生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人間関係の悩み(人は違うもの)

ぺん子「人間関係の悩みって尽きないものね。」

ぺんぺけ「気にしないのがいいぺけ〜」

ぺん子「確かにそうだけど、どうしても馬が合わない人がいると気になるのよね。」





人間関係の悩みの理由を知ろう。。。


人間関係に悩んでいる人はいませんか。
職場、家族、恋人、友達、人は一人ひとり性格が
違うから対処法も人それぞれ。

人間関係は悩みごとのトップに入っています。

でもあなたの周りに、
「あの人はどうして好かれるんだろう?」
「どうして人間関係がうまいんだろう?」
という人がいると思います。

すべての人に同じようにやさしく接しなさい。
愛される人になりなさい。
と子供に言ったり、自分もそうなりたいと思います。

でも付き合いやすい人と付き合いにくい人って
やっぱりいます。人には相性というものがあります。

人間関係で悩んでしまうのはなぜでしょう。
それは自分の発言が相手に誤解されたり、
相手の発言に傷ついたりしてしまうからだと思います。

要するにコミュニケーションがうまくいかない、
ということだと思います。

ではうまくコミュニケーションをとるにはどうするか。
それは、相手の話をきちんと聞くこと。
忘れがちなことは、自分の当たり前がほかの人の
当たり前ではない
ということです。

人と接すると、否応なしに気づかされます。たとえば…
交際相手の家の衛生観念が自分の家と全く異なる、
相手が食事の時音を立てて食べるのが嫌…
などはよく聞く話ですよね。

ですからいつも「自分の世界がすべてではない。
自分の当たり前は相手にとって非常識…かもしれない」
と頭のすみっこにおいておくことです。

そうした上で話をすると、予想外の答えにも
腹を立てなくて済みます。また、人は話を聞いて
もらいたいもの。特に女性は悩みを聞いてもらって
いるうちに、解決策が浮かんだりしますね。

聞き上手はコミュニケーション上手。
つまり相手の話をそれぞれがよく聞けば、
人間関係はうまくいくはずです。

聞き方にはいくつかコツがあります。

よ・く・あ・せ・か・き

です。

よ、は“ようするに”。相手の話をまとめて、考えを整理してあげること。

く、は“繰り返し”。相手の発言をそのまま繰り返すこと。

あ、は“相槌”。相槌を打ってもらうと話しやすいですよね。

せ、は”積極的”に質問すること。「それでどうしたの?もっと聞きたい!」という態度です。

か、は”感情”の共有。繰り返し、とも重なる部分です。

き、は”共感”。相手の話に共感することです。

意外に感じられるかもしれませんが、
コミュニケーション能力を高める秘訣は
自分の中の本音と建て前を仲良くさせることです。

自分のことを受け入れた分だけ、
相手を受け入れるキャパシティも広くなるんです。


疲れた時、腹が立った時必要なのは、他人に話を
聞いてもらうことではなく、自分の中で

「あんなことされたんだもん、腹が立つのは当然だよ。」
「頑張ってるね。お疲れ様。」

と自分の感情をケアしてあげることです。
そうしたら、不平、不満が少なくなって、いつも明るい
あなたになれます。

そんな人には不思議と親切な人が集まってきます。
人間関係の悩みも減ってくるでしょう。

人間関係の悩みが減ることで、また1つ幸せに近づく
ことが出来るようになります。


スポンサーリンク



ぺん子「人間関係にグチグチ言わない人は自然と良好な人間関係が築けるってことね。」

ぺんぺけ「おいしいものをみんなで食べて仲良くなるぺけ〜」

は王「世の中色々な人がいるもの。あまり人間関係を気にしないようにすることもまた大切なことだな。」



 

人間関係の悩み(人は違うもの)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール