生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

迷ったときは…(人生の選択)

ぺん子「小さいころまさかこんな普通の事務職なんてすることはないと思っていたけど、やっぱ自分がやりたかったことをするべきだったかな〜」

ぺんぺけ「ラーメンを食べるつもりだったのに、まさか牛丼の誘惑に負けるなんて思ってなかったぺけ〜」

ぺん子「人生どう転ぶか分からないものね〜って、規模を一緒にしないでよ!」






「会社をやめるべきか、続けるべきか…」
「恋人と別れるべきか、もう少し一緒にいるべきか…」
「〇〇大学に行くべきか、△△大学に行くべきか…」

人生の大きな転機にたった時、どちらを選んだら
いいか迷うときってありますよね。

今の会社はブラックすぎて体も精神的にも限界だと
思うけど、辞めた後の収入を考えると怖い…

今の恋人は頼りなくて結婚までは考えられないけれど、
別れてしまうと年齢的に次の人が見つかるかどうか…

〇〇大学は就職に有利だけれど、
やりたいことは△△大学でないとできないし…

明らかに「こっちがいい!」と選べる時は楽だけど、
ここで間違えたら大きな痛手を受けるかも…という不安。

どちらを選んだらいいか迷ったとき、あなたは頭を抱えて
いつまでもぐるぐると悩み続けることがあるかもしれません。
そして悩んでいる間は、先には進めないものです。

でも、ちょっと考えてみてください。

レストランでハンバーグかチキンステーキか迷ったとき、
後から「正解だった!」って思える確率って、どのくらい
あるでしょう。

実際のところ結果なんて、選んだ後にしか分からない
のではないでしょうか。

和風ハンバーグが大好物だけれど、ソースの味付けが
イマイチだったかもしれない。

チキンステーキを選んだら、お肉が生焼けだったかもしれない。

逆にどちらを選んでも、とっても美味しく食べられた!
ってこともあるんです。

迷ったときは、どちらを選んでも一緒。

あなたが後悔するかしないかだけ、なんです。

ハンバーグが美味しくなかったので、頼んだ口直しの
デザートが衝撃的なくらい美味しかったとか。

生焼けだったチキンの話をした同僚が他のお店に
連れていってくれて、無二の親友になれたとか。

どちらを選んでも、たとえその結果が失敗に
見えたとしても、最後にいいことにつなげることが
できたなら、結果オーライなんですよね。

ハンバーグのおいしさだけ、チキンステーキの
素晴らしさだけを求めてしまうと、そんな予想外の
ギフトが見えなくなってしまうかもしれません。

迷ったときは、どちらを選んでも一緒。

だとしたら鬱々と悩んでいる間に、直感でぱぱっと
決めてしまうのもアリかもしれないですよ。

思いきって飛び込んで、「こっちは向いてなかった…」
と思うこともあるかもしれないですが、それでもいい
じゃないですか。

「自分には向いていなかった」ってわかることだって、
一つの大きな進歩です。

会社をやめて一度は経済的に困ったけれど、
趣味を始める時間ができて、「生きてる!」って
実感が持てるようになることもあります。

恋人と別れて新しい恋人を見つけることも
できなかったけれど、そのおかげで一生
続けられる天職と出会えることもあります。

しぶしぶ入った大学を卒業して面白くもない就職
をしたけれど、そのおかげで生涯を共にする、本当に
素晴らしい相手と出会うことができることもあります。

結果が理想の通りには進まなくても、
いつの日か素敵な出来事につながれば、結果オーライ。

迷ったときは結果だけを見ないで、
大きな視点で「今」を眺めてみませんか?

最後には「なかなか悪くない選択だったな」と思えるように、
自分の選んだ道を楽しみながら進んでいけるといいですね。

そういった気持ちで人生を選択することで、
また1つ幸せマインドを持てることになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「どちらの道を選んでも、同じような人生だったかもしれないわね。」

ぺんぺけ「どちらの食べ物を選んでも、同じ満足感だったと思うぺけ〜」

は王「人生機会はいくらでもあるし、1つの選択で大きく変わることもない。必要なチャンスは何度でも訪れてくるものなんだよ。」



 

迷ったときは…(人生の選択)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール