが、年いった段階で違う事をしたいなら、それなりの覚悟がいるでしょう。
意識していない人は存在しない(全てはあなたがどこに視点を置くかです)
同じような環境で生きていても、常に明るくポジティブな人、ネガティブな人などさまざまです。あなたはどこに意識して、どのようにそこで暮らしていくでしょうか。
ネガティブマインド(ポジティブばかりでは疲れます)
ポジティブマインドで生きることはとても重要ですが、いつもそればかりだと、精神が崩れてしまいます。ときにはネガティブマインドになる必要もあるのです。
落ち込んだ時(あなたの心が何を求めているのか)
生きていると落ち込むことは多いです。その状況でもすぐに立ち直る人がいるのも事実。彼らと自分とで一体何が違うのでしょうか。それは、対処の仕方かもしれません。
傷つきやすい性格(自分に自信をもてるか)
傷つきやすい性格の人は多いですが、人はそこまで考えて言葉を発していないことがほとんどです。
楽しいことがない(負の思考のループから抜け出そう)
楽しいことがないのは、思考の一種で物事には2面性があるの通常です。楽しい面を見つめる癖がつけば、今よりもっと楽しくなれるものです。
落ち込んだ時(過去はやっぱり過去なのです)
人は誰でも落ち込みます。もちろん落ち込んでいても仕方がないと分かっていても、落ち込みます。いかにわりきって現在を生きられるか、そんな時に読んでみて下さい。
傷ついた時(傷ついた心を癒すには)
傷つくことは誰にでもあるでしょう。そんな時にそればかりを引きずっていては、健康な生活は送れません。そこからいかに素早く立ち直れるかを考え、実践してみましょう。
憂鬱の解消法(沈み続けることも又不可能)
人生生きているだけで辛いことはいっぱいあります。憂鬱な気分になることも多いでしょう。しかし、その思考は自分の中で膨らませているだけかもしれません。
気持ちの切り替え(より魅力的な自分)
「負」の感情をいつまでももっていても、人生は良い方向に向かいません。ちょっとしたコツですぐに平常心を取り戻すにはどうしたらいいでしょうか。
心を軽くする(心のコントロール)
自分の心はある程度自分でコントロールできます。それでしたら、少しでも心を軽くするようにコントロールしていくことが大切です。
人の言葉に傷つかない(受け止め方を変えよう)
社会人になり仕事をするようになっていきますと、いちいち人の言葉に傷ついていては仕事にならなかったりします。その対策を考えてみましょう。
ストレスフリー(ユーストレスとティストレス)
ストレスフリーになりたいのであれば、全てのストレスを良いストレスに変換していく必要があります。
体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)
いかに体が健康でも、心が健康でなければウツになります。両方の健康を意識していきましょう。
心が沈む(本当の私とは)
心が沈んでいる時も、ウキウキしている時も、悲しんでいる時も、全て本当のあなたなのです。
思い込みの怖さ(一面だけで判断しない)
一面だけで判断すると思い込みの罠にはまってしまう時があります。
したたかな人(時にはしたたかに生きてみる)
したたかな人はマイナスイメージがありますが、実際はそうでもないこともあります。
受け流す(第三者視点)
日々の出来事を全て受け止めていれば、幸せとは程遠い生活になっていくでしょう。
辛い過去(視点を変える)
辛い過去を思い出しては苦しんでいるようでは、いつまでたっても幸せな人生は訪れないでしょう。
何をやっても楽しくない(自分でどう考えるか)
楽しくないと思って日常を過ごしていると、何をやっても楽しめなくなります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール