生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

他人と比べる(過去の自分と比べよう)

ぺん子「仕事をしていると、どうしても他人と比べることをしてしまうわね。」

ぺんぺけ「他の人よりも食通では負けたくないぺけ〜」

ぺん子「随分と平和的な他人との比べ方だよね。」





他人と比べるとマイナスの感情を生み出す。。。


隣の家の芝は青く見えるもの。
なんであの人はスタイルもいいし、モテるし、
天は二物を与えずなんていうけど、嘘だよね…。

あー、なんで自分ってこうなんだろう。
もっと美形の親だったら、もっと親がちゃんと教育
してくれたら、こんな自分にならずに済んだのに…

世界では5秒に誰かが死んでいるというし、
アフリカでは5歳まで生きられない子供が何百万人もいるし
今、こうして生きているだけで幸せなのかな…

下の他人と比べてハッピー
上の他人と比べてへこむ

他人と比べると、どんな気持ちになるかはわかっているのに、
ついつい同じことをしてしまう。

でも、他人と比べるのは不幸の始まりです。
なぜなら他人との比較は、

嫉妬、劣等感、優越感

といったマイナスの感情しか生み出さないからです。

他人と自分を比べてどう感じるかは、
普段自分が相手をどのように見ているかによります。
自分より断然できる人なら

「いいなぁ」

だけで終わるし、その人と距離を取りたくなるかもしれません。

自分と同じレベル、と認識している人対しては

「何よあの人!」
「なんだよ アイツ」

と感じることが多いようです。

しかし競争意識が強すぎると、
他人と比べるたびに、実はあなたの心は傷ついてしまい
最後には「競争なんて興味がない。」
と言うようになるでしょう。

他人と比べることに対して恐怖を感じるからです。

人が行動する理由には2つあります。

1つは痛みを避けるため。
2つ目はやりたいことをするため。

恐怖を避ける行動を取るのは1の理由になりますが、
恐怖を行動の理由にしていると、前に進むモチベーションが
持てなくなりプレッシャーだけが重く心にのしかかります。

他人と比べると、自分が優っているのか、劣っているのかが
理解できます。劣っていると、人は恐怖を感じます。
恐怖を理由にしたモチベーションは生きる気力を奪っていきます。

お互い切磋琢磨して頑張れる、応援しあえる関係は素敵ですが、
自分のセルフイメージを損なっては何にもなりません。

人は他人から評価してもらいたいという承認欲求というものがあります。
でも、他人がいつも自分の思うとおりに評価してくれるわけはありません。

他人がどう言おうとも自分の最終的な評価は自分自身で下すのです。

物理学者のアインシュタインはこのように語っています。

「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに
責めてくれるんだから、いいじゃないですか。」

過去の自分と、今の自分を比べることが成長の秘訣のようです。

他人と比べることを無くしたときに、幸せマインド
手に入ることと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「他人と比べることはよくないっていうけども、結局は幸せから遠のくってことになるってことだね。」

ぺんぺけ「色んなものが食べられたら、それで幸せだぺけ〜」

は王「他人と比べることをしないようにとはよく言われることだが、良きライバルなどとは比べることも大事になることがある。そういったことではなく、環境やルックスなどにコンプレックスを持たないようにってことだな。」



 

他人と比べる(過去の自分と比べよう)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。
タイプの違いを認める(人それぞれの価値観)
人の意見を真っ向から否定すると、対立する人が増えていくことになるでしょう。
謝れる人になる(流れを切り替えられる)
色々言わずに謝ることで、スムーズにいくことも多いでしょう。
相談相手を選ぼう(近すぎる人を避ける)
相談内容も相手との関係によって主観が大分はいるのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール