生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)

ぺん子「仕事で他人が思い通りに全然動いてくれなくて、相手が楽してばかりでいても、結局は他人は変えられないのよね。」

ぺんぺけ「味付けが濃いお店は、やっぱり味付けが濃いぺけ〜」

ぺん子「今の話とどこに関係があるわけなの?」





やっぱり他人は変えられない。。。


他人は変えられない。変えられるのは自分だけ。
人のささいな言動に、イライラしてしまうことはありませんか?

脱いだものを脱ぎっぱなしの家族、
待ち合わせにいつも遅れる恋人、
ラインが既読でも、なかなか返事をよこさない友人に、
ゲームばかりでちっとも勉強しない息子、
どんな忙しい時でも、平気で有休をとる同僚…

何度言っても、厳しく伝えても、ほとぼりが冷めると
また同じことを繰り返す。あなたはそのたびに、
イライラしてしまう。

「ちっとも直らない」
「成長がない」
「学習能力がない」

どんなに言っても、相手の行動がちっとも変わらない
ことってありますよね。だとしたらこう考えてみませんか。

変えられるのは自分だけ。

実のところあなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか。

母親からいくら言われても、夜更かしをやめなかったこと。
スマホやゲームを始めると、ごはんも食べずに続けて
しまうこと。明日こそは部屋の片づけをしようとしながら、
1週間も、2週間もたってしまったこと…

言われたこと、叱られたことを直そうとする時は、
少なからずエネルギーが必要です。

「よし…やるか!」と、重い腰を上げるのは自分です。

だけどその裏にはもう一人、
「いいじゃんそんなの」「何がいけないの」
「誰にも迷惑かけてないじゃん」
なんていう、動きたくない自分もいるのです。

「〇〇してほしい」「△△するのはやめなさい」といくら
言っても、実際に行動に移せるのは本人だけ。
変えられるのは自分だけなんです。

いくら相手に口うるさく言っても、時には強制的に
行わせたとしても、本人が自分で直そうとしない
限りは、すぐに戻ってしまうのです。

ひょっとしたら、相手もあなたに「また同じこと言ってるよ…」
と、げんなりしているかもしれません。

だとしたらある意味、お互い様な部分もあるのですよね。

相手にしてほしいことを口に出して伝えることは必要
ですが、いつまでも変わらない相手に腹を立てても
仕方がありません。

変えられるのは自分だけ。変えることができるのは、
自分の行動、態度だけなんです。

そこで気をとりなおして、自分に何ができるかを考えて
みたらどうでしょう?

全然勉強しない…と子供に愚痴をこぼすかわりに、
自分で息子の教科書を開いてみる。
「これじゃつまらないわ…」と、納得できるかもしれません。

それじゃ一緒にやってみようか、と塾や学校に任せっきり
ではなく、自分が参加するようになるかもしれません。

洋服を脱ぎっぱなしのご主人にはペナルティカードを作って、
代わりにハンガーにかけてあげる。

スタンプがたまったらお茶でもごちそうしてもらう。
愚痴ではなくゲームに変えることで、夫婦の会話も
増えるかもしれないですよね。

毎回遅刻する友人には、待ち合わせの時間を30分
早く設定しておく。ひょっとしたら、今度は自分が
「ちょっとぐらいいいや」と遅刻するようになる
かもしれませんね。

用事に間に合えばOKと割り切って、時間のつぶせる
場所で待ち合わせるのもいいですね。

何がうまくいくかは分からないですが、
一方的に意見を押しつけないで、怒らず、
柔軟に対応できたなら相手との関係も良く
なっていくのではないでしょうか。

変えられるのは自分だけ。

そのくらいに軽く思っていた方が、心の余裕が
できてくると思います。

そうした余裕を持つことで、また1つ幸せマインド
を持つことができるようにもなります。


スポンサーリンク



ぺん子「相手の話を聞いて、お互いに歩み寄るのがやっぱり近道なのかな〜」

ぺんぺけ「味付けがあわないなら、他の店に行くぺけけ〜」

は王「他の人にはその人なりの考えがあるので、価値観を変えるのはかなり難しいだろう。自分が正しいと思わず、うまく妥協点を探っていくのが人付き合いとしてはいいだろうな。」



 

変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
迷った時は「やる」(決断の指針)
迷った時は「やる」と定義づけていると、人生で多くの時間が節約されるかもしれません。
イエスマンになってみる(行動を変える)
NOから入る否定的な考えより、YESから入る肯定的な考えの方が、人生は幸せに向かうでしょう。
一日のテーマを決める(1つだけ決めてみる)
1つの小さな目標を達成するだけでも、何かをした充実感が得られます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール