生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

忠告はほどほどに(人それぞれの考え)

ぺん子「あんまり食べ過ぎてばかりいると、太って体に悪いわよ!」

ぺんぺけ「ダイエットは来年からだぺけ〜」

ぺん子「それを言うなら明日からでしょ!」

ぺんぺけ「ぺけ〜だぺけけ〜」





忠告は届かないもの。。。


友人、知人、恋人や家族の言動が気になって、
ついつい口を出してしまう…そして、相手が受け入れて
くれないと、イライラ、モヤモヤ。

「せっかく言ってあげてるのに、どうして聞かないの!?」
なんて、いつもピリピリしている感じ…

そんなこと、あなたにはないですか?

実は普通の人は、忠告なんてほとんど必要としていません。
もし相手がとても困った状況だったとしても、聞く耳を
持っていないことがほとんどです。

ですから忠告は、ほどほどにした方がいいのです。

「ちょっと太ってきてない?少し運動した方がいいよ」
なんて言っても、素直に運動してくれる相手は稀でしょう。

「デスクはいつも綺麗にしておいた方がいいよ」
なんて言っても、整理整頓に気を配らない相手では、
半日もたてば元に戻ってしまうでしょう。

「何回言っても、言うことをきかないんだから!」
なんて怒っても、相手に直す気がなければ、
お互いが腹を立てるだけの話です。

あなたの忠告を、相手が聞くか聞かないかは相手の
問題です。ですから、忠告はほどほどにした方が
いいのです。

あなたの忠告のほとんどは、実はあなた自身の
問題だったりします。

「他人の部屋の汚れが気に入らない」
「あいつの仕事の仕方は、俺と違ってスッキリしない」
「食事はなるべく手作りで食べるべき」

などなど…

あなたが気にしているほど、相手自身は気にして
いないことだって多いのです。

相手のためを思って何度も忠告しているうちに、
お互いの関係が気まずくなってくることもあります。

お互いが気持ちよく過ごすために言うのですから、
そのせいで雰囲気が悪くなってしまっては、
本末転倒なのです。

ですからやはり、忠告はほどほどにしておきましょう。

また相手の抱える問題の大きさによっては、
こちらの忠告も熱を帯びることがあります。

「深刻な病気なんだから、酒やタバコは絶対にやめるべき」
「悪質なグループからは、一刻も早く足を洗うべき」
「DVをする恋人とはすぐにきっぱりと別れるべき」
など、かなり切羽詰まった内容である場合もあります。

ですがおそらく、相手自身もそんなことは分かっているのです。

やめられないこと、抜けられない状況には、
その後ろに「不安」とか「依存」とか「孤独」とか、
別の問題が隠れている場合が多いのです。

ですからたとえ無理にやめさせたとしても、
また別のトラブルが起こるでしょう。

ですからこんな場合も、言葉による忠告はほどほどに
した方がいいのではないかと思います。

相手に寄り添って、相手が本当に必要なことを
手伝ってあげることが大切なのです。

言葉による忠告は、なぜか相手を傷つけます。

相手に否定された気分、認められていない気分に
なってしまうのです。

自分には自分の意見や好みがあるように、相手にも
相手の意見や好みがあります。

ですから忠告はほどほどにして、お互いに心地よい
関係を築いていくことを優先させていくことが、
大切なのだと思います。

お互いに心地よく人間関係を作ることで、また1つ
幸せマインドを手に入れることが出来るでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「人それぞれの価値観、生き方があるから食を制限するのも難しいかもね。」

ぺんぺけ「最近は野菜の量も増やしたぺけ〜」

ぺん子「野菜も多く食べればいいってもんじゃないのよ…」

は王「忠告を受けると大抵はイラっとするもの。忠告では人は変えられないし、動かせないことを肝に銘じておくとよいな。」



 

忠告はほどほどに(人それぞれの考え)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール