生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)

ぺん子「これだけ仕事が集中すると、心穏やかでいるのは無理ってものね。」

ぺんぺけ「今日は何食べにいこぺけ〜」

ぺん子「余裕があるんだったら少しは仕事手伝ってよ〜」

ぺんぺけ「半分渡すぺけ〜」





色々な状況に慣れていこう。。。


人間ですから心穏やかでいられるときもあれば、
穏やかでいられないときもあります。

赤ちゃんの声の泣き声、救急車のサイレン
誰かの怒鳴り声…

1人で夜道を歩いていたり、ちょっと苦手な人と
一緒にいたりする時は不安を感じたり、
イライラしがちかもしれません。

その原因の一つは「理由がわからないから」
かもしれません。

こんな経験はありませんか。

暗闇に白い影が揺れていて「なんだろう、
気持ち悪い…」と思ってよく見たら、シーツが
揺れているだけだった。

こんな風に、正体を知ったとたん怖くなくなった
経験があるかもしれませんね。

出来事は変わらないのですが、心の受け止め方
次第で穏やかでいられるかどうかがきまってきます。

例えば赤ちゃんの泣き声です。

黒板をひっかく音は苦手な方が多いと言われ
ていますが、赤ちゃんの泣き声はこの音と近い、
人にストレスを与える音なんだとか。

赤ちゃんは“自分は今、ピンチなんだ!”と確実に
伝える必要があるわけです。だから「人にストレスを
与えてまで気付いてもらおう」という作戦です。

同じ出来事が起こっても、心穏やかでいられた時と
いられなかったときがありますよね?

たとえば人が道を譲ってくれなかったり、歩行者が
ノロノロ歩いていたり、歩いている人にぶつかられた時…
イライラさせられるかもしれません。

「自分って心が狭いのかな」と思ったりするかも
しれません。

でも、自分の体調はどうでしたか。
時間に追われてはいませんでしたか。
その前に嫌なことがありませんでしたか?

穏やかでいられなくても当たり前な状況だった
のではないですか?

たまには「穏やかでいられないのも当たり前かも。」と
納得すると、心が穏やかになっていくかもしれません。
そして、いろいろなことを受け入れられるように
なっていくかもしれません。

色々なことを受け入れたあなたは、ますます
心が広く大きく
なっていきます。

心が大きな池のようになっていきます。

石を投げ入れても、しばらくすると波が消えて
しまいます。心が大きくなっていくのに
気付くかもしれません。

自分の心ばかりにためこまないことです。
完ぺき主義であろうとしないことです。どんな
状況でも心が穏やかでいられる人はいないものです。

私たちは完ぺきでないからこそ、互いに話を聞きながら
補いあい、より完ぺきに近づいていくのではないでしょうか。

完ぺきでない自分を受け入れながら、心を穏やかにすること…
それがあなたが本当に必要としていることかもしれません。

こういった気持ちを日々持ち、穏やかに過ごすことを
目指していけば「幸せな気持ち」は日々、増えて
いくことでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「ぺんぺけのおかげで仕事早く終わったから、とても気持ちいい気分だわ。」

ぺんぺけ「心が穏やかになったぺけ〜」

ぺん子「人間余裕ができると、心が穏やかになるってものね。」

は王「気分がいい時は心穏やかで、忙しい時や急いでいるときは心穏やかでなくなる。人間だれしもこういった傾向があるが、事前にそれを意識することで、少しずつどんな状況でも心が穏やかにいられるようになってくるってものだな。」



 

心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。
迷った時は「やる」(決断の指針)
迷った時は「やる」と定義づけていると、人生で多くの時間が節約されるかもしれません。
イエスマンになってみる(行動を変える)
NOから入る否定的な考えより、YESから入る肯定的な考えの方が、人生は幸せに向かうでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール