生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)

ぺん子「なかなかみんなから好かれるのって難しいことね!」

ぺんぺけ「食べ物に愛されればいいぺけ〜」

ぺん子「動物食べていると、恨まれるかもよ!」

ぺんぺけ「ちゃんと供養するぺけけ〜」





あなたが好きな人と一緒にいよう。。。


人から嫌われることは、怖いですか。

見えないところで何を言われるか分からないし、
仕事だってスムーズにいかないかもしれない。
グループで遊びにいっても、仲間はずれにされる
かもしれないし、学校にも行きにくくなるかもしれない…

人から嫌われないように、「いい人」を演じすぎては
いませんか?本当は嫌なことでも、笑顔で引き受けて
しまったりしていませんか?

はっきり言いましょう。
100%の人に好かれることはムリです。

たとえどんなに素晴らしい人でも、どんなに才能が
あっても、アイドルのようにかわいくても、スポーツが
できても、どれだけボランティアに精を出したとしても、

100%の人に好かれることはムリです。

考えてみてください。世界平和を謳って、たくさんの
人に尊敬されているジョン・レノンやマザー・テレサだって、
100%の人に好かれることはできないのです。

キリストだって、石を投げられるのです。
ブッダだって、罵声を浴びせられることがあるのです。

だとしたらごくごく「普通」の私たちに、
100%の人に好かれることなどできるわけがないのです。

本を読むのが大好きで「ガリ勉」って言われたって、
新しいプロジェクトを提案して「そんなに出世したい
のかねぇ…」なんて嫌味を言われたって、女子会を
断りつづけて誘ってもらえなくなったって、必ずあなたを
ほめてくれる人、気に入ってくれる人はいるんです。

「100%の人に好かれること」

そこを目指してもやはり、「八方美人」「信用できない」
と思われてしまうでしょう。

「誰にも嫌われないこと」

いくら頑張っても、ゴールはない。頑張れば頑張るほど、
報われない虚しさは増していくでしょう。

100%の人に好かれることで、自分は何がしたいのか?

「悪く言われない」
「波風立てない」
「居場所をなくさない」
「仲間はずれにならない」など…

よくよく考えてみると、そこにはワクワクするような、
楽しいゴールはないですよね。

だとしたらもう、100%の人に好かれることはムリ
だと割り切って、自分の好きに生きたらいいのでは
ないでしょうか。

憧れの異性に近づきたければ、どんどん話し
かければいい。アニメが大好きでオタクだって
言われてもいい。

同僚のランチを断ってお弁当を持っていくのもいいし、
日曜には一人ぼっちで映画に行くのもいい。

ただし群れる人々を馬鹿にすることもなく、
けんか腰になることもなく、相手が困っている
ときに手伝ってあげること。

そうすれば100%の人に好かれることはムリでも、
100%の人に嫌われることもまたないでしょう。

どうか「誰かに嫌われること」を怖れることなく、
自分のやりたいことをしてください。

自分のやりたいことをしていれば、その楽しそうな
様子はまわりの人たちに伝わります。
今よりもっと、気の合う人が寄ってくるかもしれません。

100%の人に好かれようとすること。
それは、あなたを窮屈にするでしょう。

100%の人に好かれるのはムリと思うこと、
それはあなたをちょっとだけ、自由な気持ち
させてくれることでしょう。

どうか風通しのいい、人間関係を築いていってくださいね。

人間関係をよくすることは、幸せマインドを手に入れる
重要なことの1つでもあります。


スポンサーリンク



ぺん子「全ての人に好かれることを目指すのではなく、好きな人と一緒にいる時間を長く作りたいわね。」

ぺんぺけ「全ての食べ物を愛するようにするぺけけ〜」

は王「人生過ごしていく中で人のことについての悩みは永遠につきものだが、なるべく気疲れしないように過ごしていきたい所ではあるな。」



 

100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。
タイプの違いを認める(人それぞれの価値観)
人の意見を真っ向から否定すると、対立する人が増えていくことになるでしょう。
謝れる人になる(流れを切り替えられる)
色々言わずに謝ることで、スムーズにいくことも多いでしょう。
相談相手を選ぼう(近すぎる人を避ける)
相談内容も相手との関係によって主観が大分はいるのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール