生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

謝れる人になる(流れを切り替えられる)

ぺん子「何かあった時ってついつい言い訳してしまうわよね。」

ぺんぺけ「怒られた時は、右から左に相手の話を流すぺけ〜」

ぺん子「それはそれで相手を怒らす気もするんだけど。」

ぺんぺけ「大体のことは大したことじゃないぺけけ〜」





謝るか、何かを言うか。。。


あなたは「ごめんなさい」の一言を、抵抗なく言えますか?

仕事でも、家庭でも、友人関係でもそうなのですが、
自分が悪いと分かっている時でも、素直に謝れる人は
意外に少ないものです。

つい、意地を張って自分は悪くないと主張してしまったり、
素直に認めたくなくて、ぐずぐずとごまかしてしまったり、
相手の悪かった部分を探して、責任を押し付けようと
してみたり…

謝れる人になること。言葉で言うと簡単ですが、
実行するのはなかなか難しいのです。

ですが最初に「ごめんなさい」の一言が言えるように
なると、人生が格段に楽になってきます。

起こってしまった出来事に抵抗しようとすると、
摩擦が起きます。

自分のミスをなかったことにしてみたり、認めることから
目をそらしたり、他人のせいにしてみたりしているうちに、
あなたの評価は下がります。

他の人からの好感度は下がり、あなたは信用できない
人だと思われるようになっていくのです。

確かに、謝っても怒られることはあるでしょう。

謝っただけで、あなたが起こしてしまった出来事が、
なくなるわけではありません。

ですが初めに謝ってしまうことで、エネルギーの流れが
変わるのです。

何よりもまず、あなたの心の中のモヤモヤがスッキリ
するでしょう。

「謝った方がいいよね…」
「でも、謝ったらもっと怒られるかもしれないし…」
「相手だって悪いところがあるんだし…」

なんて言い訳は、謝った時点で消えてしまいます。

また一度謝ってしまえば、相手の方でも、
「何で謝らないんだ?」という気分を延々と
引きずることはありません。

あなたが謝ったことで、気分を切り替えて、
「それならどうしたらいいか?」という解決の方向へ、
流れを切り替えることもできるのです。

そしてまた、あなたが真摯に対応することで、
あなた自身に対する相手の見方も変わるでしょう。

気まずい思いを我慢して、まず謝れる人になる。
それは何よりも、あなたに得なことなのです。

何か大きなミスをしてしまった時、
まずは謝ってしまいましょう。

他人に責任を押し付けようとしたり、なかったことに
しようとしたり、自分に非はなかったことをいくら
アピールしてみても、あなたのミスは消えません。

ですからまずは謝ってしまった方がいいのです。
その後で、前向きに解決策を探していくことです。

また小さなミスをしてしまった時でも、ごまかさないこと。
まずはきちんと謝っておきましょう。

「これくらいならいいよね」、「相手も気にしないよね」
なんて思っても、相手の心には小さなしこりが残ります。

何度も繰り返していくうちに、相手はあなたを
どんどん信用できなくなるでしょう。

ケンカも増えるし、次第に相手にされなくなっていく
可能性だってあるのです。

謝れる人になること。それは人生を、スムーズに
生きていくコツの一つです。

そういったちょっとしことでも、幸せな気持ち
なっていくものなのです。



スポンサーリンク



ぺん子「素直に謝った方が、人生得すること多そうね。」

ぺんぺけ「今日の晩御飯を考えるぺけ〜」

ぺん子「怒られても、全く聞いてないのね…」

は王「謝ることで良い方向へ流れを変えられることは多い。下手にしゃべらずに、まずは謝ることを身に着けるのもいいだろう。もちろん毎回謝ってばかりもいけないので、加減は必要であるがな。」



 

謝れる人になる(流れを切り替えられる)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。
タイプの違いを認める(人それぞれの価値観)
人の意見を真っ向から否定すると、対立する人が増えていくことになるでしょう。
相談相手を選ぼう(近すぎる人を避ける)
相談内容も相手との関係によって主観が大分はいるのです。
気を遣いすぎて(断ってもいい)
気を遣いすぎることは、長い目で見て精神がもたなくなるものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール