生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

世の中に不安を感じたら(できることをする)

ぺん子「ネットやニュースを見ていると世の中に不安を感じることが多いわよね。」

ぺんぺけ「B級グルメの話題も結構やっているぺけ〜」

ぺん子「別にB級グルメ巡りなんてしたくないわ。」

ぺんぺけ「B級グルメもおいしいところは侮れないぺけけ〜」

ぺん子「すっかり食べ物の話題になっちゃったわね…」





生き生きとした人生を過ごすには。。。


大雨や地震などの異常気象が続いています。
また、世界の各地で大規模なテロが起こったり、
他国からミサイルなどが飛んでくる心配もありますね。

以前にはなかったデング熱や大人のはしかなどが
大流行したり、新型のインフルエンザや、
どんどん患者が増えていくアレルギー症状などで、
苦しんでいる方も多いでしょう。

ブラック企業やシングルマザーの収入の問題など、
経済的な不安も大きくなっています。

学校は学級崩壊して、
無差別殺人などの事件も増えました。

世の中には不安な事がたくさん起こります。そして
そのたびに、テレビや新聞は大騒ぎになるのです。

あなたはそんなニュースを見たとき、
どのような感想を持ちますか?

「またか」と軽く流す人もいれば、
驚いてニュースをはしごする人もいるでしょう。

ネットに書き込みを続けたり、
知人と対策を話し込んだりする人もいるでしょう。

解決に向けて実際に動き始めたり、
ボランティア活動を始めたりする場合はいいのです。

だけど中には不安ばかりが大きくなって、
夜も眠れなくなってしまう人たちがいます。

世の中に不安を感じたとき、必要以上に恐怖を
持ってしまうと、日常生活にも支障が出てきます。

ですからそんなときは、あなたのできる事だけ
一生懸命やればいいのです。

たとえば大きな地震が起きたとき、
ボランティアに行ける人はごく一部でしょう。

大抵の人は仕事や学校があるので、
簡単に動く事はできません。

だとしたら、余裕がある分だけのお金を送れば
いいのです。そしてあなたの普段の生活を、
大切に過ごしていけばいいのです。

中にはそんな「普通の生活」を批難する人もいる
のですが、その人が実際に大きな活動をしている
のかといえば、そういう訳でもないでしょう。

口を出す人ほど、体は動いていないのです。

ですからあなたが世の中に不安を感じたら、
まずは自分ができる事をしましょう。

直接関係がない事でも、あなたがいいと思う事を
すればいいのです。

あなたが一つごみを拾えば、周囲の人たちの
気分がよくなります。

気分がよくなれば、募金箱にお金を入れる人も
増えていくかもしれません。

料理が得意なら、近所の子どもに料理を教える
のもいいでしょう。

その子が大きくなったとき、そのとき起きた
被災地に炊き出しに行くかもしれません。

世の中に不安を感じたら、直接的な行動を
起こす事だけが大切な訳ではないのです。

もし世の中の全員がボランティアに出かけて
しまったら、社会全体が麻痺してしまいます。

あなたには、あなたのいるべき場所があるのです。

世の中に不安を感じたら、
あなたはあなたができる事をしてください。

直接的な行動よりも時間はかかりますが、あなた
の周囲の世界は少しずつよくなっていくでしょう。

毎日を一生懸命生きていると、不安を
感じる暇もなくなりますから、何よりも
あなた自身が生き生きとしてくるはずです。

そして生き生きすることにより、「幸せマインド
も感じやすくなってくることでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「自分ができることをする。やっぱりこれに尽きるわね。」

ぺんぺけ「遠くのお店より、まずは近くのお店を制覇していくぺけ〜」

は王「どこに目を向けるかで人生のあり方は変わってくるが、ニュースはとかく暗いのばかりをやる。あまりニュースにこだわりすぎて、不安を大きくしないようにしたいところだな。」



 

世の中に不安を感じたら(できることをする)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
本当の勝ち組とは(自分だけの勝ち組)
本当の勝ち組とは常に幸せな気持ちを持っている人かもしれません。
不自由な人生(誰が不自由にしているのか)
人生を不自由にしているのは、あなた自身の考えかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール