生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)

ぺん子「上司は無茶を言うし、経営陣は何やってるか分からないし、後輩は言うこと聞かないし…ホント不満しかないわこの会社は…」

ぺんぺけ「近くにおいしいお店が多い、立地のいい会社だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食べることしか考えてないから、一緒にしないでよ!」

ぺんぺけ「ぺけけ!そろそろ終業の時間だぺけ〜!」





思いどおりに行かない世の中とどう付き合うか。。。


あなたの周りに、愚痴や不満が多い人、いませんか?

聞いているとこちらまで同じ気持ちになったり、
嫌な気分になることもあります。

また、愚痴を言いたくなることもあります。

なぜ愚痴が出るのか。理由は簡単です。

自分の嫌なことをやっているからです。

大好きなことをやっている時、人は愚痴を言いません。

大好き、もっとしたい、という前向きな考えで、
頭の中がいっぱいだからです。

人はポジティブな気持ちと、ネガティブな気持ちの
両方を同時に持つことはできません。


必ずどちらかが優っているのです。

また愚痴を言っている人に特徴的なのが、
はっきりとした目標がない、ということ。

はっきりとした目標を持っているとき、
人は困難を乗り越え、自分を変えることができます。

愚痴や不満を言う人は自分が変わることができないのを、
状況や人のせいにしているのかもしれません。

ある時はテレビに映る芸能人を見て、
自分と比較して落ち込む、文句を言う、
酒を飲む。愚痴る。

自分もそうなれるように努力しよう、
という考えはありません。

もっとお金があれば…
もっと時間があれば…
もっと若ければ…

そんな言い訳をして、昨日と同じ自分を過ごします。

そのように愚痴を言って、人並みに人生送りたいのなら、
それでもいいと思います。

もし、あなたにはっきりとした目標があって、
愚痴や不満を言う人のために嫌な思いをしているのなら、
そのペースにのまれないことです。

それがどんなに権力のある人でも、社長でもです。

本当に成功している人は愚痴を言わず、
自分の目標、目的、使命に突き進んで行きます。

たとえ愚痴ることがあっても、
そこにとどまることはありません。

愚痴や、話の長い人は自分の話を、
聞いて欲しいのかもしれません。

つらいとき、誰かに話すと少し楽になりますよね。

居酒屋で上司の文句を言うサラリーマン。
よく見られる光景です。

確かに、それで慰められる部分もあるのですが、
いつまでたってもそこに居続けてしまう、
というデメリットもあります。

機会があれば、そんな人たちに一言言ってあげましょう。
「それで、どうしたいの?」
「えっ」
となるはずです。

「どうしたいの?」
「どうなりたいの?」
「なぜ今それをしないの?」
「必要な、ことは何?」
「わかっているのに始められないなら、何が障害になっているの?」

これは自分自身に対する問いでもあります。

お気づきの通り、変えるのは状況ではなく自分です。

大好きなことをする人は輝き、周りに元気を与えます。

以前とのギャップが大きければ大きいほどです。

「奇跡の前には悲劇がある」

という「思考は現実化する」の著者ナポレオン・ヒルの言葉があります。

生きている限り、失敗は一時的な挫折です。

エジソンは1万回実験に失敗した、というのは有名な話です。

しかし、彼はそれを
「失敗ではなく、成功へ一歩近づいたのだ」
と考えることで偉業を成し遂げました。

ある企業の社長は、
「お客様の不満は最大のビジネスチャンスだ」
と言います。

考えようによっては、愚痴もダイヤモンドに変えることが可能です。

人は「前向きな言葉」によって、生きる気力と楽しみを見つけます。

愚痴が多い人と一緒にいるのではなく、
楽しく輝いている人と一緒にいたいものです。


スポンサーリンク



ぺん子「私って気がつけば、マイナスな言葉や愚痴を言っている気がするわね。でも、本当に不満が多いし…ってまたマイナスなことばっかり想像してる。」

ぺんぺけ「食べ物のことを第一に考えるとよいぺけけ〜」

ぺん子「私もそんなことで、幸せな気分になれたらいいのにな〜」

は王言葉は魔法でも書いたが、マイナスなことばかり言っていたら、どんどんとそれに引き寄せられていく。プラス思考は習慣化することで身について行くもの。人生に希望が持てないでも、再三習慣の大切さを書いている。思考は必ず変えられるので、ぜひ日々を楽しむ思考を持つ習慣を、身につけて欲しいところだな。」



 

愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。
タイプの違いを認める(人それぞれの価値観)
人の意見を真っ向から否定すると、対立する人が増えていくことになるでしょう。
謝れる人になる(流れを切り替えられる)
色々言わずに謝ることで、スムーズにいくことも多いでしょう。
相談相手を選ぼう(近すぎる人を避ける)
相談内容も相手との関係によって主観が大分はいるのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール