生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

生きていく自信(何で自信を失ったのか)

ぺん子「仕事もミスが多いし、何をやっても自信が持てないわ。」

ぺんぺけ「何とかなるぺけけ〜。おいしい食べ物のことだけ考えとけばいいぺけけ〜」

ぺん子「そんな単純に思考切り替えられないわよ。なんか自信が出てくる方法でもないかしら。」





眠っているワクワク感を呼び覚まそう。。。


生きていく自信がなくなる時って
あると思います。

年金いくらもらえるかわからない。
このままだと、結婚相手もいないかも。

マイホーム買うの?アパートに住むの?
誰が私の老後の面倒見てくれるの?

一人で死んだらどうしよう。
世の中、不安だらけですよね。

ところで、あなたは

・生きていく自信のある人
・生きていく自信のない人

どちらになりたいですか?
生きていく自信のある人になりたいですよね。

あなたの周りに、
「この人は生きていく自信を持っていそうだな」
と思う人はいますか。

その人たちの共通点はどんなものでしょうか。

きっと、前向きなことと思います。

不安があっても、それにとらわれないで、
前向きに行動できる人ではないでしょうか。

不安は悪いことなのか、というとそうではありません。
不安を感じるということは、
自分の中で何かを変える必要がある
という気づきでもあります。

まずは、不安にとらわれないように、
前向きにとらえてみましょう。

前向きになるためには、パワーが必要です。

パワーは人からもらうという方法もありますが、
人からもらうというのは、人間の中にパワーがあることを
示しています。

だから、「私は不安だらけ」と思う人にも
パワーが眠っていることになります。
それを思い出してみましょう。

小さい頃は、ワクワク、ドキドキすることがあったはずです。

それが、周りの人の「無理だよ。」とか、「年齢を考えろ。」
などという言葉にあきらめさせられてきました。

そうして、あなたは元気がなくなってきて
しまったのではないでしょうか。

ワクワク、ドキドキすることを探してみましょう。
そうすると、「生きていればどうにかなる。」
という開き直りが生まれてきます。

生きていく自信がないからこそ、それを埋めるための行動に
一歩踏み出せるのではないでしょうか。

人生とは自分に足りないものを埋めていく過程とも言えます。

劣っている能力を訓練によって補い
自分が優れている能力を、分け合って、また補ってもらって。

そんなことの繰り返しです。

生きていく自信がない、なんて、悩んでいることで
何かいいことはありますでしょうか?

行動しなければ、何も生まれません。
変えようとしなければ、今のままです。


「自信がない」、「自信がない」、と自分に言い聞かせていては、
ますます生きる自信がなくなってしまいます。

それは、「バカだ」と言われた子供が本当に
頭の悪い子供に育ってしまうのに似ています。

「生きる自信がない」と嘆くより、
どうやったら生きる自信を得られるのか
考えてみませんか。

何が私の自信を奪ったのか。

生きる自信を持っていたころは、何に夢中になっていたのか。

そんなことを考えると、ちょっとワクワクしてきませんか。

ワクワク、ドキドキは人をひきつけます。
幸運を引き寄せます。

幸運を引き寄せる方法なんて、いくらでもあるのです。

当サイトの1つの目標でもある「幸せマインド」は、
もっともっとあなたの近くにいるのです。

そうしたら、生きていく自信がどうのとか、言わなくなってくるでしょう。
立ち直った人もいくらでもいます。

一度きりの人生です。自信がどう、とか言うよりも、
思いっきりやりたいことをやってみるのもいいでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「ワクワク、ドキドキすることか〜。子供の頃は何でも夢中になったわね。」

ぺんぺけ「新しい焼肉屋がオープンする見たいだぺけ〜。ダッシュでいくぺけけ〜。^^(‥ )^^^ 〜〜〜 パタパタ 」

ぺん子「思えば、ぺんぺけはいつもワクワクしてるわね!ってぺんぺけ飛んで行くなんてずるい!私も連れてってよ!空飛べないんだから!って言うか普通は飛べないし。」

は王「いつも何かに怒っていたり、何かと言うと文句ばかり言う人は、自分に自信がない人が多い。そして、いつもワクワクしていて、子供の心を忘れていない人は、自信のある人が多いもの。同じ日々の繰り返しばかりでは、どうしてもどんどん自信を失っていく。ベタだが新しいことを初めて見るのは良い刺激になるだろう。ワクワクする週末が、自信につながっていくこともあるだろう。まずはやはり、興味をもってチャレンジしてみることだな。」



 

生きていく自信(何で自信を失ったのか)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。
本当の勝ち組とは(自分だけの勝ち組)
本当の勝ち組とは常に幸せな気持ちを持っている人かもしれません。
不自由な人生(誰が不自由にしているのか)
人生を不自由にしているのは、あなた自身の考えかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール