生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

生きるということ(生きていることを実感する時とは)

生きるとは一体何なのか。それは、人それぞれに答えが
違うものかも知れません。しかし、どうせ生きるなら、
生きがいや幸せを求めたい所であります。





どんなときに生きている幸せを感じるのか。。。


ふと、「これからの人生、どう過ごしていこう」
「自分の一生はなんのためにあるのだろう。」
と、考えることがあります。

誰もが思うことだけど、答えが無数にある質問で
人生はその答えを探す旅とも言えます。

生きるということは○○である。
ここにあなたの答えを入れてみてください。
  • 考えること
  • 愛すること
  • 歌うこと
  • 勉強すること
  • 呼吸すること
人の数だけ答えがあると思います。

どれが正解、というものでもなく、
どれが間違っている、というものでもありません。

逆にいえば、どれも正解です。

実にいろいろな人がこの問題に直面し、
色々と考えています。

永六輔さんの
「生きているということ」
という歌に、

生きているということは、誰かに借りをつくること。
生きていくということは、その借りを返していくこと。

という歌詞があります。昔、誰かにしてもらったように、
自分も相手にしてあげよう、という気持ちや行為。

感情や一つ一つの出来事、すべてをひっくるめたものが
生きるということ、のようです。

こういう考え方もあります。
カウンセラーの心屋 仁之助さんは

『生きるということは
「明日のことを考えない」
ということです。』と言っています。

明日はどうなるのかと心配せず、
どうなるべき、どうするべき、と自分を縛らず、
やりたいことを思い切ってやる!

それが生きるということだ、と言います。

前者はやるべきことをやる
後者はやりたいことをやる

という感じもします。

どちらにフォーカスしても生きる力が湧いてきます。

やるべきことをやっている人は
「あの人はしっかりしていてすごいなぁ」
と思うし、

やりたいことを思い切ってやっている人は、
「私も同じようにやりたいことを精いっぱいやりたい」
エネルギーをもらえます。

どちらにしても、いい方向に向かって
行動することが生きること、と言えそうです。
選ぶ自由もあります。

また、進行性筋ジストロフィーの5行詩作家、岩崎航さんは、
インタビューの中でこのように話しています。

「私も『こうだ!』と断言できるような言葉は
まだ持ってないんですが、
これだけは言えるということがあるとすれば、
生きていてよかった』ということです。」

生きるということが何かわからなくなっても、
生きていてよかった、そう思える瞬間が必ずある
ということです。

5行詩を出版するにあたり、クオリティを求められた
こともあったそうです。

でも「仕事なんだ。」と思うことで真剣さが増し、
完成度が高い作品ができたと言います。
その時、生きるということは、仕事をするということ。
と感じたそうです。

仕事をするということは、誰かに必要とされること。
誰かに必要とされることが、生きるということ
なのかもしれません。

今、あなたがしていることは、生きているということ
それだけは間違いありません。


自分の命に自信を持って、人のため、自分のために
悩みながら、楽しみながら、成長していきたい。

そのように考えるあなたの人生はこれからもきっと
輝き続けるはずです。

そして、どうせ生きるのであれば、どうぞ
幸せになること」をもっと求めて言って頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「人生について考えるとどんどんと深みにはまって行くわね!ぺんぺけにとって生きると言うことは何?」

ぺんぺけ「食べることと、寝ることだぺけ〜」

ぺん子「聞くんじゃなかったわね…」

は王「どんなときに生きていると実感できるのか。どんな時が一番人生で満足しているのか。これはひとそれぞれ根の深い問題なので、人の数だけ答えが存在することになる。いずれにしても、楽しい幸せな人生を歩んだ方が、人生ラクだし、生きやすいので、自分がワクワク出来るものや夢中になれるものに時間を割くのは良いことだと言えそうだな。」



 

生きるということ(生きていることを実感する時とは)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール