生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)

ぺん子「今日も難しい仕事がきちゃって嫌になっちゃう。何でこんな損な役目ばかりあうんだろう。」

ぺんぺけ「いっぱい働いたから、晩御飯がさらにおいしくなるぺけ〜。定時になったから行くぺけけ〜」

ぺん子「この案件ややこしいから、ちょっと助けてよ〜ってぺんぺけに言っても仕方ないか…」

ぺんぺけ「見せて見るぺけ!・・・・・終わったぺけ〜」

ぺん子「ちょっと人のだからって適当にやらないで・・・・えっ、なんかいい感じで仕上がってる。えっどゆこと?」

ぺんぺけ「ご飯行くぺけけ〜」





言葉は思考をも変える力を持っています。。。


他人との付き合いを考える時にとても重要な考えが1つあります。
それは前向きな言葉です。

人は自分の愚痴やマイナス面に共感してほしいと言う
習性を多かれ少なかれ持っています。

ですので、つい口を開けると後ろめたい、暗い言葉ばかり
発する人もいますが、それではいつまでたっても幸運は巡ってきません。

言葉は魔法」でもご説明しましたが、
言葉と言うのはが宿っています。

人は明るい人や元気な人に自然と惹かれていく傾向があります。
ですので、人付き合いを上手にしていくコツの一つは明るいキャラに
なる所にあります。

とは申しましても、いきなり明るいキャラクターになったり出来るものでは
ありません。ですが、心が明るくなれば自然と中身も明るくなります。

その為に簡単に出来る方法は、前向きな言葉イメージすることです。

悪いことがおこった時に無理やり、前向きな言葉を発するのに
違和感がある場合は、日常のことやちょっとした幸運が訪れた時に
意識してみましょう。

「簡単な所では、今日もご飯にありつけることが出来てありがとう!」

「電車は遅れたけど、無事に家に帰れて良かった。」

「人に親切にすることが出来たし、そんな自分を好きになろう。」

何でも結構です。プラスのイメージで声に出さなくても、
前向きな言葉を意識し続ける。

それを習慣づけるだけで、随分と内面が明るくなり、
自然と外見も明るく、少なくとも”感じよく”見えてくるものです。

人が寄るようになってきますと、自然とそれだけで明るくなって
いったりするものです。

人付き合いを良くしていきたいにしても、
ネガティブでなく、少しでもポジティブな自分になりたければ、
まずは簡単に出来る習慣、「前向きな言葉を意識する」を
実践していって頂ければと思います。

言葉を意識するだけで変えられるんですから、本当に
簡単なことと思います。

もっともっと根本的に自分のネガティブな部分を変えて見たい。
もっともっと夢に向かって生きて見たい。自分を変えて見たいと言う
想いが強いのでしたら、「人生を変える方法」も
ご参考頂ければと思います。

いずれにしても重要になってくるのはマインドの持ち方です。
明るい前向きな、幸せマインドを持ちたいのであれば、
まずは言葉を意識することから始めて見ましょう。

本格的に幸せマインドを持って見たい方は、
本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)」もご参考下さいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「難しい案件が回ってくるってことは、期待されてることって思うようにしよっと!」

ぺんぺけ「どんどん大量にまわすぺけ〜」

ぺん子「ちょっと私帰れなくなっちゃうじゃないのよ!」

ぺんぺけ「その分仕事の後の一杯がおいしくなるから大丈夫だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけって飲めたっけ??」

ぺんぺけ「ぺけ〜だぺけ〜」

ぺん子「なんかいつもそこごまかされてる気がするわね…」

は王「嫌な気分になることが多い人はやっぱり、前向きな言葉を発するのが良いかも知れないな。その為には出来るだけ明るいポジティブな人を観察してみるのもよいだろうな。」



 

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)関連ページ

友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール