生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)

ぺん子「仕事終わって、ネットしたりお酒飲んだりの繰り返し。このままでホントにいいのかしら。」

ぺんぺけ「ひたすらおいしいものを探す人生だぺけけ〜」

ぺん子「それはそれで楽しいそうじゃないの!」

ぺんぺけ「今日を楽しく生きるぺけけ〜」





行動できなかった後悔が多い。。。


人生で後悔する回数は少なければ少ないほどいいと
思うのですが、後悔する出来事は起きてしまうもの。

でもさすがに死ぬ時くらいは、

「あれしておけばよかった…これもしておけばよかった…」

と後悔することがないようにしたい所です。

今日は、
  1. 死を前にした人に聞いてみた
  2. 後悔するなら行動してから!
  3. 時は命なり
という3つのトピックでお送りします。
人生で後悔しないヒントになれば幸いです。

1.死を前にした人に聞いてみた

ホスピスに勤めているお医者さんが患者さんに、
「人生で、しておけばよかったことがありますか」と
聞いたそうです。その答えで最も多かったのが、

もっと勇気を持って自分に正直な人生を送ればよかった

人の期待にこたえようとする人生ではなく、
自分の思うままの人生を送りたかった。

というものでした。

人は好意を得るために、他人の顔色をうかがったり、
自分の意思を押し殺してしまうことがあります。
とはいえ、自分の意見を上手に伝える方法はあるはず。

今はコーチングや心理学、コミュニケーションのための講座が
いたるところで開かれています。

これからはコミュニケーションの時代とも言われています。

言うことを我慢するのではなく、上手に伝えるスキル
身につけましょう!

そうしたら自分の気持ちを、
大切にできるのではないかと思います。

2.後悔するなら行動してから!

本気で取り組んで頑張ってる人ってカッコイイですよね。
中途半端な気持ちでやると、逆に疲れてしまいます。

後悔をする一番の理由は、
「あの時ああすればよかった」「こうすればよかった」
という、行動しないでいることが多いのです。

「あの時、あの人に勇気を出して告白していたら…」
「あの場所へ行っていたら・・・」

そんな後悔をしないためにも、
「後悔するなら行動してから!」
という習慣を身につけましょう。

失敗しても、行動したのだから、という自負につながります。
行動してした失敗は財産です。

3.時は命なり
  • ああ、今日もあれをするのを忘れた。
  • 今週も忘れた。
  • 今月もしなかった。
  • 今年もできなかった…
  • とうとう生きているうちに・・・・
とならないように!今日やるべきことを今日やりましょう!

聖書には、
「その日の苦労はその日だけで十分である」(マタイ6章34節)
という言葉があります。

「将来の心配を先取りするな。
今日という一日を精いっぱい生きなさい、」
という教えでもあります。

”明日やればいい”の根源にあるのは怠け心であることが多いのです。

その怠け心に従うかどうかはあなたの判断にゆだねられていますが、
人生で後悔しないためには、普段から自分を甘やかさないことです。

生まれてから命の時間は減り続けています。

時は金なりと言いますが、時は命なのです。

命を有意義に使っていくことが人生で後悔をしないための、
秘訣と言えるでしょう。

今日も命を有意義に使える幸せな日でありますように!


スポンサーリンク



ぺん子「命を有意義にか〜!私も同じ日々を過ごしてないで、別のことに向かっていかなきゃだね。」

ぺんぺけ「気にいっているお店ばかりでなくて、どんどん新規開拓するぺけけ〜」

ぺん子「なんだか方向性が違う気もするけど、まあいっか…」

は王「行動しなかったことや、時間を無駄に過ごしたことが人生を後悔する原因として最も多いのは、予想どおりかもしれないな。だからと言って人はなかなか行動することが出来ない。何か使命や目的や意欲がないと行動出来ないことが多いので、無理にでも作るのがいいかもしれない。例えば、ある試験に受かったら、高級な焼き肉を食べに行くとか。特別な価値をお店につけることで、そのお店に行った時に、特別な感情が味わえる。この感情ってのが、何よりも大事な報酬になって、意欲になることは結構あることなんだな。」



 

人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール