生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)

ぺん子「もう〜職場の人付き合いって本当に疲れるわ。私人付き合いが苦手だし嫌い。」

ぺんぺけ「みんなと楽しくご飯を食べに行くぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけって適当だから人付き合いが苦手とかも、ないんだろうねきっと…」

ぺんぺけ「ぺけ〜だぺけけ〜。」





まずは相手が楽しむお話から。。。


人づきあいって、得意ですか?

私は人づきあいが苦手でした。
何となく場の空気になじめなかったり、話のタイミングが
つかめなかったり、なんだか、ぽつーんとしてしまうのが
嫌でたまりませんでした。

どうやったら周りの人みたいに楽しそうに話せるんだろう?
そう思っていました。

なぜ苦手なのか自分なりに理由を考えてみると大きく2つ。

1.何を話していいのかわからない。
2.時間がとられるのがいやだ。

話題に困ったときは、誰にでも使えるテーマで話をしましょう。
頭文字をとって
「きどにたちかけし 衣食住」

と言います。

き は きせつ。
ど は どうらく、趣味。
に は ニュース。
た は 旅、旅行。
け は 健康。
し は 仕事。
衣食住は、着るもの、食べるもの、住むところ。

「いいお天気ですね」
「ご趣味は何ですか」
「あのニュース、ご覧になりました?」
「今度の休み、どこか行かれるんですか?」
「最近、体重が増えてきちゃって…ダイエットしているんです。」

「最近、お仕事の調子はいかがですか?」
「そのネクタイ、素敵ですね。いつもどこで選ばれているのですか?」
「おいしいレストランを探しているのですが、どこかご存知ですか?」
「将来住むところって、マンションとアパート、どちらがいいんでしょうねぇ」

お母さんの井戸端会議みたいな感じですね。

相手の好きなことがわかれば話しやすくなって、
意外な共通点が見つかるかもしれません。

「人づきあいは苦手なんだよね。
一人は誰にも気を遣わなくてもいいから楽だなぁ〜」

などと思っていると、あなたと友達になりたい!と思っている人
との出会いを逃してしまうかもしれません。

人づきあいの苦手意識は取るにこしたことはありません。

相手の話について、熟知する必要はなくて、
ただ、興味をもって聞いてあげるといいです。
得意な分野なら、喜んで質問に答えてくれるでしょう。

2.時間を取られるのが嫌だ。

誰でも、自分の時間をたっぷりとりたいもの。
そこで無理して誰かに付き合わなきゃいけない、
となるとストレスを感じてしまいます。

結論から言うと別に、無理に参加しなくてもいいと思います。
要は、普段からのコミュニケーションがきちんと取れていれば、
参加しないからと言って、悪く思われることはありません。

なぜその会合に参加するのでしょうか。
自分を向上させるものでなければ、必要最低限参加して、退席する
など思い切ってグループから外れるのも1つの方法です。

ほかの人から良く思われたい、という意識はあってもかまいませんが
いきすぎるとストレスになってしまいます。自分らしく、自然に
ストレスのない人づきあいを目指していきましょう。

どうしても人付き合いが辛く、それで仕事などで悩んでいる方は、
人間関係が辛い」の記事もご参考下さいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「人に合わせるという段階で疲れているのかもしれないわね。」

ぺんぺけ「困った時は食の話だぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけって常に食の話じゃないかしら。」

は王「会話のコツはやはり相手の興味のある話題を見つけることから始める。興味ある話題で、それを楽しく聞けば相手も楽しく話すだろう。多くの人からあなたと喋るのは楽しいとイメージを持たれれば、人付き合いが苦手なのも少しずつ解消していくだろうな。」



 

人づきあいが苦手(自分らしく相手にあわせる)関連ページ

前向きな言葉(幸せマインドの第一歩)
出来るだけ前向きな言葉を意識、使って行けば、少しずつでも自分が好きになれるような、前向きな性格になっていけます。
友達がいない人生(友達に対する考え方)
友達がいなくても人生困りませんが、友達がいることによって得られる価値は多くあります。今一度友達についての考えを見つめなおしてみましょう。
相手の立場に立つ(ちょっだけ見方を変えて見よう)
その時思った感情だけで生きていては、精神的にも疲れ、幸せとは程遠い生き方になってしまいます。少しだけ相手の立場に立つだけでも、大きく自分の感情を変えることはできます。
嫌いな人(その感情も自分で選べる)
嫌いな人はいるでしょうか。それはあなたが決めたのでしょうか。本当はそんな感情は大したものではないかもしれません。
苦手な人と仲良くする方法(タイプ別に分ける)
生きて行く以上、苦手な人との関わりは避けられないのがほとんどです。そこで一旦タイプ別に分類して、接し方を変えて見るのもいいでしょう。
悪口(人は大して自分に興味はありません)
悪口につきあっていたら、どんどんネガティブになります。自分の意思をしっかりと持ち、やんわり伝えていきましょう。
人付き合いに疲れた(あなたらしく生きていいのです)
人とのつきあいが苦痛でなくなれば、また、楽しくなれば、それだけ生きやすくなっていきます。
愛されましょう(無償に愛して、愛されよう)
日常を健康的に、幸せに過ごす極意は人を愛する事かも知れません。
興味はない(人に希望を抱かないことです)
人は人、自分は自分。所詮は自分以外の人にはそれ程興味はないのです。たとえ、身近にいる人であったとさえも。。。
愚痴や不満が多い人(愚痴から何を生み出すか)
生きている限り愚痴や不満はたまりますし、言いたくなることもあるでしょう。しかし、負の言葉ばかり使っていれば、どんどんと幸せを遠ざけます。
へこんだ時(人に期待しないこと)
人生へこむことも多いでしょう。でも、そのへこみが多い人もいれば、少ない人もいます。その差は一体何なのでしょうか。
他人と比べる(過去の自分と比べよう)
他人と比べることばかりをしていては、どんどんと幸せからは遠ざかっていくことになるでしょう。
人間関係の悩み(人は違うもの)
生きている限り人間関係の悩みはつきものです。
スルースキル(上手に受け流す)
スルースキルを身に着けることで、人から何を言われようとへこまない心を持つことができるでしょう。
理屈っぽい人(平気な自分に変える)
理屈っぽい人と接するとストレスがたまるだけなので、そういったものを聞き流し、平気な自分に変えることも大切です。
世間体を気にしない(自分自身の人生を歩む)
世間を気にしていては、自分の本当に歩みたい人生が歩めなくなるでしょう。
周りに合わせてしまう(協調性と対立)
周りに合わせてばかりおらず、きちんと意見を言わないとストレスの溜まる人生になります。
自分を殺す(話を聞くときの姿勢)
自分を殺すことは、決して悪いことばかりではありません。
人は変えられない(本当に望んでいることは)
人は簡単に変えられませんが、人を変えなくても、自分が望んでいるものは手に入ったりします。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール