生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

嫌いな人(その感情も自分で選べる)

ぺん子「全く職場の上司ときたら、自分が出来もしない癖に人にばっかり押し付けて。(`×´) プンプン!!」

ぺんぺけ「お茶でも飲んで少し落ち着くぺけ〜」

ぺん子「( -_-)旦~ フゥ...って冷めてるじゃないの〜!」

ぺんぺけ「さっき渡そうと思ったけど、タイミングを失ったぺけ〜」





その人が嫌いなのは、あなたが選んだ選択の1つなんです。。。


嫌いな人っていますか?

誰しも嫌いな人の1人や2人はいるのが
普通かと思います。また人間そのものが
嫌いって方もいるかもしれません。

ではなぜその人を嫌いになったのでしょうか。

我がままな所、嘘つく所、
約束を守らない所、不誠実な所
いい加減な所、傲慢な所
空気読めない所、
モテルから、したたかだから、
要領よいから、色々と器用だから。。。

前半は負の要素で、多くの人に
嫌われる要素ですが、後半は
妬みによるところがあります。

そして、後半の部分で嫌いな部分は
自分自身がいやになったりしますから、
他の言葉に置き換えたりします。

モテルけど、ホントは性格悪いしとか、
器用だけども、人を小馬鹿にする性格とか。。。

妬みと思われたくないので、違う部分の
アラを探して嫌いな理由を自分に納得
させてる方もいらっしゃると思います。

どちらで嫌いになることが多いかによって
心の持ち方は変わってくると思いますが、
今回は前者の、嫌われる要素を持っており、
その人を嫌いな場合のお話をさせて頂こうと
思います。

そもそも嫌いと言うのは、自分がその部分を
自分と価値観が違い、それを許容できない
ところがあると思います。

苦手ではあるが、嫌いではない人と言うのは、
その人の価値観や考えは尊重できるが、
自分はそうではないので、一緒にいても
正の感情を持てない人だと言えます。

ここで、嫌いになるか苦手ですむかは
その人の考え方次第になると思います。

人の価値観は根本的に変えられません。
もとい、人を変えることは基本できません。

マインドコントロールなど特殊なことでも
しない限り、人は変えられないものだったりします。

そして、そのことをまず知った上で人と接すると
違った見方が出来る場合があります。


あの人は、そういった性格で、そういった考え方
お金に関する考え方も、人との接し方も
私とははるかにかけ離れた考え方。

でも、それも1つの価値観だし、そんな人は
別にその人だけでなく、どこに行ってもいる。

なら、私は自分と価値観が似ている人と接しよう。
そして、その価値観合わない人も、別に
無理してあわさないし、その考えも尊重できる。


上記のように頭で考えることは簡単ですが、
職場などでは利害関係もありますし、
きってもきれないですし、
そもそも人には感情がありますので、
割り切れないときも多いかと思います。

しかし、だからこそ嫌い・嫌い」で負の感情を溜め、
なおかつ相手はしたたかだから、より一層嫌いになって
いては、どんどんとネガティブになっていってしまいます。

私は元々超ネガティブ思考で、人づきあいが
苦で仕方ない時がありました。今でもそれほど
得意ではありませんが、「本当に辛い時」に自分を変えよう、
人生を変えて見ようと思い、「本当に楽になる」方法を
試してみて今では大分ましになりました。

割り切って接すること、嫌いだと思ってた人に、
なんらストレスがたまらなくなった自分を想像し、
そんな自分を好きになっていけば、
どんどんと嫌いな人は減らしていけると思います。

究極的にはそんな方をも愛せるようになれば、
もっと自分を好きになっていくでしょう。

そして、嫌いな人もどんどん減っていき、
どんどん自分を好きになるという好循環
になっていきます。

それでも、どうしても合わない人もいるかと
思いますが、そういう人は自分の中から
存在を消してしまいましょう。

自分が「意識していない人は存在しない」ので
存在を自分から消すことは結構出来ます。

嫌いな人のよい部分を無理して探して好きに
なる必要なんて全くないと思います。

無理をするのは何事もよくありません。ありのままの
彼ら、彼女らを受けいれ、そういう人もいるけど、
別に私はそんな人らも嫌いじゃないし、そう思える
自分が好きと、感じるようになっていきましょう。

嫌いな人がいなくなっていけば、人付き合いの
悩みも随分と減っていくものです。幸せの考えは
いつも自分の心の中にあるものと思います。

その幸せ、考えを少しでも持てるように
本当に楽になる」方法を
試して見るのも良いかもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「無能な分、こっちが仕事をリード出来るからよしとするか〜。」

ぺんぺけ「怒りが静まったようで良かったぺけ〜」

は王「好きも嫌いも感情の1つだが、恋愛感情と違って、嫌いなもんはそう難しくもなくコントロール出来るものなんだよ。身内が犯罪にあったとか、そんなレベルだったら簡単にはいかないが、職場の人間くらいは感情をコントロールしやすいと言えるだろうな。とは言え、もっと大きな視点で、人を愛することが重要。付き合う人を変えれば、その視点も結構簡単に変わるものなんだよ。」



 

嫌いな人(その感情も自分で選べる)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール