生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)

ぺん子「約束を守られないことって多いし、人って信用できないものだわ。」

ぺんぺけ「食べ物は裏切らないぺけ〜」

ぺん子「美味しいと評判のお店がおいしくなかったらどうするの?」

ぺんぺけ「3時間立ち直れないぺけ〜」





人は自分の都合で生きてはいない。。。


人を信用できない人がいます。

人付き合いが上手、苦手に関係なく、
根本的に人を信用できない人がいるのです。

「いくら仲の良い友人でも、恋人ができたらどうせ離れてしまう…」

「一緒に仕事を立ち上げた仲間でも、
 お金がからむと必ずトラブルが起きるんだよな…」

「人なんて結局、自分のことしか考えてないんだよね…」

なんていうように。

ですが裏返してみると、人を信用できない人はどこかに
甘えがあるのです。

「友人は何があっても、絶対に私を裏切ってはいけない」
「私を失望させてはいけない」
「私のことをいつも忘れてはいけない」

というような…。

人は誰でも、自分自身の人生を生きています。ですから、
年がら年中あなたに合わせて行動することはできません。

そしてそれは、相手が不誠実だということではないのです。

自分自身の人生を生きるとき、周囲の人には冷たいと
映ることもあるでしょう。

仕事に夢中で、何ヶ月も一緒に飲みに行けないとか、
恋人ができたらデートばかりで遊んでもらえなくなったとか、
写真旅行にハマったら、今までよく行っていたコンサートや
美術館に全然つきあってくれなくなったとか、自分より
仲の良い友人ができて、あまり話が合わなくなったとか…

だけどそれは、相手が相手の人生をしっかり生きている
ことでもあるんです。

人は変わっていくものですから、仕事が変われば、
交友関係が変われば、趣味が変われば、自然と
あなたから離れていくことだってあるでしょう。

そしてそれは決して裏切りではないのです。

相手にとっては、変化や成長だったりするかもしれない
のです。あなたが人を信用できないときは、自分自身を
見つめなおすチャンスです。

あなた自身が自分の人生をしっかり生きて、自立すること。
相手に優しくしてもらうことを求めずに、自分が今できることを
考えること。

そうすれば人を信用できないなんて言っている暇はなくなる
ことでしょう。

あなたが仕事に、他の交友関係に、趣味に、ボランティアに、
家事に、遊びに夢中になることができたなら、相手に
無理に合わせようとはしないはず。

たまたまタイミングがあえば、好みがあうならば、
一緒の時間を楽しむことができるようになるのです。

あなたが自分自身の人生を思い切り楽しんでいるならば、
相手がもしあなたの悪口を言っていたとしても、
あまり気にならないでしょう。

相手と距離をとるなり、縁を切ったりするだけの話です。

相手がもし貸したお金を返してくれないというのなら、
二度と貸さないと決めればいいのです。
返すまでは会わないと決めてもいいのです。

相手がもし、別の恋人に二股をかけていたというのなら、
取り戻すか、別れるか、自分がどうしたいかを決めて
行動するだけです。

人を信用できないという人は、まずは自分の人生を
しっかりと生きること。そうすれば、他の人が何をするか、
どう行動するかはあまり気にならなくなるでしょう。

相手に振り回されることなく、適度な距離を保って、
つきあっていけるようになるでしょう。

そういう穏やかな生き方は、当サイトが目指す
幸せマインドに近いと言えます。


スポンサーリンク



ぺん子「人には人の人生がある以上、自分が都合のいいことばかり求めてたらダメってことね。」

ぺんぺけ「やっぱりおいしいお店は行列が出来るぺけ〜」

ぺん子「穴場のお店もあったりするものよ。」

は王「約束をすぐに破る人もいれば、約束に重きを置いてない人もいる。また環境が変われば人も変わるものなので、そういうもんだと割り切ることも、精神上いいかもしれないな。」



 

人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール