生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

人生の成功とは(失敗から学ぶ)

ぺん子「失敗続きの人生で結局サラリーマンに落ち着いたし、人生の成功って一体何だろう。」

ぺんぺけ「おいしい食べ物を食べ続けられれば、人生成功だぺけ〜」

ぺん子「したいことができるって考えは確かに成功かも知れないわね。」





諦めないことが人生の成功につながる。。。


あなたは人生で成功したいですか?
もちろん、成功したくない人はいないでしょう。

成功の反対は失敗です。
成功と失敗の違いは何だと思いますか。
成功する人と失敗する人とにはどういう違いがあるのでしょう。

もし自分で成功するか、失敗するかを決められるとしたら
あなたは決めたいですか。それとも、他人に決めてもらいたいですか?

歴史上、最も失敗した人物を知っていますか。
有名な人です。そう、発明王エジソンです。

エジソンは電球を開発するまでに、1万回も
実験に失敗したと言われています。
あなたは一度失敗しても挑戦しつづけたことがありますか。

90%以上もの人が1度でも失敗すれば
「もうやりたくない」と少なからず感じてしまうそうです。

それが1万回?!
私ならとても耐えられそうにありません。

彼が挑戦し続けることができたのはなぜでしょうか。
ここに成功へのヒントが隠されています。
インタビュアーが、
「エジソンさん、一万回も実験に失敗したそうですね。
お疲れ様でした。大変でしたね。」

その時の彼の返事はこういうものでした。

「いや、失敗したのではない。
この方法ではうまくいかない、ということを1万回学び
その1回1回が成功に私を近づけてくれたのだ。」
と話したといいます。

人がなんと言おうとエジソンは失敗ととらえず、
成功への一里塚としてとらえたのです。

要するにあなたが失敗したと受け入れない限り、
失敗にはならないのです。


私は小学3年生のある日80点のテストを母親に見せました。
自分ではよくできたと思ったのです。
しかし、母親の返事は
「なんだ、もっと取れると思った。次はもっと頑張りなさい」でした。

私は「がんばったね。次はもっといい点が取れるよ」
と言って欲しかったのです。

でも、大人になった今、自分の評価は自分でしなければなりません。
そうでなければ他人に評価されないと、不満に思うようになるからです。

それが
「こんなに頑張っているのに、周りは認めてくれない。」
という言葉です。

自分で自分をきちんと評価できていれば、こんな言葉は
出るはずがないのです。

でも自分に厳しすぎるのも考え物です。
ある人はテストで100点をめざし、ある人は合格点を目指します。

どちらの人がプレッシャーを感じるかは言うまでもありませんよね。

もうダメだと友達に相談した時に、
なんとかなるよと楽天的な人に救われたことはありませんか。

そう、物事の全体と1つ1つの両方を見なければならないのです。

私たちには空から全体を見る鳥の目と、
同時並行して物事を見る虫の目の、両方が必要です。

仕事でミスをしてしまった。
もうこんな仕事やめたい。
私なんていない方がみんなのためなんだ。

ちょっと待ってください。
仕事を始めた頃のあなたを思い出してください。

少しずつ速くそして正確に仕事ができるようになってきたはずです。
自己嫌悪し続けることで次につながるでしょうか。つながるどころか、
集中できずにまた失敗を繰り返すかもしれません。

過去の失敗を振り返り、現在の自分を評価し、未来への力にすること。
それができれば、人生はすでに成功したと言えるでしょう。

過去の失敗から学び、そして成功へとつなげていく。
人生を幸せにする思考のヒントはここにも隠されていると思います。


スポンサーリンク



ぺん子「今からでも諦めなければ自分なりに人生成功できるってことね。」

ぺんぺけ「とりあえず肉まん食べながら考えるぺけ〜」

ぺん子「いつもどこから肉まんが出てくるんだろう…」

は王「何をもって成功と感じるかは人それぞれ。自分自身が幸せを感じていれば、それで人生の成功と言えるかもしれないな。」



 

人生の成功とは(失敗から学ぶ)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。
本当の勝ち組とは(自分だけの勝ち組)
本当の勝ち組とは常に幸せな気持ちを持っている人かもしれません。
不自由な人生(誰が不自由にしているのか)
人生を不自由にしているのは、あなた自身の考えかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール