生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

人生の王道(人生に王道なしは本当か)

ぺん子「人生の王道って一体何なのだろう。」

ぺんぺけ「おいしいものを食べると元気が出てくるのが、王道だぺけ〜」

ぺん子「元気は出るけど王道とは違う気がするわ。」

ぺんぺけ「ところで王道ってなにぺけか〜?」

ぺん子「まずはそこからか…」





王道を選ぶ人生、外れる人生。。。


「人生に王道なし」ということわざを知っていますか。
王道とは、楽な道、安易な道という意味です。

人生に楽な道や近道はないという戒めの
言葉ですが、最近では転じて「多くの人が
選ぶ方法」という使い方もされています。

人生の王道とはなんでしょう。

生まれて、勉強して、就職して、働いて、
結婚して、子育てをし、子育てを終え、
子どもに看取られる。

これが多くの人の人生の王道と言えそうです。

多くの人がやっている方法だからといって
自分もそうしなければいけないのかというと、
そういうわけでもありません。

独身でも楽しいかもしれないですし、就職しなく
ても人生を楽しんでいる人はたくさんいます。

どの道を選ぶにしても、精神面の王道があります。

それは、愛や貢献、感謝の気持ち。
誰かに幸せになってもらいたいという気持ち。
誰かの役に立ちたいという気持ち。
生きていて幸せだ、と感じる気持ち。

最終的に人はこの感情を求めるよう
インプットされています。

「自分のことで精一杯だし、もっと欲しいものもある。
愛とか、貢献とか、なんか気持ち悪くない?」

そう思う人もいるかもしれませんし、その考えも
正しいかもしれません。最も大切なのはあなたが
思う成功を収めている人は、そのような考え方を
しているかということです。

愛とか貢献が本当に人生に役立つかどうかを
調べるためにはどうしたらよいでしょう。

辞書の定義や100人に街頭アンケートをしたり、
過去のデータや文献を集めたり、インターネットで
歴史を調べたり、脳内での反応実験、映画の
動員データを調べたりすることでしょうか。

実際に愛とか貢献とか言われている行動に
取り掛かることでしょうか。

目先のことにこだわってばかりいては、いつまで
たっても人生の王道を見出すことはできません。

実際に取り掛かってみなければ、
その人生の王道が正しいかもわかりません。


自分はどういう生き方を目指していきたいのか。

誰を尊敬し、世の中にどういう影響を与える人に
なりたいのか。世の中というスケールが大きすぎるなら、
家族、身の回りの人にとってあなたはどんな人で
ありたいのでしょう。

はっきりしなくてもよいので、方向性を見つけることです。

簡単なことではないかもしれません。
ひょっとしたら何年もかかるかもしれません。

あきらめずにアンテナを立て続けていれば、
ある時突然見つかるものです。安易な道は
ありませんが、紆余曲折を少なくすることはできます。

感謝の気持ちを持ちながら、自分に本当に
正しい道かと問いかけながら歩む人生こそ、
人生の王道といえるのではないでしょうか。

そうすることで、本当の人生が見えてきますし、
当サイトが目指す幸せマインドも見えてくる
ことと信じています。


スポンサーリンク



ぺん子「どんな人生を歩みたいのかはひとそれぞれなので、何年かかってもそれを見つけるのが大事ってことなのかな。」

ぺんぺけ「おいしいものをひたすら食べる人生がいいぺけ〜」

ぺん子「そういった単純なものも良いかもしれないわね。」

は王「一般的な人生設計というのは、確かに就職して、結婚して、子供を産んで、子育てして、家を買って、孫を見て…となるかもしれないが、もちろんそれ以外の人生を歩んでも幸せな人はいくらでもいる。あまり王道にこだわらないのも、幸せな生き方かもしれないな。」



 

人生の王道(人生に王道なしは本当か)関連ページ

生きる価値とは(価値とは何なのか)
生きる価値はそれぞれの視点や立場で大きく変わってくるかもしれません。
生きる意味が分からない(無償で人を助けて見よう)
生きる意味を考えるのは難しく、奥深いテーマの1つ。ここでは、1つの手掛かりを得て頂ければと思います。
同じことの繰り返し(同じ日が来る幸せ、変化と言う刺激)
日々同じことの繰り返し。それを幸せと思うのか、退屈と思うのかは考え方だけかもしれません。
生きるということ(生きていることを実感する時とは)
どんな時に生きていると強く感じますか?それは人それぞれであり、その人の夢中になれるものが、大きく左右されているかもしれません。
生きる気力がない(それを受け入れる期間もあります)
人生常に元気でいられるわけではありません。時には気分が沈み、どうやっても笑顔が出ない時もあります。そんな時には、無理して明るくするのではなく、現状を受け入れることも必要かもしれません。
生きる価値がない(それを決めるのは少なくともあなたでも、周りの人でもありません)
生きる価値がないなんてことは人が決められることではありません。人は自分の価値観に基づいて生きているので、あなたはあなたの価値観で生きていけば問題ないのです。
生きる目的(どんな人生を歩みたいのか)
生きる目的は必要なのか。また必要とするなら、どういったものが生きる目的として良いのか。自分を見つめなおし、深く考えてみることもたまにはいいかもしれません。
生きていく自信(何で自信を失ったのか)
あなたは小さい頃から自信がなかったかも知れません。しかし、ドキドキやワクワクしたことはあったでしょう。夢中になれるものが、自信を呼び起こすかもしれません…。
人生に目標がない(苦行ではなく、楽しい目標を立てよう)
目標と言うときついイメージがありますが、ひとはきついことに終始立ち向かえるほど強くはありません!目標は別にしんどいことをする必要もないのです。
人生で後悔(人が後悔する理由は似たものが多い)
人生で後悔する時はどんな時か。失敗したときか、それとも何も出来なかった時か。案外それは多くの人が共通していることかも知れません。
悔いのない人生(毎日の積み重ねが大事です)
悔いのない人生は毎日の行動によって作られます。いつ死んでも悔いがないように、大切なことは忙しくても行動していきたいものです。
努力が報われなかった時(その状態からどう抜け出すか)
どんなに頑張っても努力が報われない時は必ずあります。何十年頑張ったとしてもです。そんな時に、どこかでその状態を抜け出さなければ、いつまでたっても幸せを呼び込むことは出来ないでしょう。
やりたいことがない(何をしている時が楽しいか)
人生やりたいことがないと嘆いている人も多いと思います。そんな時は、普段自分が何を考えてどんな行動をとっているかを分析してみると良いかも知れません。
生きがいを見つけたい(真に感情が動くもの)
生きがいを見つけられないのは、感情が眠っているのかもしれません。色々なことに興味を持って見るといいでしょう。
人生の成功とは(失敗から学ぶ)
失敗は成功に向かっていると考えれば、人生は成功し続けるかもしれません。
人生いろいろある(考え方もいろいろある)
人生いろいろありますが、その中でどう考えてどう感じるかは自分で選ぶことが出来ます。
暗い人生(暗い生き方を見つめなおす)
暗い人生を送っていると、幸せからは離れていってしまいます。この状況を打破することを考えましょう。
人生の答え(あなたらしい答え)
人生の答えを探すのが、人生の楽しさかもしれません。
洗脳からの脱出(何事も疑問を持ってみる)
全ての固定概念を外すのは難しいですが、普段当たり前だと思っていることを一度考える時間をもつことは、新しい考えをもてるようになるので大切になります。
迷ったときは…(人生の選択)
人生の選択に迷ったとき、どちらを選んでも結果は変わらないのかもしれません。
世の中に不安を感じたら(できることをする)
自分にできることをすることで、あなたは今よりも充実した人生を過ごせるでしょう。
本当の勝ち組とは(自分だけの勝ち組)
本当の勝ち組とは常に幸せな気持ちを持っている人かもしれません。
不自由な人生(誰が不自由にしているのか)
人生を不自由にしているのは、あなた自身の考えかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール