生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)

ぺん子「私って何のために生きてるんだろ。」

ぺんぺけ「毎日おいしいもの食べるために生きているぺけけ〜」

ぺん子「でもそれって生きてる価値があるっていうのかしら。」

ぺんぺけ「今日は何を食べに行くか悩むぺけ〜」

ぺん子「相変わらず全然聞いてくれてないのね…」





存在自体に価値はあるのです。。。


生きる価値がない、と思った人に贈りたい言葉があります。
何も知らない者は何も愛せない。

何もできない者は何も理解できない。

何も理解できない者は生きている価値がない。

だが、理解できる者は愛し、気づき、見る。

ある者に、より多くの知識がそなわっていれば、それだけ愛は大きくなる。

すべての果実が苺と同時期に実ると思いこんでいる者は、葡萄について何一つ知らない者だ。

16世紀のスイスの医師、パラケルススの言葉です。

あなたは何も知らない者でしょうか。
あなたは何も理解できない者でしょうか。
違うと思うんです。

知ったこともあって、できたこともあって、
誰かを愛したこともあるはずです。

だから、自分で勝手に
「生きる価値がない」
なんて、思わないでほしいのです。

そのように思ってしまったきっかけは何でしょう?

仕事が全くできませんでしたか?
いじめにでも遭いましたか?
誰かにそのように言われましたか?
好きな人に振られてしまいましたか?

でも仮に、何かが全くできなかったとしても、
生きる価値がないとは言えないと思います。

なぜなら、その人は誰かとかかわりを持っていて、
誰かがあなたの価値を感じているからです。

友達、家族、恋人、同級生・・・

ただ、あなたは今ちょっと落ち込んでいて、
あなたのいいところが見えていないだけだと思うのです。

他人に否定されたって、その意見に従う必要はありません。

その人にはあなたのいいところが見えていないのですから。
あなたのいいところを見てくれる人を探せばいいのです。

それってどうやって見つけるの?

あなたが人のいいところを見てあげたら、自然に相手も
同じようにしてくれますよ。

もし、あなたが他の人の価値に気付けるなら、
自分の価値にも気づけるはずです。

比べなくていいのです。

あなたらしくていいのです。
お気楽極楽くらいがちょうどいいのです。

「お前は生きる価値がないな。」

同じことを言われても、傷つく人と傷つかない人がいます。

「誰に言われても傷つくでしょ。」
と思う方もいるかもしれないのですが、
例えば、仮に小さい小さいネズミがあなたに
そのように言ったら、たぶん落ち込まないですよね。

落ち込む、落ち込まないは、自分で選ぶことができるのです。

逆にいえば、自分で選んで落ち込んでいる、とも言えます。

そもそも、”生きる価値”は、自分自身で
感じていなければならないものでしょうか。

自分自身に生きる価値があると胸を張って言えて、
いつも実感できている人はほとんどいないと思います。

ほとんどの人が、「ある」と「ない」の間で揺れています。

「生きる価値がない」と思っている人は、

自分はもっと役に立つ立派な人間にならなければいけない。

と無意識に思っているのかもしれません。

でも、人は完ぺきではありません。

時には誰かに助けてもらったっていいんです。
できないって、素直に言うことも時には必要です。

誰かに助けてもらえたなら、あなたには助ける価値があるということ。
それは、あなたが生きる価値があるということにならないでしょうか。

もう少し、このテーマを掘り下げたい場合は、
生きる価値とは(価値とは何なのか)」も
ご参考下さいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「何か行動するってことは、それ自体に価値があるってことなのかしら。そう考えると、生きていること自体に価値があるって言えるわね。」

ぺんぺけ「今日はラーメン食べに行くぺけけ〜」

ぺん子「ラーメン食べるってことは、作った人にとっては消費してくれる価値があるわけで…何だかややこしくなってきたわ。」

ぺんぺけ「ラーメン食べるぺけか?」

ぺん子「そうね。ラーメン食べながらビールでも飲んで、細かいことは忘れたいわ。」

は王「社会に偉大な貢献をしたからといって、その人の生きる価値が他の人より高かったわけでもなんでもない。どこを基準にするかだけであって、宇宙から見れば、人類の存在の価値なんてどれも同じようなものだろう。自分一人が生きる価値がないなんて、そんなことを感じる必要は微塵もない。ただ、あなたは同じように明日も生きていいんだよ。」



 

生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
人生の王道(人生に王道なしは本当か)
人生に王道があれば、それを目指すのが幸せなのでしょうか。今回はそのことについて考えてみたいと思います。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール