生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

興味はない(人に希望を抱かないことです)

ぺんぺけ「今日も一日異常ないぺけ!いつも通りの日々だぺけ〜!」

ぺん子「ぺんぺけや。今日は新しいアルバイトの子がくるんじゃなかったの??」

ぺんぺけ「そう言えば、そうだったぺけ〜!新しいペンギンが入ったぺけ〜」

ぺん子「それって結構重要な行事じゃないの??」

ぺんぺけ「すっかり忘れてただぺけけ〜」

ぺん子「人の存在ってこんなものなのかしら・・・」





真に、人は人には興味ないのです。。。


人は残念ながら、大抵の人に興味を持っていません。
同性同士ならなおさら、だから

「誕生日も」、「年齢も」、「血液型も」

何度も同じことを聞かれるのです。

いや、まだ聞かれるだけましです。

真に興味を失われては、それさえも聞かれません。

異性として意識している人のことなら、どんな細かい内容も覚えてたりします。
逆に覚えすぎていて、言った当人すら忘れているくらいです。

恋愛感情を感じている人ならともかく、親友ならまだしも、
友達くらい、ましてや職場で隣にいる人くらい、

さらに言うなら家族でさえも

残念がながら、あなたの熱い想いや価値観や、信念などはほとんど分かってもらえてないです。

もう一度いいますが、いつも一緒にいる

家族でさえ興味はないのです。。。

家族でさえ、興味がない。。。

一見、びっくりするような内容かも知れませんが、
家族でさえ自分の都合悪いことは見たくないのです。

人はそれぞれに価値観があります。アニメ好きなひとも、
おたくなひとも、おっかけするひとも芸術方面が好きな人も。。。

自分の価値観に照らし合わせて、それが人生の無駄と感じれば、
そうとう自分を大切にしてくれる人、つまり自分を心から愛してくれる
パートナーでもない限り、そんなものに興味は持ってくれないものなのです。

そして、そういったものを受け止めれば、どちらかが一方的に受け止め
ざるを得ない危険性も出てきます。

あえて、危険性なんて言葉を使いましたが、狭い社会では、
ここで言う恋人同士や、家族では、受け止めすぎると周りが
見えなくなる可能性もあります。

通常パチンコやスロットはあまり若い女性は、はまったりしません。
そういうのを知っている人は、彼氏の影響が大きかったりします。

テレビゲームにしてもそうですが、彼氏が好きだから、それに
興味をもった、もしくは付き合わされたこともあるでしょう。

しかし、それは本人が心底好きになったことは、結構珍しく、
どちらかというと、あわせたことが多いかとおもいます。

そして、自分自身、「最初は興味なかったけど、
好きになっていった
」と錯覚してたりする時もあります。

根本的に、人は人に興味ありません。興味ないことも
大好きな恋人がやることだから、興味をもって
好きになろうとしていることも多いです。

しかし、人の価値観はそんなことでは変わったりしません

私がこの記事で一番いいたいことは、

「大事な人、生涯のパートナーでさえも理解できないことは山ほどある」

むしろ、一部でもマニアックな事や共通点があるだけでもよしと
すべきという考えです。

人は、自分の価値観以外を真に受け入れる事は
相当難しいのです。表面上あわせることは出来ても、
表面だけではどこかでぶつかります

一部だけでも、理解してもらっている。
そちらに重きを置く方が、ストレスのない生活に
近づけることと思います。

究極的には人づきあいとは、

どれだけストレスを減らすことが出来るのか、
それをつきとめることかもしれません。

それでも、人付きあいが辛い、ストレスがたまる時は、
本当に楽になる為には」を試してみるのも良いかも知れません。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「今週も明日で終わるから、明日は美味しいもの食べに行くぺけ〜」

ぺん子「新人の子も連れてってあげなさいよ〜」

ぺんぺけ「そう言えば、あの子気がつけばいなくなっていたぺけ〜!」

ぺん子「辞めたことすら、気がついてないのね・・・」

は王「人は人になどホントに興味をもっていない。新人に興味持つのは異性として魅力ある時だけ。男はこれが顕著にでるな。まあ、ひとづきあいなど、割り切って、割り切って、割り切って、考えて、深く関わらないことだよ。どんなに割り切っても、ホントに相性や価値観会う人は惹かれあう。とくにこれは同性ならなおさらだから、不思議なもんだよ。異性を意識する方が多いのにな!」

ぺん子「覇王様もやっぱり異性の方が意識むくものなの?」

は王「私は異性に目をむく事が多いが、結局親友になれるのはやっぱり同性だよ。同性でしか理解できない価値観は本来少ないものなんだけど、男女ごとの傾向はあるからな。下手な駆け引きもない分、真に長続きするのはやっぱり同性だな。」



 

興味はない(人に希望を抱かないことです)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール