生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)

ぺん子「毎日の生活が単調で、活力が欲しいわ。」

ぺんぺけ「焼き肉食べて活力をつけるぺけ〜」

ぺん子「そうじゃなくて、生活にメリハリが欲しいの!」

ぺんぺけ「では、イタリア料理にいくぺけけ〜」

ぺん子「(ノ_-;)ハア…ぺんぺけに言うだけ無駄だったわね。」





平穏が幸せと思える思考。。。


毎日毎日、同じことの繰り返し。
会社へ行って、いつもと同じようにパソコンを付けて
メールチェックをして・・・

これをやっていて、何になるんだろう。
これが人生の終わりまで続くのかなぁ。
ありえない。

って、思うこと。
誰でも1度や2度あるのではないでしょうか。

同じことの繰り返しって、正直飽きてきます。
脳は常に刺激を求めたがります。
ですから、同じようなことを繰り返していても
同じようにしない創意工夫や考え方が必要になってきます。
そのための3つのお役立ち知識を紹介します。

1 ロボットになってみる。
私も、伝票とか書類作成があって
それは完全に同じで、意味があるのだろうかとか
思っていたのですが、その部分だけロボットになって
こなしてしまった方が楽なことに最近気づきました。

意味あるのかしら、なんて思うからつらくなるのです。
それよりも、もっと重要な仕事に本腰を入れた方がいいです。

2 変化をつけてみる。
同じようなことの繰り返しでも、自分で変化をつけられる
場合もあります。
何かの報告事項とか。部下への指導とか。

同じことを繰り返しているなら、もっと効率よくやる
方法はないか探してみるとか。
マニュアルを作って、引き継げる状態にしておくとか。

あなたが早くできるようになれば、別の仕事を任されるかも
しれません。

生活で同じことの繰り返しで飽きているなら、
変化をつけるのは簡単です。

いつもと違う道を通ってみる。
食べたことのないものを食べてみる。
会ったことのない分野の人に会ってみる。
いつもは読まないような本を読んでみる。

毎日同じように、嫌な人に会うのもストレスですよね。

同じ人に囲まれて、同じ仕事をする。
そういう時は、もし、○さんが○○だったら、
と勝手にストーリーを作って、自分の頭で楽しんじゃう!

同じことの繰り返し、って脳に思い込ませているから、
飽きてきてしまうのです。


3 同じことの繰り返しは幸せ?
同じことの繰り返しって、幸せなことでもあります。
毎日布団で寝て、毎日同じ時間に起きて、
ご飯を食べて、仕事をして・・・寝ること。

これが突然無くなった日がありました。

そう、東日本大震災です。
私が住んでいたところは幸い被害が少なく、
3日間だけの停電で済みました。

それでも、いつも使っていた電気がなくなり、
いつものようにご飯が食べられなくなり、
会社で仕事ができなくなり、
車がつかえなくなり、
沿岸の方たちはたくさん亡くなりました。

同じことの繰り返しができなくなってしまったのです。
同じことの繰り返しができるのは、誰かのおかげでもあります。

会社がつぶれないで残っていること。
パソコンが壊れていないこと。
同僚が健康で働いてくれること。

同じように見えるけど、本当はちょっとしたことで壊れてしまう
微妙なバランスの上に成り立っていることを、実感しました。

あなたが昨日と同じように健康であるから、
今日、同じことができるのです。

もし、今日目が見えなくなっていたらどうしますか。
もし、今日耳が聞こえなくなっていたら?

私だったら、もっと1つ1つのことを大切にすればよかったと
後悔しそうです。

そう考えると、ちょっと考えが変わってきませんか。
感謝をして何かをすることは、あなたに幸運を引き寄せます。
人、モノ、お金・・・

震災が起こらなくても、同じことの繰り返しができなくなる日は
必ず来ます。人は必ず老い、必ず死ぬからです。
それでも、あなたは「同じことの繰り返しは意味がない」と
嘆き続けるのでしょうか。

幸せな考え方はごく身近な考えにあるのかもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「日々十分な生活が出来ていることに感謝して生きるのも、大事よね。」

ぺんぺけ「毎日おいしい食べ物があって幸せだぺけけ〜」

は王「同じことの繰り返しに飽きてしまうのも良く分かる気持ちだが、それが一番幸せかもしれないと言うことを意識するだけでも、大分変わる。もっとも人は変化を嫌うが、刺激は求めたりするので、いつもと違うことを出来る範囲でやってみるのは楽しいかもしれないな。」



 

同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール