生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)

ぺん子「ホントおつぼねの先輩、細かなことばかり突っ込んでくるしうざったい!なんとかならないかしら!」

ぺんぺけ「おいしいお菓子を毎日大量に持っていくぺけ〜」

ぺん子「それは、ぺんぺけが嬉しいだけな方法でしょ!聞く相手が悪かったわね〜…」





人によって接し方を変えて見る。。。


会社で「人は悪くないんだけど、ちょっと苦手」
な人っていませんか?

私は職場のベテランの女性が苦手でした。

とっても有能でバリバリ仕事をこなす上に、
自分を基準にして私に「どうしてできないの?」と、
できる前提で話をしてくるからです。

仕事を頼む時も、どうだったか聞くときも、
かなり私は緊張していました。

苦手な人が原因で仕事を辞めると、
その後も同じような人に会ったとき
仕事を続けられなくなると言います。


そこでカウンセリングの知識を利用して、
社内の人をタイプ別に分類してみました。

そうしたら意外なことに、苦手な人と
私の相性がそれほど悪くないことがわかりました。

そして社内でできている派閥の理由も
なんとなくわかってきました。

多分その人と仲良くできれば、いろいろ教えてもらえるはず。
そう思って私がとった対策は、

1.あいさつをすること。
2.世間話に勝手に混ざること

の2つです。これだけです!

2の「勝手に世間話に混ざる」というのは、
勝手に相づちを打ったり、笑ったりすることです。

そうすると、たまに話を振ってくれたりします。
そんな時は心の中で「ガッツポーズ」です。

今まで「です、ます」で話していたのに、
時々友達に話すような口調で「あ、ごめん」
とか言われると、やっと距離が縮まった!

って感じになります。

今も自分から話しかけるときは多くはないですが、
話にはかなり混ざれるようになりました。

そして一緒に世間話に混じって笑うことで、
疲れも軽減されることに気が付きました。

ストイックに仕事をすることも大切ですが、
やはり笑いも大事です。

笑いは疲れを軽くしてくれます。

先日はその人の荷物が重そうだったので、
「手伝いましょうか」と申し出て手伝いました。

「ありがとう」

と言ってもらえました。

誰かが思っていることや話していることに対して
「私はそんな低俗なことはしない」
と思っていると孤立気味になります。

社内はチームワークですから、自分の価値観に合わなくても
全体として調和を計るために、ある程度は合わせる必要が
あります。

例えば相手が好きな話題にも相槌を打ったり
相手の価値観に踏み込むことが必要になってきます。

普段接しない価値観に触れることは、
むしろいい結果を生む場合もあります。

自分のインスピレーションが刺激されて
新しいアイディアが生まれたり、
前向きになれることもあります。

アイディアにおいては1人よりも
複数のほうが良い場合が多いです。

苦手な人がいないほうが、会社は楽しいに決まっています。

それと、もしあなたが八方美人で悩んでいるとしたら、
それは素晴らしい能力です。

グループに属せない。
どのグループにもいい顔をしてしまう。

「私はどのグループにも忠実になれない卑怯者だ」

と思う人もいるかもしれません。

しかしそのような人は実は貴重です。

いわゆるメッセンジャーになれるからです。

もし感情的に拒否してしまう人がいたら、
その人のタイプを客観的に分析してみるといいかもしれません。

どの視点で物事を見るかによって、
人は驚くぐらい幸せにも辛くもなれるものなのです。


スポンサーリンク



ぺん子「お菓子持っていったら最初は驚かれたけど、次第になんだか習慣化してきた!これって距離が縮まったってことだよね!」

ぺんぺけ「僕はお菓子全然もらってないぺけけ〜!」

ぺん子「ぺんぺけはお菓子あげなくても、いつも仲良くしてるから必要ない(笑)」

ぺんぺけ「ひどいぺけ〜!鬼、悪魔だぺけ〜」

ぺん子「お菓子もらえないくらいで、ひどい言われようだわね(笑)」

は王「習慣を変える時、えてして人の反応は変わってしまうが、1〜3ヶ月もたたないうちにそれがまた習慣となって慣れてしまう。今まで通りの行動ばかりせずに、行動を変えて”反応を変えていく”のが苦手な人と、今更ながら距離を縮める効果の高いやり方かもしれないな。」



 

苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール