生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

余裕を持つ(心の余裕は相対的)

ぺん子「仕事で余裕を持つことができなくて、最近心身ともに参っているわ。」

ぺんぺけ「そんな時はあんまん食べて余裕をもつに限るぺけ〜」

ぺん子「確かに甘いものは落ち着くけど、ぺんぺけはそんな時じゃなくても食べてない?」





心の余裕をもって人生過ごすためには。。。


心に余裕って欲しいことと思います。毎日欲しいし、
今この瞬間だって持てたらいいなって思いますよね。

あなたが心に余裕を持てている具体的な時を、思い
出せますか。誰とどこにいて、何をしていたで
しょうか。イメージしてください。

温度、呼吸、視線、何を見て、聞いて感じていた
のでしょう。心に余裕が持てなくなったり、
ネガティブな状態になると調子のいい時の状態が
思い出せなくなります。

ある拍子に元気になったりするのですが、戻るまでの
間ストレスがたまったりします。実は心に余裕が持て
ていた時に戻りやすくする、とっても簡単な方法があります。

心に余裕が持てていない時、自分に
「今、この感情を感じるために何を信じているのか」
と質問することです。

時間がないだったり、スキルがないだったり、
助けてくれる人がいないだったり、向いていない、
ストレスがたまっている。

という答えかもしれません。
こういう時は自分を制限してしまっている状態です。

逆転の発想で、もし時間があったら、もしスキルが
あったら、助けてくれる人がいたら…と考えましょう。

物理的な刺激によっても心に余裕を作り出す
ことができます。

野球のイチロー選手は打席に立つ前、必ず毎回
儀式のような同じ一連の動きをします。
これは落ち着きを取り戻すおまじないのようなもの。
「これをすると、最高のパフォーマンスが出せる」
おまじないです。

心に余裕が生まれるのを待つのではなく、
積極的に状態を作り出していきましょう。
ヨーガや瞑想も効果的です。

そして、心の余裕は相対的なものです。

例えば同じ11畳のワンルームマンションでも、
6畳のワンルームに住んでいる人なら広く感じますし、
20畳のリビングがある部屋に住んでいる人からすれば、
狭くてたまらないわけです。

心の余裕にも同じことが言えます。余裕がなくなると
ネガティブな気持ちになりがちですが、自分と同じ
状況でも余裕を感じる人もいます


もしその人ならどうするだろう?どうして心に余裕が
ないって思っちゃってるんだろう?

自分の気持ちに疑いを持つことで、マンネリや
失敗パターンから外れることができます。

ネガティブな感情は、
「やり方、考え方を変える必要がある」
というサインです。

また心に余裕が感じられる人とお付き合いを持つ
のも大切です。自分の心の癖を知るために、
NLP(神経言語プログラミングによる心理療法)や
心理学を学ぶのも有効です。

どうしても人は周りの人に影響されてしまうからです。

普段から自分のプラスになるような新しい視点、
新しい考えに積極的に触れるようにしましょう。

そうすることで心の幸せを取り戻し、
幸せマインドをもつことができるようになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「心に余裕を持つためには、普段から色々と心がけることがあるんだね。」

ぺんぺけ「衣食住足りて、余裕をもてるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食さえあれば十分でしょ!」

は王「常に心の余裕を持つためには、それ自体を意識することが大切であり、次に大事なのが習慣である。とにかく何かが起きても深呼吸して落ち着いて対応できるようになりたい所だな。」



 

余裕を持つ(心の余裕は相対的)関連ページ

自分の感情を切り離す(割り切って次の行動にうつしましょう)
マイナスの出来事が起こったら、ついつい何でこんな目にって思ってしまいます。しかし、それは人生にしょっちゅうつきもの。そこに感情をもたずに、ただただこなして、片づけて行って見ましょう。
物事の本質(正攻法こそ本質なのです)
常に物事の本質を知ろうとする姿勢が、本質を見抜く力を養います。その結果人生をスムーズに生きていきやすくなります。
情熱は持続しない(継続こそ情熱)
気合をいれたところで、それは長続きしないものなのです。石の上にも3年。雨だれ石をうがつ。持続出来ることこそ情熱なのかも知れません。
人生をリセット(変わりたいと思うなら)
人生をリセットしたい時は、何かしらの大きなことが起こった時です。今までの人生とは違った自分を創るのも、良いかもしれません。
生活が苦しい(どこに幸せを感じるか)
お金があれば生活が楽になれるかもしれませんが、幸せにはなれません。どういった意識を持ち、心の幸せを手にしていくかが重要かもしれません。
考えが変わる(考え方が変わらないためにもつ指針)
ころころと考えが変わっては、自分自身が見えなくなってしまいます。しっかりとブレない自分をつくってみましょう。
考えが元に戻る(一時的に今より悪くなっても諦めない)
新しい良い習慣を取り入れようとしても、結局は元にもどってしまうことは良くあることです。それが普通であることをきちんと知っておくことで、強い意志を継続することが出来ます。
休日前の夜(休みの朝だらけてしまう方へ)
オフの時間を有効活用出来れば、仕事の活力になるものです。
睡眠時間と習慣(時間はやはり貴重な資源です)
睡眠時間を意識し、1日の睡眠時間をきっちり守って他の時間はちゃんと行動すれば、もっと出来ることは増えるはずです。
怒らないためには(怒りの感情を抑える)
怒ることが多い人生は、それだけ幸せを遠ざけます。諦めることもありですが、まずは視点を少し変えてみましょう。
生きる力(生きるのに重要な力とは)
生きるのにお金は重要ですが、それ以上に大事な思考があることも、知っておくとよいかもしれません。
人は怠けてしまうもの(何のために頑張るのか)
目標を決めても、理由や目的がなければ実に1割の人も達成できません。人の意志は弱いと言うことをまずは知り、そこから打開策を考えてみるといいでしょう。
お酒を飲みすぎない(制御するのは自分でなくてお酒の量)
お酒は一時的にものすごくストレス発散の効果がありますので、飲み過ぎてしまうものですが、同時に「制御」も失う諸刃の剣とも言えます。
損得抜きで考える(感謝のものさし)
人生を損得だけで考えていると、逆に損をする機会が増えてきます。
人生で重要なこと(何を重要と考えるか)
人生で重要なことは人によって様々変わってくるでしょう。あなたが重要にしていることを追い求めましょう。
継続できない(習慣化する)
継続できないほとんどの理由は、普段の習慣が変わってしまうからです。習慣化するまでは気合で取り組めば、継続もそれほど苦ではなくなるでしょう。
チャンスを逃すな(好機はしっかりつかむ)
振ってきたチャンスを逃さず、しっかりと掴み取れば幸運も降ってくるでしょう。
窮地に立たされた時(フォーカスをコントロール)
窮地に立たされた時は、冷静に視点を変えることが大切になります。
ダブルスタンダード(ダブスタ・二重規範を受け入れよう)
時にはダブルスタンダードを受け入れることも、必要になってきます。
落ち着かない(平常心を保つには)
人間誰でも心を乱すことはありますが、落ち着かない状態からもとに戻す方法を知っておくことも大切になります。
好調をキープしたい(モチベーションの原則)
好調をキープしたいのであれば、いかにモチベーションを保てるかを考えることが必要です。
一歩を踏み出す(行動領域を広げるには)
あれこれと考えていては、いつまでたっても一歩を踏み出すことはできないでしょう。
本質を見る(ものの性質を深く考える)
それ自体の最大の役目は何なのか。本質と向き合うことで、人生味わいがでてくるものです。
俯瞰して見る(俯瞰力を身に着ける)
狭い視点で自分を見ていては、小さなことで振り回されることになります。
失敗から学ぶ(他人の失敗からも学べる)
人は失敗から学ぶものです。失敗の経験を大切にすると人生が豊かになります。
Win-Win(Win-Winの関係を目指す)
2者間だけでなく、全ての間柄においてTotal winを目指すと、世界は素晴らしい幸せに包まれるでしょう。
楽して生きる(楽して生きるとは)
楽にも色々な意味合いがありますので、どの楽を選んでいるのかはっきりさせましょう。
新しいものと古いもの(自分でしっかり選ぶ)
新しいものも古いものも、どちらが良いとか悪いとかはなかったりします。
プチ体操のススメ(頑張らないことが大切)
運動は本格的にすると長続きしませんので、頑張らずに日常に少し取り入れるのがコツになります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール