生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

お酒を飲みすぎない(制御するのは自分でなくてお酒の量)

ぺん子「仕事で嫌なことがあったから、今日はもう飲んで全てを忘れるわ。ぺんぺけ付き合って!」

ぺんぺけ「そういう時は焼鳥セットに限るぺけ〜」

ぺん子「お酒と焼鳥いいわね〜!もう今日は明日のこと考えずにいっぱい飲むわよ〜」





どんな自分をだしたいですか。。。


あるビール会社のアンケートによると、
働く女性がお酒を飲む理由は、

1位 リラックスするため
2位 ストレス発散のため

なのだそうです。

お酒を飲む人はいくつかのタイプに分けられます。
演歌をイメージするとわかりやすいかもしれません。

例えば、「スーダラ節」のように、
「ちょっと一杯の気持ちで飲んでいつの間にやらはしご酒…
わかっちゃいるけどやめられない」と、楽しくなりたいタイプ。

「舟歌」、「氷雨」のように、失恋を癒すためにお酒を飲む人。

「北酒場」のように普段と違うタイプになって、
アバンチュールを楽しみたい人。

「酒よ」のように、普段語れない自分の気持ちを
お酒に語ってしまう人。

「酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ!」
という、お酒が好きでたまらない!というタイプ。

歌の中だけならいいのですが、
実際にこんな人がいたら困りますよね。

ある心理カウンセラーによると、お酒を飲むのは
「普段出せない、ありのままの自分になりたい」と、
普段と違う自分になりたいからだと言います。

働いていると会社の肩書があったり人の目があったりして、
ありのままの自分を出せる機会はなかなかありません。

お酒には理性を弱める作用があります。
だからお酒の席では一気に親しくなれる感じがします。
そしてつい飲みすぎてしまうのです。

若いうちなら許される部分もあるでしょう。
ですが年を重ねると、そのような人に冷ややかな視線
注がれることもあります。演歌のようにはいきません。

最終的には自分の気持ちを自分でコントロールするしかありません。

飲みすぎを繰り返してしまう中で最もやってはいけないことは
「同じことを繰り返す」ことです。

わりと普通のことかもしれませんが、
「今日は飲みすぎないようにしよう」とちゃんと意識することです。

飲みすぎてしまったなら、何故飲みすぎてしまったのか。
何を何杯飲んだのか。どこまでなら大丈夫なのか。
どうすれば、今日のような状態にならずに済んだのか。
などを反省し、次回に活かします。

飲み放題だから、元を取りたいからといって飲みすぎて体調の
悪い時間が長引いては、何の意味もありません。

飲みすぎのデメリットをクリアにイメージできると、
自然に適度な量になるはずです。つまり、

「この1杯を飲むと頭が痛くなる。道端で吐いてしまう。
翌日体調が悪く、仕事に差し支えるかもしれない。
ミスを犯せば上司やお客様に迷惑をかける。果たして私は、
この一時的な快楽と引き換えに後のリスクをとる覚悟
できているのだろうか?」

葛藤することです。

最初は誘惑に負けてしまうこともあるかもしれませんが、
改善を重ねているので、最終的には必ずできるようになります。
飲みすぎないという意識を「習慣化」することで、
意識は必ず変わっていくことになります。

スマートにお酒を飲める人は、やはりかっこいいです。

私もお酒は大好きですから、際限なく飲んでしまう気持ちは
誰よりも理解しているつもりです。

そんな私でも、ここぞいうお客様の前ではきちんと節度を
わきまえることができます。

普段飲み過ぎてばかりで、さらにその状態でも家に帰ってまで
飲む私が、節度を保てるのも強い意識をするからであり、
それによりお酒を控えることは可能になります。

あなたはどんなお酒のみをイメージしていますか。
それは自分が求めている姿でしょうか。

意識してセルフイメージを高めれば、なりたい自分になることは出来ます。


「酒は飲んでも、飲まれるな」という言葉もありますので、
たとえ自宅であっても、まずは意識することを始めることが、
楽しくお酒と付き合う方法と言えるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「飲み過ぎて醜態をさらけだすことほど格好悪いことはないわよね。他のストレス発散方法も考えていかないと。」

ぺんぺけ「やっぱりいっぱい食べるに限るぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはストレスなくても普段からいっぱい食べてるでしょ!」

は王「お酒ほど一時的なストレス発散効果の高いものはないが、同時に反動も大きいのでお酒との付き合い方はとても大事と言える。折角築き上げた自分のイメージを無駄にしてしまわないためにも、やはり飲む前に自分を制御するようにしたい所だな。」



 

お酒を飲みすぎない(制御するのは自分でなくてお酒の量)関連ページ

自分の感情を切り離す(割り切って次の行動にうつしましょう)
マイナスの出来事が起こったら、ついつい何でこんな目にって思ってしまいます。しかし、それは人生にしょっちゅうつきもの。そこに感情をもたずに、ただただこなして、片づけて行って見ましょう。
物事の本質(正攻法こそ本質なのです)
常に物事の本質を知ろうとする姿勢が、本質を見抜く力を養います。その結果人生をスムーズに生きていきやすくなります。
情熱は持続しない(継続こそ情熱)
気合をいれたところで、それは長続きしないものなのです。石の上にも3年。雨だれ石をうがつ。持続出来ることこそ情熱なのかも知れません。
人生をリセット(変わりたいと思うなら)
人生をリセットしたい時は、何かしらの大きなことが起こった時です。今までの人生とは違った自分を創るのも、良いかもしれません。
生活が苦しい(どこに幸せを感じるか)
お金があれば生活が楽になれるかもしれませんが、幸せにはなれません。どういった意識を持ち、心の幸せを手にしていくかが重要かもしれません。
考えが変わる(考え方が変わらないためにもつ指針)
ころころと考えが変わっては、自分自身が見えなくなってしまいます。しっかりとブレない自分をつくってみましょう。
考えが元に戻る(一時的に今より悪くなっても諦めない)
新しい良い習慣を取り入れようとしても、結局は元にもどってしまうことは良くあることです。それが普通であることをきちんと知っておくことで、強い意志を継続することが出来ます。
休日前の夜(休みの朝だらけてしまう方へ)
オフの時間を有効活用出来れば、仕事の活力になるものです。
睡眠時間と習慣(時間はやはり貴重な資源です)
睡眠時間を意識し、1日の睡眠時間をきっちり守って他の時間はちゃんと行動すれば、もっと出来ることは増えるはずです。
怒らないためには(怒りの感情を抑える)
怒ることが多い人生は、それだけ幸せを遠ざけます。諦めることもありですが、まずは視点を少し変えてみましょう。
生きる力(生きるのに重要な力とは)
生きるのにお金は重要ですが、それ以上に大事な思考があることも、知っておくとよいかもしれません。
人は怠けてしまうもの(何のために頑張るのか)
目標を決めても、理由や目的がなければ実に1割の人も達成できません。人の意志は弱いと言うことをまずは知り、そこから打開策を考えてみるといいでしょう。
損得抜きで考える(感謝のものさし)
人生を損得だけで考えていると、逆に損をする機会が増えてきます。
人生で重要なこと(何を重要と考えるか)
人生で重要なことは人によって様々変わってくるでしょう。あなたが重要にしていることを追い求めましょう。
継続できない(習慣化する)
継続できないほとんどの理由は、普段の習慣が変わってしまうからです。習慣化するまでは気合で取り組めば、継続もそれほど苦ではなくなるでしょう。
チャンスを逃すな(好機はしっかりつかむ)
振ってきたチャンスを逃さず、しっかりと掴み取れば幸運も降ってくるでしょう。
窮地に立たされた時(フォーカスをコントロール)
窮地に立たされた時は、冷静に視点を変えることが大切になります。
ダブルスタンダード(ダブスタ・二重規範を受け入れよう)
時にはダブルスタンダードを受け入れることも、必要になってきます。
落ち着かない(平常心を保つには)
人間誰でも心を乱すことはありますが、落ち着かない状態からもとに戻す方法を知っておくことも大切になります。
好調をキープしたい(モチベーションの原則)
好調をキープしたいのであれば、いかにモチベーションを保てるかを考えることが必要です。
余裕を持つ(心の余裕は相対的)
余裕がないと感情もネガティブになってしまいがちです。どうしたら心に余裕がもてるのかを学びましょう。
一歩を踏み出す(行動領域を広げるには)
あれこれと考えていては、いつまでたっても一歩を踏み出すことはできないでしょう。
本質を見る(ものの性質を深く考える)
それ自体の最大の役目は何なのか。本質と向き合うことで、人生味わいがでてくるものです。
俯瞰して見る(俯瞰力を身に着ける)
狭い視点で自分を見ていては、小さなことで振り回されることになります。
失敗から学ぶ(他人の失敗からも学べる)
人は失敗から学ぶものです。失敗の経験を大切にすると人生が豊かになります。
Win-Win(Win-Winの関係を目指す)
2者間だけでなく、全ての間柄においてTotal winを目指すと、世界は素晴らしい幸せに包まれるでしょう。
楽して生きる(楽して生きるとは)
楽にも色々な意味合いがありますので、どの楽を選んでいるのかはっきりさせましょう。
新しいものと古いもの(自分でしっかり選ぶ)
新しいものも古いものも、どちらが良いとか悪いとかはなかったりします。
プチ体操のススメ(頑張らないことが大切)
運動は本格的にすると長続きしませんので、頑張らずに日常に少し取り入れるのがコツになります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール