生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)

ぺんぺけ「なんだか知らないけど、お菓子がいっぱい届いているぺけ〜!」

ぺん子「あれ、ぺんぺけって今日誕生日じゃなかったの?」

ぺんぺけ「そう言われれば、そうだったぺけかな?」

ぺん子「誕生日を忘れるって、ホントに・・・」

ぺんぺけ「(○`〜´○)モグモグモグ、おいしいぺけけ〜!」

ぺん子「これだけのプレゼントもらうって、しかも好きなお菓子も知ってくれている見たいだし、ぺんぺけってホントに愛されているんだね・・・・」





人を無償に愛してこそ、愛されるのです。。。


普段身のまわりで、人と接することは多いと思います。
自分の立ち位置というのは大体決まっていて、
どの程度目立っていて、どの程度の立場に
いるかは大体自分で把握していることと思います。

そして、ここの記事を読まれている方は、
控えめな方が多いと思います。

人が集まる所では、自分の役割が決まってきます。
そして、それはどこに行っても大体変わらなかったりします。

Sなキャラでいる人は、どこにいってもそのキャラが強くなります。

いじられキャラな人は、やっぱりどこに属してもその傾向が
強まるでしょう。

人のキャラは大体思春期を超えたあたりで形成されます。
その後で人生経験により、大きく変わることもありますが、
もって生まれた天性のものはあまり変わったりしません。
(ただし、考えを変える為に行動することで、
思考が変わり性格を変えることは出来ます。)

内気な性格でも、属する所によっては、自分が引っ張って
いく存在になったりもします。

周りが引込み思案な性格ばかりでも、自分がその
周りに比べて、年齢が高ければ、引っ張っていかなきゃ
ならない存在になるでしょう。

他に誰もそれが出来なくて、自分が一番出来そうなら、
それをやっていくことになっていったりします。

しかし、まあどこにいてどんなポジションになっているかは
あまり重要なことでありません。

それぞれの立場がありますし、それぞれの考えがります。

一番重要な事は、その中で、

「愛して、愛されているか」だと思います。

人は「理論」で動くのではなく、根本的に「感情」で動きます。

そこでの振る舞いがどうかも影響していますが、
そもそも「愛されているのか」を感じて見るのもいいと思います。

愛される原則の1つは「愛すること」です。
しかし、愛したところで愛されるとも限りません。

「愛さない人」は、「愛されない」可能性が高いですが、
「愛した」としても、「愛される」訳ではありません。

その「愛」がどの程度無償なものにかかっているのか。
そこが、本当に愛される根本にあると思います。

計算した、「愛」など愛されるはずがありません。
そんなもの人は簡単に見抜きますし、
気づいてないのは自分だけかもしれません。

俗に言う「いい人」も又愛される訳ではありません。
それは単に気が弱いのか、どこか欠点があるのか、
あるいは、優しいけど、なんだか心底それを感じないのか。

無償にただ「愛を与える」
そして、なんの「見返り」も求めない。

そう言う生き方をしていれば、見てくれる人は見てくれます。

全てのことを受けいれろ、とは言いませんが、

「多くのことを受け入れて見ましょう」

人を愛するのは、ある種、自己満足の世界でもあります。
しかし、無心にそれを続ければ、またそれが普通になり
多くを受け入れられるようになってきます。

受け入れることこそ「愛の原点」の1つかもしれません。

人は本当に多くの価値観を持って生きています。

その価値観を1つ1つ受け入れ、その人が一番何を
重要視して生きているかを知ることが、愛される
近道かも知れません。

多くの価値観を受け入れ、多くの人を愛していく。

人から愛されることで、もっともっと人を受け入れて
いくことが出来るでしょう。

人を好きになっていけるのではなく、人を受け入れて
行くことが出来るでしょう。

そしたら、きっと人から「愛される」喜びを知る日が来ると思います。
そう遠い未来でなく!


スポンサーリンク



ぺんぺけ「お菓子食べきれないから、持って帰るぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけが食べきれないほどのお菓子を置いていく人もすごいよね。」

は王「ぺんぺけは基本深く何も考えていない。普段怒ることもないし、ただただ愛を注いでいる。本人は全くその気がないがな。そう言う人を人は見ておるんだよ。人はあまり人を気にしてないが、人の本心は見抜かれていたりする。無邪気な人は可愛いから、いくつになっても愛されるものなんだよ。ぺんぺけはその王道を行ってる生き方だな!」



 

愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール