生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

ストレスフリー(ユーストレスとティストレス)

ぺん子「ストレスフリーな生活なんて夢のまた夢って感じね。」

ぺんぺけ「食べている間はストレスフリーだぺけ〜」

ぺん子「ずっと食べている訳にもいかないでしょ!」





ストレスフリーになる心構えとは。。。


生きている以上、ストレスを感じることは避けられません。
でも、できるだけ少なくしたいですよね。

ストレスを感じる場面は多々ありますが、
最も大きい理由の1つに、
「自分がいちばん正しい」
と思っていることが挙げられます。

誰もが「自分はいちばん正しい」と思ってコミュニケーションを
とります。自分が正しい、と思っているので相手が自分の
考えに従わない時に嫌な感情を感じるのです。

ストレスを与える人、出来事を「ストレッサー」と言います。
ストレスには2種類あります。
  • ユーストレス
  • ディストレス
です。

ユーストレスとは克服することで自分が成長したり、
達成感やポジティブな感情を感じられるストレスです。

ディストレスとは嫌な感情を感じさせ、
自分の行動を狭めるストレスです。

直面したストレスをユーストレスにするか、
ディストレスにするかは人によって異なります。

あなたがディストレスと感じても、他の人はユーストレスとして
感じることもあれば、その逆のパターンもあります。

たとえば、英語の授業で外国人の先生が来ることが決まった時
英語の得意な生徒は

「緊張するけど、ネイティブと話せばもっと上達するかも」
(ユーストレス)

苦手な生徒は
「普段の授業でさえついていけないのに…どうしよう。」
(ディストレス)

といった具合です。

あなたは喜怒哀楽といった感情を自分で決めていますか?
それとも、状況に左右されてしまうでしょうか。

同じ出来事でもユーストレスとして対処している人が必ずいます。
全ての出来事をユーストレスとして対処することもできるのです。

もし全ての出来事をユーストレスとしてとらえることが
できたら、どんなことが起こるでしょうか。

ディストレスとして感じてはいけないというわけではありません。

人間であれば誰でも過ちを犯してしまいます。
生きていればつらいことも嬉しいことにも直面します。
そう感じるのは当然のことです。

辛いとき、苦しいとき、「自分が○○だから…」と考えるのは、
今すぐやめてください。あなたはまじめすぎるのです。

周りの人に猫をかぶったあとには、独りになって
「だって、人間だもん!」と開き直ることも必要です。

開き直った後でまた考えればいいのです。
今いるところがすべてでもありません。

周りの人の意見が最善かどうかもわかりません。
でも自分で決めたことであれば、なんとか対処できるものです。

ストレスを避けたり耐えたりするのではなく、味方にするスキルを
持てたらどんなことが起こっていくでしょうか。
そろそろ新しいストレス対処法を考える時なのかもしれません。

それでもストレスフリーになれず苦しい時は、
本当に楽になる為には」の記事もご参考下さいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「ストレスフリーになるためには、まずはポジティブな心構えから必要になりそうね。」

ぺんぺけ「今日は何食べるかぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは最初からストレスフリーみたいね。」

は王「何事も心の持ちようと言うし、物事には2面性があるから、ストレスを感じた時に”自分の成長や良い経験”と思うなどの、ユーストレスに出来るだけ変えていくことが出来たら、ストレスフリーの生活にも近づけるだろうな。」



 

ストレスフリー(ユーストレスとティストレス)関連ページ

本当に楽になる為には(マインドを変えて見よう)
生きていく上で辛いことが多くありますが、その時にどういった考えをするのか。この記事で今後の人生が大きく変わるかもしれません。
胸が苦しい(前向き思考を習慣化しよう)
胸が苦しい時にどう対処していくか。当記事が少しでもお役にたてれば幸いです。
適当でいんです(どうなりたいかはあなたの考え次第です)
毎日毎日不安でしんどい。もっと楽に生きられないのか。それは、自分の考えと行動が大きく委ねてるのかもしれません。
折れない心(本当に強い心とは)
どんな状況でも心が折れない人はいるものです。そういった人たちが身につけている最強の習慣を会得しましょう。
心に響く言葉(言葉があなたを元気づける)
あなたが今落ち込んでいるのも、元気がないのも、良い言葉に出会えてないだけかも知れません。心に響く素敵な言葉は、あなたをもっと感動させるのです。
人生いいことがない(その思考からどう抜け出すか)
人生いいことがないと思っていれば、その願いは叶うでしょう。人生いいことばかりと思っていれば、その願いも叶うでしょう。
悩んでいることは(究極的には悩みは3つです)
悩みは人それぞれあります。どの悩みを抱えているより、どの「レベル」の悩みを抱えているのかなのです。
見込みの許容(受け入れることの重要性)
その人の期待度は、年齢により上がって行きます。あなたが、年いった段階で違う事をしたいなら、それなりの覚悟がいるでしょう。
意識していない人は存在しない(全てはあなたがどこに視点を置くかです)
同じような環境で生きていても、常に明るくポジティブな人、ネガティブな人などさまざまです。あなたはどこに意識して、どのようにそこで暮らしていくでしょうか。
ネガティブマインド(ポジティブばかりでは疲れます)
ポジティブマインドで生きることはとても重要ですが、いつもそればかりだと、精神が崩れてしまいます。ときにはネガティブマインドになる必要もあるのです。
落ち込んだ時(あなたの心が何を求めているのか)
生きていると落ち込むことは多いです。その状況でもすぐに立ち直る人がいるのも事実。彼らと自分とで一体何が違うのでしょうか。それは、対処の仕方かもしれません。
傷つきやすい性格(自分に自信をもてるか)
傷つきやすい性格の人は多いですが、人はそこまで考えて言葉を発していないことがほとんどです。
楽しいことがない(負の思考のループから抜け出そう)
楽しいことがないのは、思考の一種で物事には2面性があるの通常です。楽しい面を見つめる癖がつけば、今よりもっと楽しくなれるものです。
落ち込んだ時(過去はやっぱり過去なのです)
人は誰でも落ち込みます。もちろん落ち込んでいても仕方がないと分かっていても、落ち込みます。いかにわりきって現在を生きられるか、そんな時に読んでみて下さい。
傷ついた時(傷ついた心を癒すには)
傷つくことは誰にでもあるでしょう。そんな時にそればかりを引きずっていては、健康な生活は送れません。そこからいかに素早く立ち直れるかを考え、実践してみましょう。
憂鬱の解消法(沈み続けることも又不可能)
人生生きているだけで辛いことはいっぱいあります。憂鬱な気分になることも多いでしょう。しかし、その思考は自分の中で膨らませているだけかもしれません。
気持ちの切り替え(より魅力的な自分)
「負」の感情をいつまでももっていても、人生は良い方向に向かいません。ちょっとしたコツですぐに平常心を取り戻すにはどうしたらいいでしょうか。
心を軽くする(心のコントロール)
自分の心はある程度自分でコントロールできます。それでしたら、少しでも心を軽くするようにコントロールしていくことが大切です。
人の言葉に傷つかない(受け止め方を変えよう)
社会人になり仕事をするようになっていきますと、いちいち人の言葉に傷ついていては仕事にならなかったりします。その対策を考えてみましょう。
体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)
いかに体が健康でも、心が健康でなければウツになります。両方の健康を意識していきましょう。
心が沈む(本当の私とは)
心が沈んでいる時も、ウキウキしている時も、悲しんでいる時も、全て本当のあなたなのです。
思い込みの怖さ(一面だけで判断しない)
一面だけで判断すると思い込みの罠にはまってしまう時があります。
したたかな人(時にはしたたかに生きてみる)
したたかな人はマイナスイメージがありますが、実際はそうでもないこともあります。
受け流す(第三者視点)
日々の出来事を全て受け止めていれば、幸せとは程遠い生活になっていくでしょう。
辛い過去(視点を変える)
辛い過去を思い出しては苦しんでいるようでは、いつまでたっても幸せな人生は訪れないでしょう。
何をやっても楽しくない(自分でどう考えるか)
楽しくないと思って日常を過ごしていると、何をやっても楽しめなくなります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール