生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人は変えられない(本当に望んでいることは)

ぺん子「職場で嫌いな人がいるけど、もっといい感じに変わってくれないかしら。」

ぺんぺけ「食べ物が好きなのはどうしても変えられないぺけ〜」

ぺん子「そこは別に変えなくても誰も困らないと思うわ。」

ぺんぺけ「お昼寝好きも変えられないぺけ〜」





人を無理して変える必要はない。。。


雨の日って好きですか?
「嫌だなあ」と思う人の方が多いのではないでしょうか。
嫌だと思っても雨は止んでくれませんよね。

あなたが一日を楽しく過ごしたいなら、雨を止ま
せる能力を身に着けるか、雨の日でも楽しむ
ことを考えるか、どちらかの能力が必要です。

雨を止ませる能力を身に着けるより、自分が
楽しく感じられる方法を探す方が現実的です。

人間関係にも同じことが言えます。

言葉が通じるから、「人は変えられる、
変わってくれる」と思うかもしれません。

でもちょっと考えてみてください。

あなたは人の言うことを聞くのが好きですか?
どんな人が言うことでも聞き入れるでしょうか。
答えはNOですよね・・・

自分が大好きな人、尊敬する人だったら
いいかな、と思うかもしれませんが…

つまり人を変えるには、あなたが相手にとって
好きな人、または尊敬する人である必要があります。

あなたは相手から好かれる自信がありますか?
相手から尊敬される人になれそうですか?

そんなことで試行錯誤するよりは、
「ああ、あの人はそういうタイプなんだな」とか、
「ああいうやり方を誰かから教わったんだな」と、
自分の中で折り合いをつけていく方が早くありませんか。

ただオフィスで相手が慎重すぎるせいで、自分の仕事
にも支障が出るといった場合は自分が変わればいい、
というわけにもいかないかもしれません。

そんな時は、
「理解されるより理解することを求めなさい」
「勝つためにはまず敵を知れ」などと言われるように、
相手の方法を研究することが必要になります。

嫌な相手は自分の嫌な部分を教えてくれている、とも
言います。相手の嫌だと感じる部分は、以前自分も
同じことをしていて、そんな自分が嫌いだったとか、
親に怒られた、などという出来事が隠れています。

生理的に受け付けない、というのではなく、
自分は相手のどこが具体的に嫌なのか確認し、
納得してから相手を分析することが大切です。

大切なのは考える場所とタイミングです。

気分の悪いときに考えると相手と気分の悪さが
リンクして、ますますその人が嫌いになるし、
もっと相手のせいにしたくなるでしょう。

解決からも程遠い状態になります。散らかった
部屋で考えても、良いアイディアは出てきません。

相手を変えるのは根気が必要で、一定の法則が
あります。

相手は私の変えるべき部分を教えてくれているのかも
しれないと、ポジティブに考えた方が長期的に考えると
楽になります。

その結果あなたのコミュニケーションが変わって、
相手も変化するかもしれません。

人は欲しい感情のために行動します。

あなたが欲しいのは、相手が変わることではなく、
楽しい気持ちや、平安な気持ちなのではありませんか?

今の状況のまま、それをを感じる方法はないでしょうか。

相手を変えたい、と思うことで自分の内面をより深く
知れるとしたら、それはそれでいいことかもしれませんね。

自分の内面を深く知ることでまた、良い方向に
人生が変わるものなのです。


スポンサーリンク



ぺん子「相手を無理して変えようと労力を使うよりも、その中で平安な気持ちを持てるように考えた方が、ずっと楽な話ってことね。」

ぺんぺけ「意見がまとまったところで焼肉にいくぺけけ〜」

ぺん子「焼肉と言えばやっぱりビールね!」

は王「人は変えられないものだが、別に変える必要もない。そんなことよりも、いかにその中でストレスを溜めないかを考える方が、よっぽど得策と言えるだろうな。」



 

人は変えられない(本当に望んでいることは)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)
相手の興味ある話題を引き出して楽しく聞けるキャラになれれば人付き合いには困らないでしょう。自分も楽しみながらなら、なおよしです。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
100%の人に好かれることはムリ(自分の生きたい生き方をしよう)
すべての人には好かれませんが、すべての人に嫌われることもないのです。
集団が好きな人、孤独が好きな人(本当にひとそれぞれ)
人といるのが好きな人、孤独が好きな人。それは本当に人それぞれです。
忠告はほどほどに(人それぞれの考え)
忠告をありがたく聞いてくれる人なんて稀でしょう。
人を信用できない(人は自分の人生を歩んでいる)
あなた自身がそうであるように、相手もまた自分の人生を生きているのです。
タイプの違いを認める(人それぞれの価値観)
人の意見を真っ向から否定すると、対立する人が増えていくことになるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール