生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)

ぺん子「いつ死ぬか分からないし、悔いのない人生を送りたいと思っていても日々忙しくて他のことに手が回らないわね。」

ぺんぺけ「毎日ひたすらおいしいものを食べて悔いのない人生を送るぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食べること以外にしたいことがないのかしら。」





悔いのない日々を心がけよう。。。


普段意識していなくても、突然意識させられるもの。

それは「死」です。

あなたはどんな時に「死」を意識しますか?
人が亡くなるニュースを聞いた。
お葬式に出た。
はたまた、道端で死んでいる動物を見た。
などなど・・・

命がなくなることなくなった状態を見て、
自分もいつか死ぬんだ、ということを思い知らされます。

そして、「自分はどんなふうに死んでいくんだろう。
どんな埋葬方法がいいだろう。自分が死んだあと
誰かが悲しんでくれるのかな。思い出してくれるかな。」

と、ふと思ったりします。

そして、「でも、明日死ぬわけじゃないし、
いつか考えればいいか。」と先送りしてしまうのです。

悔いを残さない人生を送りたいと誰もが思います。

人生とは1日1日の積み重ねであり、悔いを残さない人生を
送りたいなら、悔いの残らない毎日を送るべきというのは、
多くの人が気付いていることだと思います。

あなたにとって悔いが残る人生とはどのような人生でしょうか。

言いたいことがあったのに、勇気を出せずに言えなかった。
志半ばであきらめなければならなかった。
助けたかったのに、助けられなかった。
不注意や一時の感情で取り返しのつかないことをしてしまった。

そしてやり直したり、取り戻すすべがないと感じる時、
人は悔いを残してしまうのではないでしょうか。

ある少年は7歳の時母親を亡くしました。
あろうことか、実の父親が母親を殺してしまったのです。

少年はショックのあまり10年以上吃音となってしまいました。
そして周りからは「犯罪者の息子」と陰口を言われたり、
いじめにあうようになりました。

悲しみに暮れながらも、
「なぜ、父は母を殺したのだろう。その理由がわからなければ
僕も父親のようになってしまうかもしれない」
と思っていたそうです。

彼は口がきけないので、最低賃金のゴルフ場の芝刈りのアルバイトを
していました。その問いを持ち続けながら人生を歩みます。

19歳の時彼の人生に転機が訪れます。
友人に誘われて、とある自己啓発セミナーで
「成功者は生まれながらに決まっているものではなく、
作られるものだ。」という言葉を耳にするのです。

紆余曲折を経て、現在彼はビジネスに成功し
多くの人を成功に導いています。

そして、「父が母を殺すという出来事があったからこそ、
成功することに貪欲になれた。そして、人を救いたいという
気持ちが人より強かった。その出来事に感謝している。」
と言います。

「もし僕が○○していれば…」などと人生で後悔ばかりしていたら
現在のような状態にはなっていなかったでしょう。

どんなつらい出来事でもそれを糧にする考えができれば
それは無駄にはなりません。


一つ一つの出来事に、そのような意味を持たせていくことが
悔いのない人生につながっていくのではないでしょうか。

日々の生活で大事だけでも緊急でないこと、
家族との会話や自分の志など、悔いを残したまま
去ることは避けたいものです。

常に幸せな気持ちをもって生きていきたいものですね。


スポンサーリンク



ぺん子「結局悔いのない人生を送る為には毎日の行動を大切にして、過ごして行かなければならないってことね。」

ぺんぺけ「毎日おいしいものを追い求めているから完璧だぺけ〜」

ぺん子「忙しいのを言い訳にしていてはならないわね。」

は王「とくに仕事ばかりに追われる人生では悔いを残す人が多いので、日々忙しい生活を送っている人は自分を振り返る時間を毎日5分だけでも設けた方が良いだろう。自分を見つめる機会をもたずにただ日々を過ごしていると、いざ体が動かなくなった時に後悔し、人生に悔いを残すことになるのは目に見えているからな。」



 

悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール